Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KAKASHI

2017年09月号掲載

KAKASHI

メンバー:堀越 颯太(Vo/Gt) 齊藤 雅弘(Gt) 中屋敷 智裕(Ba/Cho) 関 佑介(Dr/Cho)

インタビュアー:高橋 美穂 編集:松井 恵梨菜/稲垣 遥

-"灯火祭"の特色はどういったところですか?

堀越:企画、運営などすべてがDIYということ、手前味噌ですが出演バンドのこの日に対する気持ちをすごく強く感じるところです。

齊藤:良くも悪くも自分たちの活動のなかで培ってきたものしか詰まってないです。自分たちが当日駆け回ってる姿を楽しんでいただけたらなと思います(笑)。

中屋敷:KAKASHIが出会ってきた各地の盟友が一度に観れることや、1日を通して熱さが伝わるのも魅力ですね。

関:普段あまり群馬に来る機会のないアーティストもいるなか、様々なジャンルのアーティストが"群馬"で観れるところもならではかなと思います。

-今年の見どころを教えてください。

齊藤:今年の見どころはなんと言っても会場とバンド数が増えたことです。去年は高崎clubFLEEZと高崎clubFLEEZ Asileの2会場で行ったのですが、今年はさらに群馬SUNBURSTが加わり計3会場になって、バンド数も17バンドから28バンドに増えました。1年間で僕らが築いてきた関係や培ってきた経験をぜひ体感してもらいたいです!

堀越:おかげで、去年呼びたくても呼べなかったバンドも呼べたんですよ。お客さんにはたくさんの音楽に触れてほしいと思っています。

中屋敷:KAKASHIが各地で出会ってきた仲間たちをぜひ観に来てほしいです。

-バンドにとって、"灯火祭"はどのような位置づけのイベントなんですか? また、どんなイベントにしたいですか?

堀越:1年間の集大成と言っても過言ではないと思います。出演バンド、お客さん、ライヴハウスのスタッフ、とにかくその場にいる全員が心に火を灯して、今よりも1歩先に進めるようなイベントにしたいですね。

齊藤:群馬のライヴハウスやバンド・シーンに活気や刺激を与えられるようなイベントにしたいのはもちろん、何より自分たち、仲間、お客さん、スタッフ、関わってくれるすべての人に熱い気持ちを灯せるようなイベントにしたいと思ってます。ただ楽しかっただけではなく、本当に心から最高だって誇ってもらいたいです。

中屋敷:今年は"灯火祭"に向けてツアーも行っていますしね。群馬のライヴハウスを盛り上げたいというのもあり、自分たちももう1歩先へ行けるイベントにしたいです。

関:1年間の自身たちの軌跡を示すようなイベントで、仲良しこよしのイベントではなく、いい意味でバチバチして、イベントだけではなく、地元群馬も盛り上げたいですね。

-最後に、"灯火祭 2017"へ向けての意気込みを聞かせてください。

齊藤:あなたの最高の2017年10月28日になるようにKAKASHIが全力を出します。よろしくお願いします!

中屋敷:僕らが歩いてきた道の集大成のイベントです。どのような活動をしてきたか、観に来ていただければわかると思います。ぜひお待ちしてます。

関:精一杯魂を込めた、僕らのドラマを目撃しに来てください。お待ちしています!

堀越:1年間の集大成、と言いましたがもはや僕らの5年間の集大成です。僕らもこの日からまた1歩先に進みます。お待ちしています!

"灯火祭 2017"

10月28日(土)高崎clubFLEEZ / 高崎clubFLEEZ Asile / 群馬SUNBURST
OPEN 11:30 / START 12:00
チケット:前売 ¥2,500
出演:KAKASHI / INKYMAP / uguis / the quiet room / KOTORI / Saucy Dog / 月がさ / ハルカミライ / WOMCADOLE / FOMARE / the unknown forecast / Unblock / the irony / BARICANG / Althea / フィッシュライフ / Amelie / POETASTER / ソウルフード / Moshu / TEDDY / WAFY / 秀吉 / あいう / ハザマリツシ / Halo at 四畳半 / ircle / kobore