Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

LiSA

2015年10月号掲載

LiSA

インタビュアー:沖 さやこ

-ははは。うんうん。

やっぱりそれを開いてくれたのは「L.Miranic」なんです。あの曲をみんなが受け入れてくれて、ライヴで曲もすごく育っている。だから"黒いもの"を表立ってLiSAとしてやっても、今なら"今日もいい日だっ"と言って積み重ねてきたポップ・アイコンとしての自分は崩れないんじゃないかなと思いましたね。

-もともとLiSAさんはGREEN DAYなどがルーツにあるパンク・ガールだと思うんですけど、そんなLiSAさんにとって"ポップ・アイコンでありたい"というのはどういう意味を持つのでしょう?

私にとってはGREEN DAYもAvril Lavigneもポップなんです。私が表立って(アーティスト活動を)やるようになったGirls Dead Monsterもとてもポップなもので、そこを引き継いでいたかった。自分の武器を捨てられなかった。大事に隠し持っていた武器をずっとこっそり使っていたんですけど、それをやっと表立ってできるようになったからこそ、自分が持っているものを全部並べられるようになった感じがしますね。

-なるほど。ではLiSAさんが持っているものを全部ちゃんと出せるようになったということですね。『Empty MERMAiD』は、解き放たれていくようなLiSAさんの歌声が気持ちいい楽曲が揃っているなと思いました。「Empty MERMAiD」の詞は、「L.Miranic」のように欲望をさらけ出している曲ですが、この楽曲は毒々しいだけで終わっていない曲だなと思ったんですよね。

「L.Miranic」は誰かのせいにしたり、エゴの部分が強い曲で。「Empty MERMAiD」もエゴなんですけど――サウンド自体がすごくキリキリしている分、「L.Miranic」のように"責める"というよりは、自分の中の感情を取り出す感覚の方が近いかなと思うんです。だから"誰かにムカついてる""怒っている"というよりは、誰かに愛してもらいたいのに愛してもらえない、自分だけを見て欲しいのに認めてもらえないとか......"満たされない感情"をテーマに書きたかったので、寂しさの感情が強いのかなと思いますね。

-そういうイメージを、「Empty MERMAiD」の作曲者のUPLIFT SPICEのYOOKEYさんに伝えたりは?

いや、それが全然で。最初は"女"や"毒"という大きなテーマしか決めてなかったんです。私がもともとUPLIFT SPICEさんが好きでオファーさせていただいたんですけど、UPLIFT SPICEさんにも編曲のakkinさんにも"好きなようにやってください"とお願いしました(笑)。サウンド自体がすごくかっこよかったから、私ができるのはここに意味を込めることよりも"この中で歌っている言葉で、ひとつでも引っかかるフレーズ、共感できるフレーズを散りばめておくことだな"と思ったんです。いただいた音に対して歌詞を書こうとしたとき、最初に出てきた言葉が"エンプティーマーメイド ラブ"と"アーメン ブリリアントアイズ"だったんですよね。そこからマーメイドを描こうと思ったときに"寂しいな"と思ったし、自分の中に隠している感情を書きたいなと思いました。

-マーメイドはLiSAさんから見ると"寂しい"ですか?

私の中では......人魚姫は"空っぽ"のイメージですね。王子様に言いたいことを言えないし、とはいえ自分の感情をさらけ出して王子様を殺すこともできないし。それで自分が消えてしまう。自分の感情を言いたくても言えない――女性ってわりとそうだと思っていて。ひたむきな女性が旦那さんを支えていると昔から思ってるんですけど、だから旦那さんを立てるために自分をグッと抑えている。でも、その奥に隠し持っている"毒"があるから、女性は美しいと私は思っていて。だからマーメイドはそれを表現するうえですごくいい題材だったんです。

-「Empty MERMAiD」は"空っぽの人魚"というタイトルからも寂しさが感じられますが、サウンドやLiSAさんの歌の影響もあって、そんなマーメイドに力を与えるような曲というか。女性から女性への救いにも聴こえてきたんですよね。

年齢も重ねてきて(笑)、自分の中でこそこそと育てていた新しい武器が"女"という部分だったんですよね。それを今使っても誤解されないなと思ったし、LiSAとしての解釈で武器として使えるなと思ったから"女"をテーマにしたところもありますね。私がこれを歌えるのは"今日もいい日だっ"という結末がいつもあるからだと思うんです。こういう寂しさがあったとしてもいつか過去になるし、今はいいと思えなくても、いつか"いい経験だった"と思える日が来るかもしれない。だからこのシングルは女の人へのメッセージでもありますし、男の人に対して欲を伝えるというか......"口には出さないけどわかってよ!"というメッセージでもありますね(笑)。そういう感情をさらけ出せるようになった。

-うんうん。そうですね。

少しずつですけど外の人に認めてもらえるようになった気がしているから、こういうことが歌えたんだと思います。今までは閉じこもっていたし、"誰にもわかってもらえなくていい"とも思ってたんです。でも外の人が受け入れてくれたことで......すごく嬉しかった。プラスの感情がたくさん芽生えてきたんですよね。そのときに"あ、わかってくれなくていいやと思ってたけど、私は結局愛されたかったんだな"と思ったし、誰かに見てもらいたかったんだな......と気づいたんです。ハッピーなことがあって、ようやく自分の弱さに気づけたんですよね。だからこそその"弱さ"を思いっきりやりたいなって。