Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

FABLED NUMBER × 感覚ピエロ

2016年06月号掲載

FABLED NUMBER × 感覚ピエロ

感覚ピエロ

Official Site

-では改めて、9月に行われる2マンはどんなライヴになるでしょうか?

N'Eita:お互いの曲をカバーで、何か1曲やる?

横山:そういうのもやりたいですね。

N'Eita:お客さんにとっても、お互いのバンドがわかるし。

秋月:そう。でもそういうの、僕らやりましょうって言って結構やらないんですよね(笑)。でもインタビューが載っちゃえば......。

N'Eita:バンドとしても先輩やし。横山君とは、僕が大学の先輩やし。

秋月:ここで先輩感出てきちゃった(笑)。

N'Taichi:せっかくだから、何か面白い形を考えよう。

N'Eita:セットリスト考えちゃおう、勝手に。

秋月:セットリストを組まれる......? 新しい! 袖で言われるやつだ、"はい次、「O・P・P・A・I」"って。"え? バラードの次に「O・P・P・A・I」なの?"っていうスベるやつ。

N'Taichi:いかにスべらせるかっていうね(笑)。今回のFABLED NUMBERのツアーで感覚ピエロに真っ先に声をかけたのは、僕が個人的に対バンしたいバンド、ちゃんと芯があるカッコいいと思うバンドとやりたかったんですよね。新しい音楽っていうわけじゃないけど、俺らと対バンしても相当バチバチになるんじゃないかっていうバンドですね。

N'Eita:新しい音楽かそうじゃないかは、これから音楽を聴こうとしてる人が感じるもので。例えば10代の人からしたら、それまで聴いてきた音楽が青春になって、それでその人の青春を築いてあげるのが俺らの役割やろうし。変に流行ってるからって、カッコ悪いものを聴いて育つよりは、俺たちのような奴の音楽を聴いて育ったっていいんじゃないかって――アングラだったり、タトゥーが入ってたりしてるけど。

N'Taichi:いつか、お互いにヘッドライナーとしてフェスに出演したいよな。最近は、大阪のラグビー場でも音楽イベントができるようになったし。

秋月:ここで大阪が出てきた!

N'Eita:あれは、市がお願いしてんねんで。使ってくださいって。

秋月:じゃあ、やります。

N'Eita:市長もやってくださいって言ってるから。

秋月:FABLED NUMBERって市長と繋がってるんですか!?

N'Eita:これもまたさっき言っていたJason Mrazが"音楽は好きでやってるから今の活動もすべて幸せなことやけど、最終的にはライヴ・バーで好きな歌を歌って、おじいさんになっても音楽をやりたい"みたいなことを言ってるんですけど。僕もそんなんいいなと思って、近所のライヴ・バーに通って、お客さんとめっちゃ仲良くなったりして。そういうところに来ている人らからしたら、僕らは現役で活動してるバンドマンという見え方なので、自分のエネルギーをすべて使おうとしてくれてはるんですよ。それでまず、市長にかけあってくれたりして。

-この先にも繋がる1日にできそうですね。

N'Eita:フレデリックとドラマチックアラスカと夜の本気ダンスのライヴ・イベントで、"ALA-UMI-DOSS TOUR"ってあったじゃないですか。あとはSiMとcoldrainとHEY-SMITHでやった"TRIPLE AXE TOUR"とか。

N'Taichi:三つ巴でおるもんな。

N'Eita:同じ志があって、ここはいい意味で助け合わなっていうので、3バンドが集まることでキャパシティがひとつ上がったり、この3バンド同士だからこそやれるというのがあると思うんですけど。そういう相手を見つけるのってすごく難しくて。

秋月:たしかに難しいですね。

N'Eita:同ジャンルでも、同じ立ち位置で同じような目線で動けることってなかなか難しいけど、そういうのもこういうインタビューをきっかけにね。

N'Taichi:今言ったようなバンドにないもので、俺らにあるのはジャンルが違うってところが、また最高に面白い。感覚ピエロとはそういう動きをできたらと思ってる。感覚ピエロは常にアングラの面白さがありつつ、俺らはカッコいい音楽を作り続けなあかんっていう。