Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

向井太一、Tempalay、the engyら出演。ドライビング・ミュージック奏でる音楽番組"VEZEL LIVE"公開スタート

2019.12.20 12:30

向井太一、Tempalay、the engyら出演。ドライビング・ミュージック奏でる音楽番組"VEZEL LIVE"公開スタート

本田技研工業株式会社がドライビング・ミュージックを奏でる音楽番組"VEZEL LIVE"をスペースシャワーネットワークと共同制作し、本日12月20日より"Honda VEZEL"公式HP内特設ページにて公開した。
 
同番組は、"VEZEL"の開発に込められた"新たなスタンダードを。"という想いを体現するべく、音楽シーンの新たなスタンダードを創ることが期待される注目のアーティストを起用し、彼らがドライビング・ミュージックを奏でる音楽番組。全5回の"VEZEL LIVE"では、注目のアーティストを各回起用し、ドライブに聴きたくなる楽曲を披露する。本日公開の第1回には、ジャンルを超えて音楽の新たなスタンダードを創っている向井太一を起用。さらに、2020年1月以降の番組では、それぞれ音楽の新たなスタンダードを創っているthe engyTempalay等の出演を予定している。
 
向井太一、the engyからはそれぞれ、選曲や番組について以下のコメントが到着している。
 
■向井太一
【選曲やアレンジの意図について】
「Crazy」と「FLY」はライブでも定番の2曲。僕は普段の音楽制作から、クラブミュージックや色んなジャンルをミックスしつつ、ライブ感を大事にしています。今回もバンドメンバーと相談して、生楽器とデジタルで出している音のバランスを意識して、いつものようにライブをさせていただきました。
 
【おすすめのドライビングミュージック】
ドライブ中は歌謡曲が聞きたくなります。以前、フジロックに車で行った時に、山下達郎さんや松任谷由実さんの音楽を、高速道路を走りながら聞いていました。ロサンゼルスにいた時は、車の中で現地のラジオをずっと聴いていたのですが、アップテンポのものよりチルなもの・エモーショナルな音楽が好きです。
 
【VEZEL LIVE ならではの見所について】
つくり込んだライブ映像を制作したいと考えていたので、ライブ感もありつつ、普段のライブ映像とは違う映像に仕上がったと思います。
普段のライブとは違って、ばちばちに表情を作ったので、そこも注目してください!(笑)
 
■the engy
【選曲やアレンジの意図について】
僕たちの楽曲は、どの曲も「夜の首都高」のイメージ。MV制作の際、イメージを聞かれると「前の曲も首都高って言ってたよね?」と言われるほどです。イヤフォンとは違って、車の中は実際に前からも後ろからも音に包まれることができるので、新しい曲を作ったらいつも車で聴いています。VEZEL LIVEでも、運転しながら車の中でぜひ聴いて欲しい2曲を選びました。
 
【おすすめのドライビングミュージック】
僕らはいま、メンバーで交代して Honda の車を運転して移動しているのですが、その時はノれるHIPHOPをかけることが多いです。ドラムの境井ちゃんがドライバーの時は、趣味丸出しでアニソンをかけます(笑)
 
【VEZEL LIVE ならではの見所について】
音源とは違うLIVE感だったり、映像だからこそわかる動きを見て欲しいです。
今回、カメラがバンドメンバーの周りを回っていたこともあり、いつもと違っていつどこで撮られているかわかりませんでした。油断している僕らの表情も見つけられるかもしれません(笑)
 


▼番組情報
"VEZEL LIVE"
第1回:12月20日(金)
出演アーティスト/向井太一
mukai_vezel.jpg
第2回:1月17日(金)
出演アーティスト/the engy
the_engy_vezel.jpg
第3回以降のアーティストと公開時期は、"VEZEL LIVE"公式HPで順次告知
視聴方法:VEZEL HP内特設ページ"VEZEL LIVE"公式HPより視聴

関連アーティスト

Tempalay, 向井太一