Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

Pick Up! Rookies

ゲスの極み乙女。

ゲスの極み乙女。

ゲスの極み乙女。

Official Site

-自己紹介をお願い致します。

MC.K:ゲスの極み乙女。のVo/Gt/SynのMC.Kです。ラップと歌、作詞作曲、バンドのプロデュースを担当していますでゲス。

休日課長:休日課長です。ベース弾いてます。食べることが好きです。

ちゃんMARI:ちゃんMARIデス。自己紹介ッテナンデスカ?ニホンゴ、ムズカシイネー

ほな・いこか:ドラム ほな・いこか(詳細不明)

-バンド結成のいきさつと何かコンセプトがあれば教えてください。

MC.K:単純に僕が尊敬していたり一緒に演奏したかったミュージシャンを集めて結成しました。コンセプトは“みんなゲスである。”ということですね。

-最近はまっている音楽を、あれば洋楽、邦楽両方教えてください。

MC.K:洋楽ならSpeech Debelle、THE XX、邦楽ならアナログフィッシュです。

休日課長:洋楽はEsperanza Spalding, AREA, YES, Django Reinhardtを長いことひきずってます。邦楽はクラムボン、かみぬまゆうたろう。

ちゃんMARI:PRIMUS、DIRTY PROJECTERS

ほな・いこか:skillkills

-影響を受けたアルバムを紹介してください。

MC.K:このバンドに関して言えばGORILLAZの『Demon Days』ですね。これが目指すべき姿だと思います。

休日課長:THE HIVESの『Your New Favourite Band』

ちゃんMARI:XTCの『Oranges & Lemons』

ほな・いこか:NICKELBACKの『Dark Horse』

-今の日本のインディー・シーンを客観的に見てどう感じていますか?

MC.K:良い音楽は溢れているのにそれが芽を出しづらい状況だと思います。メジャーとインディーの壁がなくなった今インディーである必要性が感じれないし、インディー自体インディーっぽくなくなったと思います。良い音楽はインディーよりインディーな“どインディー”に溢れてる。ゲスの極み乙女。は“インディー”と“どインディー”の間にいるただのゲスですが。

-バンドの音を言葉で表すとすればどういった音でしょうか?

MC.K:誰が何と言おうとヒップホップ・プログレです。

-今作の聴き所は?

MC.K:ずるい4つ打ちを聴いて下さい。ただ踊らせる怠惰な4つ打ちとは違います。ベースとシンセの変態的なフレーズにも注目です。あとは4人のゲスさをラップから感じて下さい。

-具体的に見えている展望、目標はありますか?

MC.K:年内にワンマンをやりたいですね。あとはフェス荒らしになりたいです。毎回コンセプトを変えたshowを見せるつもりです。あくまでゲスく。

-今後のライヴの予定を教えてください。

3/14(木)@新宿MARZ
3/23(土)@稲毛k's dream
4/6(土)@心斎橋FANJ
4/20(土)@下北沢ERA←レコ発企画

-Skream!の読者にメッセージをお願い致します。

MC.K:音源だけでも衝撃的な内容になってますが、ライヴはもっと衝撃的です。みんなが内にもってるゲスな部分引き出してライヴに遊びに来て下さい。

休日課長:乙女でいきましょう。

ちゃんMARI:ゲスのみなさま、『ドレスの脱ぎ方』を聴いてもっとゲスになってくださいね。

ほな・いこか:ようこそゲスの世界へ♡