Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

vivid undress

vivid undress

ライター:岡本 貴之

突然回り出したレコードのように、いきなり飛び出してくるダンサブルなバンド・サウンド。印象的なギターのリフレインに気をとられがちだが、左右からはリズミカルに叩くピアノとスラッピング・ベースが鳴っている。そのアンサンブルの合間を縫って刻んでくるドラムのハイハットが心地よい。vivid undressが前作から約1年ぶりにリリースした2ndミニ・アルバム『Prevail』のオープニングを飾るTrack.1「シーラカンスダンス」は、こんなにも賑やかで文句なしでカッコいい演奏なのに、なぜか少しもの悲しい。意識的にサウンドと同化するかのようにしながらも"一切期待しない未来/そんなのいらない/今しかない今/ドキドキしたい!"とリアルな言葉を放つkiilaa(Vo/Gt)の歌声は目を閉じて、ただこの瞬間を一心不乱に踊っているかのように刹那的な感情を訴えかけてくる。すると、そんな気分をかなぐり捨てるようにサビのリズム・チェンジから"シーラカンス ダンス"という思わず口に出したくなってしまうフックでキュートに着地。心憎いばかりの構成で聴く者を翻弄する。そして"変わってく世界の中で/変わらない私を貫く"と宣言するこの曲が象徴するように、vivid undressを取り巻く世界はこの1年で大きく変化してきたのではないだろうか。


 
2015年5月に初の全国流通盤1stミニ・アルバム『Unveil』をリリース後、活発なライヴ活動を続けてきたvivid undress。"SAKAE SP-RING"や"YATSUI FESTIVAL"といった大型サーキット・フェスへの出演や、"PROGRESS PROGRAM"と題した対バン自主企画イベントを行いjamming O.P.、テスラは泣かない。、deronderonderonらと競演するなど、この1年間のライヴ活動はこれまで以上に多くの音楽ファンの耳と目を惹きつけ、新しいファンを獲得してきたはずだ。そして、多くのリスナーやメディアからの高い評価の中、待望のリリースとなった2ndミニ・アルバム『Prevail』では、その期待に応えてさらなる進化を遂げたバンドの姿を垣間見ることができる。
 
Track.2「適度に」では1コードで展開するファンクにラップ調のヴォーカルが乗るAメロに対してメロディアスなサビの組み合わせが面白い。独白するように歌われるバラードのTrack.3「それでも」にも共通して言えることだが、一聴すると歌メロには90年代後半以降の女性J-POPアーティストを思わせる部分も多く感じられる。それでいてバンドはあくまでもロック・テイストを失っていない。それは、さまざまな音楽を取り込んで成熟したJ-POPと洋邦のロックをボーダーレスに楽しむことができるようになった世代ならではのアウトプットの方法だろうし、"J-POP突然変異型ROCKクインテット"というキャッチフレーズが的を得ていることを感じさせる。Track.5「Dance Dance Dance」のように緊張感と疾走感のある曲が収録されている一方で、Track.6「君がくれた未来」では包容力を感じさせるパワー・ポップを聴かせる表現力豊かな演奏は、どの曲も生き生きとした躍動感を湛えながらも、歌の内容からは現代を生きる若者の焦燥感や苛立ちも伝わってくる。そんな楽曲たちだからこそ、今この瞬間に放つ生の輝きが美しく、vivid undressを次世代の先頭を走るべきアーティストとして後押しする声が多いのだろう。
 
そんなvivid undressは6月29日に開催する自主企画イベント"PROGRESS PROGRAM vol.4"で、バンド史上最大キャパの会場となる渋谷WWWのステージに立つ。対バンは四星球、マカロニえんぴつといういずれも負けず劣らずの個性派バンドだ。vivid undressの音楽は、デジタル・サウンドの質感があるスタジオ音源の中よりも、ライヴ会場の空気を震わせてこそ本領を発揮するような気がしてならない。そしてその音楽は、多くの観客の心に伝わって行くのだろう。"変わらない私"と"変わってく世界"。6月29日渋谷WWWにてvivid undressから、この日この瞬間にしか受け取ることのできない鼓動の刹那と光を受け止めてほしい。

 

▼自主企画イベント情報
vivid undress presents "PROGRESS PROGRAM vol.4"
progress_program4.jpg
6月29日(水)渋谷WWW
w/ マカロニえんぴつ / 四星球
OPEN 18:30 / START 19:00
前売 ¥2,800 / 当日 ¥3,300
■チケット一般発売中

 
▼リリース情報
vivid undress
2ndミニ・アルバム
『Prevail』
viviun-jk.jpg
NOW ON SALE
POCS-22026 ¥1,800(税込)
[ZOMBIE MAGAZINE RECORDS]
amazon | TOWER RECORDS | HMV
 
1. シーラカンスダンス
2. 適度に
3. それでも
4. 醜いお姫様
5. Dance Dance Dance
6. 君がくれた未来

  • 1