Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ヨルシカ

2019年04月号掲載

ヨルシカ

メンバー:n-buna(Gt/Composer) suis(Vo)

インタビュアー:秦 理絵

ヨルシカ初のフル・アルバム『だから僕は音楽を辞めた』が素晴らしい。今作でコンポーザーのn-bunaがテーマに掲げたのは、"音楽を辞めた青年"の物語だ。今作は、音楽を辞めることを決意した青年がスウェーデン近郊の街で過ごした1年間の旅の中で綴った楽曲を、ひとりの女性=エルマに宛てて贈るというコンセプトで完成させた内容になっている。ピアノをフィーチャーした美しくも衝動的なバンド・サウンドに乗せて、青年の想いが私小説のような手法で綴られていく。音楽家は売れる曲を作るべきなのか、芸術であるべきなのか。なんのために音楽を作るのか。数年前までn-buna自身が悩んでいた事柄をモチーフにした題材は、真に迫るリアリティをもってリスナーを物語の世界へと引きずり込む。

-インタビューは『夏草が邪魔をする』(2017年リリースの1stミニ・アルバム/※インタビューはSkream!2017年7月号に掲載)以来なので、約2年ぶりです。

n-buna:そうなんですよね。よろしくお願いします。(※Skream!3月号を見ながら)サイサイ(SILENT SIREN)が表紙なんですね。サイサイは、作編曲とかもやってるプロデューサーが作ってる曲が、初期からすごく良くて。「チェリボム」、キャッチーですよね。......(※ページをめくって)あっ、ヒトリエだ! wowaka(Vo/Gt)さーん!

-好きそうですね、n-bunaさん。

n-buna:wowakaさんが唯一無二の存在だし、ひとりひとりが凄腕じゃないですか。

-新しいアルバム『HOWLS』は聴きましたか?

n-buna:もちろん買いました。最初のころよりストレートになりましたよね。wowakaさんが伝えたい言葉とか、サウンドがストレートで研ぎ澄まされているなと。これはもう、いろいろな人の心に残っていけばと思いますね。

suis:(笑)取材が始まらないね。

-じゃあ、始めましょうか(笑)。まずストレートに聞きますけど、なぜ今回のアルバムでは、"音楽を辞めた青年"をテーマにしようと思ったんですか?

n-buna:いつもどおり最初にコンセプトがしっかりしたアルバムを作ろうと思ったときに、まず始めに「だから僕は音楽を辞めた」っていう曲ができてたんですよ。結構昔からあった曲なんですけど。そこから広げていったアルバムなんですよね。

-そもそも、どうして"音楽を辞めた"というテーマで書いていたんでしょう?

n-buna:これを作ったときは、なぜ曲を作ってるのかがわからなくなってたんですよね。3~4年前だから、19~20歳ぐらいのときかな。『夏草が邪魔をする』とかを作る前後で。そのときに考えてたのが、歌詞に書いてる"僕だって信念があった/今じゃ塵みたいな想いだ"っていうところに尽きるんですよ。1曲目を書いたときから僕の軸は変わってないんです。僕なりの信念をもとに、今と変わらない曲を作ってたし、自分の作りたいものを作ってたんですけど、だんだん評価されるようになると、いつの間にかそっちの方に気持ちが変わってきたんじゃないかなっていうところですよね。

-その想いをこのタイミングでアルバムとして膨らませようと思ったのは?

n-buna:これからどういう音楽を作ろうかなって知り合いと話してて、誰かに刺さる作品を作るためには、歌詞にも音楽にも説得力がないとダメだなと思ったんですよ。自分が思ったこと、体験したことで書くことが大事だなって。で、過去の自分を書くならどこだろうな? って考えたときに、音楽についていろいろ考えていた時期がいいなと思ったんですよね。それで、"初めてバイトを逃げ出した"っていう歌詞もあったりして。

-「八月、某、月明かり」ですね。

n-buna:そうですね。"自転車で飛んで/東伏見の高架橋"とか。自分が一番尖ってた時期のことを曲にしてみようかなと思ったんです。だから記録みたいなものですよね。

-1枚目のミニ・アルバム『夏草が邪魔をする』は、どちらかと言うと、ストーリーテラー的な立ち位置の曲だったけど、前作『負け犬にアンコールはいらない』(2018年リリースの2ndミニ・アルバム)からはより自分自身を曝け出したじゃないですか。そういう流れもあって今作ができたところもありますか?

