Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Galileo Galilei

2012年01月号掲載

Galileo Galilei

メンバー:尾崎 雄貴, 佐孝 仁司, 尾崎 和樹, 岩井 郁人, 野口 一雅

インタビュアー:沖 さやこ

2007年北海道稚内市で結成され、2008年に開催された10代限定フェス"閃光ライオット"でグランプリを獲得。2009年にインディーズ、2010年にメジャー・デビューを果たし上京。だが昨年3月に札幌に拠点を移し、メンバー5人で共同生活。自宅ガレージを改造した自作スタジオ"わんわんスタジオ"にて曲作り、レコーディング、ミックスを全て自分たちで行っている。彼らをここまで動かした原動力は何か?――それを解明すべく、バンドの歴史と新作『PORTAL』について5人に伺った。

-雄貴さんと佐孝さんが17歳のときに、和樹さんと前ギタリストの4人で結成されたということですが、音楽の目覚めはいつ頃なのでしょう?

雄貴:みんなもともとずっと一緒に遊んだりしてて、いわゆる"ロック系"の音楽を聴き始めたのがタイミングとしては一緒なんです。小学6年生のときかな。尾崎家にパソコンがあって、インターネットが出来たんですよね。パソコンがある家がクラスん中で俺らん家くらいで仁司もよくうちに遊びに来てたし、そっから音楽が広がった。CDショップとかも怖い場所っていうイメージだったんで(笑)。漫画とかの影響だと思うんですけど、頭ツンツンの人とかいるんじゃないかって。

-(笑)。

雄貴:卒業文集の"好きな音楽"の部分にはみんなJ-POPとか合唱で歌うような曲を書くのに、俺らはちょっと頑張ってね、ロック系を書いて(笑)。でも小学校だとみんなに恰好付けてると思われかねないから、隠れて聴いてました。

-岩井さんと野口さんは、Galileo Galileiが閃光ライオットに出たときに別のバンドを組んで出場してらっしゃったと。

岩井:閃光ライオットの3次審査、ファイナルのいっこ前のライヴ審査が札幌であったんです。そのときライバル・バンドとしてガリレオと出会ったのが初対面。言葉にすると軽く聞こえるかもしれないですけど、ガリレオには俺が目指してた理想像で。"俺もこんな曲作れたら良いな"って思って、そのライヴが終わった後からよく連絡を取り合うようになったんです。曲作りをしている人間同士、悩みとか相談し合って、愚痴とか言いまくってて。僕と野口は雄貴たちより年齢が1個上なんで。雄貴たちが高3のときに、俺は学校も行ってなくてニートをしてたんですよね。

一同:(笑)。

野口:かっこいいわ(笑)。
岩井:僕らのバンドの中で夢見るニートしてたの僕くらいで(笑)。他のメンバーは大学行って、野口は音楽の専門学校に通ってたんですよね。でも俺は"もっと音楽頑張りたいのに""もっと早いスピードでやりたいのに"って葛藤があって......メンバー間に温度差が徐々に生まれ始めて、バンドが低迷してた時期にガリレオのギターが脱退して。

雄貴:で、俺が岩井くんに"岩井くんのバンドもヤバいらしいじゃん、じゃあこっちに入ってくれ"って電話して。彼が住んでいた恵庭っていう街は札幌の近くで、稚内までバスで片道6時間くらい掛かるんですけど、岩井くんはニートだったんで(笑)、来てよーって言ったら割と普通に来てくれて。俺らが学校終わるまで仁司ん家で、仁司のお母さんに面倒見てもらって(笑)。

岩井:面倒見てもらうのには慣れてるから(笑)。