Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ザ・ビートモーターズ

2011年03月号掲載

ザ・ビートモーターズ

ザ・ビートモーターズ

Official Site

メンバー:秋葉正志(Vo&Gt)

インタビュアー:伊藤 洋輔

良い歌の集まり――身も蓋もない表現だが、アルバム『The First Cut Is The Sweetest』で繰り広げる情熱的であり瑞々しくもあり味わい深い魅力が詰まった楽曲の数々には、シンプルにそう叫びたい。昨年は大活躍だった4人組、ザ・ビートモーターズが待望のフル・アルバムをリリースする。ということで、早速フロントマン秋葉正志にインタビューを敢行!あのライヴ・パフォーマンスから激しいロケンロー野郎を想像したが、そこには真摯に、誠実に、思慮深く言葉を探す姿があった。なるほど……このバンドが持つ唯一無二の個性とは、秋葉そのものなのだ。

-最近はツアーのリハとかアルバムのプロモーションで忙しい毎日のようですね。

はい、そうですね。リハに入って実感するのは、新曲が楽しいっていうか、単純に新しいことをやるのが好きなんだなって思います。あんまり同じこと繰り返しやるのは苦手なのかなぁ?ライヴ・パフォーマンスは別として。最近は時間もあるので曲作りをちょこちょこしたり、ツアーに向けての練習だったり、いろんな音楽も聴いてますんで、有意義な時間を送ってますよ。

-心境的にはこれから何が起こるんだろうって、ワクワクするものがありますか?

……うん、何かあるといいなぁとは思っていますね(笑)。

-アルバムを完成した今の心境としてはどうでしょう?

え~っとですね……完成して日が浅いんで、まだ客観視できない部分があるんですけど、そうだな……う~ん、まだ時間を置いてみないとわからないですね(笑)。

-わかりました。今回は1対1のインタビューなんで、いろいろと秋葉さんの内面にも迫ってみたいと思うんですが、秋葉さんの幼少期ってどんな感じでしたか?

幼少期……ってどのくらいが幼少期なのかわからないです!っとか言っちゃうのが好きですけど(笑)……え~っと……わりとひょうきん者でしたよ。何かおもしろいことやって人を笑わせるのが好きだったんですけど、その反面人見知りの部分も大きかったです。公園とか行って知らない子がいたらそこでは遊ばなくて、あえて誰もいない所に行ってしまったり(笑)。あとは……言葉は早い段階でいろいろ喋ってたらしいんですけど、オムツがなかなか取れなくて、小学生になってもオネショしちゃうような子でしたね(笑)。

-小学校のクラスでは目立ちたがり屋でしたか?

どうだろう……やっぱりみんなの前でおもしろいことやって笑いを取って、授業を脱線させるということは時々やりましたね。けっこう独善的だったと言えなくもないですね……うん、ホント好きなことやってましたから。それでみんなにウケてしまうから(笑)、楽しい小学時代でしたね。

-そこで今に繋がるフロントマン精神が培われたんですかね?

ハハハ、そういうのはあるかもしれませんね。あっ!あと太ってたんで、それで笑いが取れてたのかな(笑)?

-(笑)。音楽にのめり込んだのはいつ頃ですか?

え~っとですね……音楽を好きになったのはその小学校の時だったんですけど、普通CDプレイヤーとかで聴くじゃないですか?でも、僕はそれがすごく恥ずかしかったんですよ。なんか聴きながら悦に入るのを親に見られるのが恥ずかしくって(笑)、それでカセット・ウォークマンを買ってもらって、J-POPのミスチルとか録音してこっそり聴いてましたね。確か小学校5年生くらいだったような……。

-笑いを取る反面すごくシャイな部分も大きいですね。

うん、音楽を聴くなんて普通のことなのに。(エア・ギターをしながら)なんかギター・ソロとか好きで聴いてると感情が高ぶるじゃないですか?けど、なにグッときてんだよ!みたいなツッコミがきそうで恥ずかしかった(笑)。

-ハハハ、ちなみに初めて買ったCDは?

う~ん、なんだったかな……あっ、サッカーのワールド・カップのテーマが入ったサントラだったような気がします(笑)。実際サッカーやってたんで、その影響でしょうね。インストだったような……こういうのって今振り返ると必ず「何であれ買ったんだろ?」って思いますよね。