n-buna:そうですね。やってるうちにやりたいことがそっち(曝け出す方)に寄ってきたのかなと思いますね。昔から自分を出してるつもりではあったんですけど、物語的に自分の体験を落とし込む傾向は強くなってきたと思います。

-suisさんは、今回のアルバムで"音楽を辞めた青年"をテーマにすると聞いたとき、どんなふうに受け止めましたか?

suis:最初はコンセプトを聞くよりも前に、「だから僕は音楽を辞めた」のデモがLINEで送られてきたんですよ。そしたら、タイトルがこんなで(笑)。しかも、n-buna君が"一緒に音楽を辞めようね"って送ってきたんですよ。

-え? 冗談ですよね?

suis:でも、この曲と一緒に送ってきたから、"ちょっと本気かも?"とも思ったんですよ。で、なんて返そうと思って、その時点で、音楽を辞める覚悟を決めて、"いいよ"って返したんです。そしたら"冗談だよ"みたいに返ってきたんですけど。今話しながら、あの瞬間、一度音楽を辞める覚悟をしたなっていうのを思い出しました(笑)。

n-buna:まぁ、作ってる側からすると、そんなに本気で音楽を辞めるっていうことを今は考えてなくて。ただ、そういう物語の曲を書きたいっていう欲望だけでしたね。

-ただ聴かせてもらうと、いろいろなことを考えさせられる作品ですよね。音楽家にとって、売れることが正しいのか? とか、たとえ売れなくても、自分が本当に表現したいものを貫くべきなのか? とか。

n-buna:でも、そこらへんって僕は答えが出てるんですよ。売れるために音楽をやるのでも、作りたいものを作るでも、どっちでもいいと思うんです。ふたつとも正解だと思っていて。ただ、自分が憧れているのは後者の方ですよね。自分たちが作りたいものだけを作っていく。他者の評価とか、売れたいっていう気持ちも考えずに、自分にとって作りたいものを作り続けることこそが美しいんだろうなと思ってるんですよ。だから、手紙(※初回生産限定盤に付属)に僕の思想が入ってるんです。

-ええ、読みました。

n-buna:ヘンリー・ダーガーのことも書きましたけど、あれこそ僕が理想とする生き方なんですよ。ヘンリー・ダーガーは50年ぐらい誰にも見せないで小説を書き続けた人なんです。内容は"よくわからない"って言われがちなんですけど、創作家として一番の幸せのかたちだと思うんですよ。だけど、音楽で生きていくためには、パトロンでもつかない限り、売れるものを作らなきゃいけないんですよね。そのために、みんなに刺さるメロディを書いたりして、そこに理想との乖離が起こってくるんです。たぶん「だから僕は音楽を辞めた」を書いたときには、その乖離が僕の中で一番大きくなってたんです。今は本当に"曲を書ければいいでしょ"みたいな感じなんですけど。

-もう迷いはないんですか?

n-buna:自分が納得する音楽を作ることだけが正しいことなんだなってわかったので、そこに尽きるんだろうなと思います。もちろん自分のためじゃなくて、いわゆるエンターテイメントとして、人を感動させるような音楽を作ることは素晴らしいと思ってるんですけど、僕がやるのはそっちじゃないなと思うんですよね。

-手紙の中では"音楽は芸術"っていう言葉もありますね。オスカー・ワイルドの言葉を引用して。

n-buna:"人生が芸術を模倣する"ですね。あれは"嘘の衰退"っていうオスカー・ワイルドの戯曲の言葉で。それが、僕が芸術至上主義に走るきっかけになったというか、そこからの影響が大きいんですよ。どうせ人間は最終的には死ぬので、それならやりたいことをやって、好きにものを作って死んでいく方がいいなと思いますし。僕の"芸術至上主義"っていうのは、どちらかと言うと......話が違う方向に行くかもしれないんですけど、作品の価値みたいなところに行き着くんです。まがりなりにも、僕のやってる音楽というものが芸術だとして、その作品を大切にしたいんですよ。『だから僕は音楽を辞めた』の中でも、神様が宿るのは、それを作った人じゃなくて、作品だって書いてるんです。

-「パレード」ですね。

n-buna:そうですね。"こういう曲を作ったから、○○さんは神"みたいになるのは、創作家の傲慢だよねっていうのは思ったりします。