Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

チーナ

2014年08月号掲載

チーナ

メンバー:椎名 杏子 (Vo/Pf) リーダー (Gt/microKORG) 林 絵里 (Cb) HAPPY (Dr)

インタビュアー:石角 友香

-今日はいない柴さんもそういう人なんですか?

リーダー:プレイヤー気質というか、ヴァイオリン気質ですね、唯一。そこをメインで考えてる。自分にない世界を持ってる人とじゃないと、バンドやってる意味はないと思っていて。ソロで全パート、曲を作ったりしてたんです。だから人とやるなら、違う価値観を持ってる人とやっていたいなとは思ってます。

-さて、今回の『DOCCI』まで2年空きましたが、この間、曲作りで外的な要素ってありましたか?

椎名:前作の『GRANVILLE』作る前にもカナダ・ツアー行って、作ってからもカナダ・ツアー行ったんですけど、それこそその、一緒にツアーしたきのこ帝国やmouse on the keysといろんな話をしたり。他にも近くにいるバンドの人たちとかに話したりして、身近に自分のバンドを見れたというか。あとはどんどん曲作りに対しても、私がソロでやってた頃にみんなサポートだったのが、どんどんバンドとしてみんな入ってくるようになって、私はやるところが結構少なくなってきてるというか(笑)。いい意味でみんなにもっと頼り始めてる。特にこの『DOCCI』はそれがあるというか、私が最初に作ったデモがほぼないなっていうぐらい、アレンジしたり、組み直したりっていうことが、前の作品に比べて大きく違いますね。

-ちなみにアルバム・タイトルの意味は?

椎名:前のアルバムが割とハッピー感を追求というか、ライヴでお客さんもチーナのライヴにハッピーなものを求めてきてくれる人が多くて、で、それを私たちも自然とやってたんです。それを前のアルバムで作ってたんですけど、前のアルバムのツアーが一段落したときに、なんかこれからチーナの音楽はどっちに行くんだろう?っていうところから、まだまだハッピーを追い求めるっていうのとはちょっと違うっていう感じで。じゃあどうなっていくんだろう?っていうところがきっかけですね。チーナがどっちに行くんだろう?って意味の"どっち"と、でも逆にそれがどっちにも行ける可能性を広げるって意味でも"どっち"って言葉にみんな納得して。

-曲のバリエーションも豊かですもんね。

リーダー:7曲でフルなカラーを出したいなっていうのはありました。

-すごくメロディも歌詞も入ってくるんですけど、すんなり入ってきたものに対する違和感がすごくて(笑)。「テレビドラマ」とか、歌詞は普通にあるものを喩えに使ってるけど、妙に刺さるんですよ。

椎名:元々、私は音楽を聴くときに歌詞とかに興味がなかったんです(笑)。でもみんな聴き方違ったりするじゃないですか。歌詞をすごい聴く人と、私は歌詞があんまり聴こえないというか。だから逆に自分は入ってくるようにっていうとアレですけど(笑)、単語単語で感情みたいなものがちゃんと入るように気をつけてるというかっていう感じですかね。

-歌詞の意味をメインで聴いてないからいいんでしょうね。

椎名:だから怖がらずに書けるのかもしれない。

-メンバー的には椎名さんの世界観はやはり個性になってると?

リーダー:うん。そうですね。そこはメインに置いて。でも決してこう、"明日があるさ"みたいなことは言わない歌詞なんで、ポジティヴばっかりじゃない歌詞もあるんですけど、そこをなんか楽曲全体で表現するというか。そこの温度差とかも逆につけたかったりしますね。

椎名:やっぱり音楽だから"なんとも言えない"みたいなの聴くと、すごくぐっとくるっていうか、言葉でなんとも言えないんだけど、その感じだよねみたいな、その瞬間?をすごく欲してるんだと思います。

-なるほど。そして「大きな渦」はさっきも話に出ましたが、林さん大活躍で。冒頭から......。

椎名:かっこいい!でもかなり手こずりました。「大きな渦」はレコーディングしてみないとわからないような不安があって。けっこうライヴでやるために曲作ることが多いんですけど、「大きな渦」は音源っていうのがいちばん最初にあってっていう。で、リーダーがギターをバッキバキに重ねたり、音の質感をかなり振り切ったほうに(笑)、今までのチーナからすると作ってくれたので、それがすごいいい感じにアルバムの中でなってると思いますね。

-最近、チーナみたいな編成が増えてる中で、どう戦っていこうと思いますか?

リーダー:編成でかぶってても"怖い"って思わない気がします。逆に僕はそのロック編成というか、普通の編成でもこのバンドはヤバいと思うんで。

椎名:誰かが"音楽がどんどんデザインぽくなっていってる"って言ってて。もちろん、チーナはサウンドもいろんなことできるし挑戦もできるんですけど、でもやっぱり私はなんかこう......なんかグッとくるものっていうか、なんかダサいかもしれないけど、グッとくるものの方が好きで。ホントにこの人、切実で音楽やらなきゃいけなくてやってる人が好きだし、私もそういうふうにやりたいなと思ってるので。今っていろんなことができるし、いろんなことが真似できるし、曲もけっこうどんどん作りやすくなってるし、そういうところでかっこいい音楽って作りやすくなってる気がするんです。もちろんそれも目指していきたいけど、切実さやグッとくる感じは絶対に外したくないなって気持ちで私はやってますね。