Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

toitoitoi

2015年03月号掲載

toitoitoi

メンバー:岸川 まき (Vo/Syn/Melodica) 村越 真史 (Gt)

インタビュアー:沖 さやこ

2012年にスプリット・アルバムで初の全国流通盤を、そして2014年2月に単独名義では初の全国流通盤『donburi』をリリースした、千葉からハミ出した2人組 toitoitoi。『donburi』リリース以降もとどまることなく、エンジニアとの共同作業をライヴ活動と並行して続けていたふたりが、ニュー・アルバム『××(ちょめちょめ)』を完成させた。絵描きとのコラボレーション・ライヴや、ライヴハウス/ショッピング・センター/路上/カフェなど様々な場所で演奏するなど、一般的なライヴとは違う価値観を提示する。今作は音楽もパフォーマンスもどうしても"ハミ出し"てしまうふたりの、ひとつの到達点と言っていい。

-今作『××』は、前作『donburi』と地続きのニュアンスもあるようですが、まず『donburi』がおふたりにとってどういうアルバムになったか教えていただけますか?

村越:『donburi』はもともと知り合いだったエンジニアの藤木和人さんが"一緒にレコーディングをやろう"と言ってくれて、試しに1曲録ってみたらすごく良かったのでそのままお願いをして。彼の協力のもと、いろいろ広げて挑戦したいなと思って制作にあたりました。それまではライヴで表現できないことはやらなかったんですけど、"レコーディングはレコーディングとして考えて、やれることやっちゃおう!"と、やりたいことやアイディアを出し合ってじっくり作るきっかけになった作品ですね。

岸川:ライヴは大体サポート・メンバーを入れていたので、作品にもバンドでできることを形にして出していたんですけど、藤木さんが"こういうのはどう?"といろんな提示をしてくれたり、歌詞を書く時間をレコーディング中に設けてくれたりもしたのでその言葉に甘え出して(笑)、やりたいことを全部詰め込んでみよう!と思うようになって。だからレコーディングがめっちゃ楽しかったんですよね。村越君が藤木さんと一緒に作ったものを私がスタジオで聴いて、それを受けてメロディや歌詞を変えて、それを聴いた村越君がまた変えて......という作業を繰り返して。ふたりでやるとぶつかって、お互いの提案を"それはやめようよ"と言い出すんですけど(笑)、今回はお互いが藤木さんと好き勝手作ったので、いろんなアイディアが生まれたんですよね。そのお陰でアルバムが2枚出せるくらい曲が増えて。なのでアルバムのことを考えて......というよりは曲をどんどん作り続けていて、それが作品になったという感じなんです。

-どちらもエンジニアの藤木さんの協力あってこそのアルバムなんですね。

岸川:本当に。人はここまで人に甘えられるんだなと思いました(笑)。たくさん曲ができていたので、『donburi』を作っている途中から『donburi』の形が見えてきて、それから"この曲は『donburi』で、この曲は次の作品に入れよう"とわけるようになっていって。だから地続きなんですよね。

村越:とっておいた曲が静か目の曲が多くて、ちょっとパンチがないなと思って毛色の違う曲を新しく作っていく作業でした。『××』の収録曲で『donburi』時にすでに録り始めていたのは4曲くらいです。

-どちらもtoitoitoiがふたりである強みを最大限に活かした作品だと思います。それは2012年にバンド形態の名義をなくして、toitoitoiに統一したことも理由のひとつですか?

岸川:サポート・メンバーとの仲が悪いわけではないし、私たちももともとバンドを組みたかったんですけど......あるとき私が"ふたりでやろう"と言って。感覚的にそのほうがいい気がしたんです。ところどころバンド形態でやっていたライヴもふたりでしかやらなくなって、ふたりでやりつづけたことで自分たちのライヴの雰囲気もオープンになってきて。

村越:"toitoitoiはバンドなのかふたりなのかが端から見ててわからない"とも言われたし、"ふたりだと面白いけどバンドだと普通だね"と言われた時期もあって。バンド形態ではあるけどいわゆる"ロック・バンド"にはなれなかったから、バンドの一体感や攻撃力は出せなかったし。それでふたりでやるようになって......ふたりだと楽なんですよね(笑)。言い合いしても、次の日には普通にクリアだし。

岸川:もともとふたりともリーダーシップを取ろうとしないし、楽しくやろうよ!というスタンスだから。人数が多いと自分の伝えたいことをはっきりさせないといけないから......多分そういうのが向いてないんです(笑)。付き合いも長いし、ふたりだとあまり話さなくてもわかる部分があって。だから"ふたりってすごい! 強い!"と味を占めたのもあります。ふたりでバンドとの対バンの中でやっていくうちに、何かのタイミングで"勝てるな!"と思い始めて。

村越:僕はうるさい音のほうが好きだし(笑)、僕たちふたりの音よりもスネアやバスドラムの音のほうが鋭く刺さるけど、音量とか音圧とは違うところで勝ててると言ってもらえることもあって、それは嬉しいし。

岸川:昔はふたりで出ていてもバンドではない後ろめたさがあってか"バンドもやってるのでバンドも観に来てください"と言ってたんですけど、"ふたりだけで勝負しなきゃいけないんだ"と覚悟が決まったんだと思います。だからライヴも変えていかないといけないし、楽しんでもらおうという気持ちも強くなったし。それが今に繋がっていると思います。