Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

[Champagne]

2012年04月号掲載

[Champagne]

[Alexandros](ex-[Champagne])

Official Site

メンバー:川上 洋平(Vo&Gt)

インタビュアー:沖 さやこ


-そういうのもあると思うんですが、弱さを感じさせないですよね。弱さすらも抑え込むドヤ顔サウンドというか。

ああ、ドヤ顔は常にしてますね(笑)。でも今回は弱さを出してると思います。1stとか2ndのときはクールで、ちょっとこう、斜に構えてるほうが恰好良いって......今でも思ってるんですけど。でもなおかつそこで、素の自分っていうものを出せたら絶対負けないだろうなって。そういう意味では歌詞の面で出せたかなと思いますね。「Kill Me If I Can」は僕がこのアルバムで一番言いたかったことなんですよね。それだけ裸になったというか。殺れるもんなら殺ってみろ、って防御を一切してない状態。

-"ひとりでやるしかない"など、"ひとり"や"自分自身"というフレーズが多いところにも強さを感じられたんですよね。

結局......信用しないんで、誰のことも(苦笑)。世界で一番信用してる人たちはメンバーなんですけど。でももしメンバーの誰かの腕が折れたら僕は"ごめん、明日から他のメンバー探すわ"って言うと思うんです。[Champagne]っていうものを守んなきゃいけないし、進めなきゃいけないんで。それくらい覚悟してほしいし、それくらい俺にも厳しくしてほしいっていうのは結成当時から言ってて。音で勝負していくんだったらナアナアではやっていけないでしょう? って。俺はこのバンドを俺のモンだって思ってますけど、他のメンバーも同じこと言うんですよ (笑)。そういうメンバーでいてほしいし。それが一番恰好いいかなと思いますね。

-歌詞には川上さんのパーソナルな部分が吐き出されてますが、言いたいことはまだまだありますか?

言いたいことを言ったというよりも、頭にあったもやもやしたものを自分の中で消化して解決させる前に出しちゃったんですよ。だから歌詞を説明してくださいって言われてもほとんど言えないんです。でも確実に意味はあると思うんで、これから歌詞の意味をライヴだったりなんだったりで分かっていくかもしれないです。「Kids」って歌詞は本当にその冴えたる例で、いまだに意味が分かんないんですよね(笑)。

-ははははは(笑)。

でも、歌ってて一番気持ちいいし、断片的で何となくしか風景は分からないけど読んでても一番......鮮やかに鮮明に生々しく感情が出てくるんですよ。それが伝わればいいなって。 "よく分かんないけどいいよね"ってほうが聴き手の感性にも直結すると思うし。10年、20年と歌っていったら、作ったときとは違う新しい意味を見出すかもしれないし。だから飽きが来ないというか、完成してないんですよね。どの作品もそうしてますけど。

-だからかもしれませんが、聴いてるこっちもスッキリするアルバムです。

"なんか""なんとなく"すっきりします?(笑)

-そうですね(笑)。

そういうのが俺一番いいと思うんですよね。"Can't Explain!(説明出来ない)" ......でもいい。理屈抜きの。そういうのを寄せ集めて音にしてるんで今回。

-包み隠さない本音を感覚のままに出すことは大事なことですね。

バンド・メンバーに対しても、気持ちの伝達だったりとか、そういうのは最初から本当に心掛けてるんですよね。むかついたこととか直接本人に言うんです。凄いシンプルなことだし、ガキっぽいことかもしれないですけど、それ結構バンドでは大事で。鬱憤があるとたまっちゃって、悪い風に音に影響が出てくるんです。でもぶつかるといい風に出てくるんですよね。不思議なことに、音って人間関係がそのまま出ますから。[Champagne]は"こいついいアレンジ作るな"ってそこを認められてるから、4人の味が出てるバンドだと思うし。

-4つの音が同じ方向を見て、そこ目がけて激突しているというか。

喧嘩してるみたいな感じですよね(笑)。曲作るときってうちらはジャムなんで、瞬間瞬間で音を作ってくんで。本当に死に物狂いでそのときに集中して。汗かきながら。ライヴのリハーサルんときより汗かいてんじゃねぇかなってくらい(笑)。アレンジは、まずは自分たちがいかに満足するかってことを突き通してから。まずそこで嘘つかないほうがいいですよね。......あと、音には人間が出てこないと駄目だと思うんですよね。絶対に"こいつ成長してんだな""生きてんだな""血が通ってんだな"っていうのが分かるような作品でなければいけないと思ってるんです。

-初ワンマン・ツアーが4月からスタートですが、どういうツアーになりそうでしょうか。

ワンマンってことは[Champagne]を見に来るお客さんばかりだと思うんですけど "[Champagne]で我慢すっかー"みたいな人もいるだろうし。"[Champagne]のライヴ見たら一生お前らは俺らにハマり続けるぞクソッタレ"ってそれくらいうちらも気合入ってます。ロック・バンドは一番生意気じゃないといけないって俺は、そういうところなんじゃないかと思うんですよね。100%自信持って投げつけられるくらいじゃないと。自分の存在の証明だったり、証だったり。誰かの脳みそに刻みたいんですよね。だからやってるんだろうなこの商売、って思うんですよね。これ一生の思い出になるな、っていう夜にします。