Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ベイビーレイズJAPAN

2017年10月号掲載

ベイビーレイズJAPAN

ベイビーレイズJAPAN

Official Site

メンバー:大矢 梨華子 傳谷 英里香 林 愛夏 高見 奈央 渡邊 璃生

インタビュアー:沖 さやこ

-(笑)歌詞の意味をあえて説明するの、ちょっと恥ずかしいですよね。

大矢:りおトンが恥ずかしがるのもわかっているから、"アンチヒーロー"という言葉のざっくりとしたイメージを伝えてもらった以外は、私たちもそんなに深く聞かなくて。"だいたいこんな感じやろな~"と。

渡邊:まず最初に、"アンチヒーロー"という言葉が浮かんで。"ヒーロー"には"主人公"と"救世主"のふたつの意味があって。みんな自分の人生の主人公ではあるけれど、みんながみんな救世主みたいに強くて美しいわけではないし、弱くてみっともないところもある。それでも自分らしさや自分にとっての正義をちゃんと探して生きていこうという意味を込めました。だから、歌詞の内容は"アンチヒーロー"という言葉への後づけだったりもするんです。でも、言葉をきっかけに自分の中から引っ張り出されていくというか、意味はあとからくっついてきてくれるというか......。アンチヒーローは許しを求めていると思ったので、アンチヒーローのための許しの曲を書いてみたいなと思ったんです。エゴのかたまりみたいな感じなんですけど。

高見:でも、この歌詞に出てくる"僕"がりおトンに見えてきましたね。だからりおトンみたいに捻くれているというか。若い子の持っているドス黒さが曲になっていると思います。りおトンにしか書けない詞だと思う。

-そうですね。詞の中で描かれている闇がリアルで。

渡邊:全然そういうの意識してない......。滲み出てるのかな(笑)。恥ずかしい!

-"どんなに愛し 思い続けたって/きっとこの手すり抜け 落ちていくんだ"のような痛烈な描写があるからこそ、サビのポジティヴな気持ちが際立つんだと思います。

渡邊:あぁ、よかった。私も"どんなに愛し~"のところは気に入っているんです(笑)。

-「何度でも」は「僕らはここにいる」とはまた違う方向性での"ベイビーレイズJAPANど真ん中"という曲になっていると思います。人を励ますパワーのある曲なので、歌っている自分自身も励まされる感覚になるのではと思いましたが、いかがでしょうか。

林:それはあんまりないかも。いま相当強くなっちゃってます(笑)。

傳谷:私もこれまで支えてくださった方々、これから出会う方々に歌っているイメージですね。ライヴで目の前にいる人たちや、音源を聴いてくれる人たちに向かって"本当に大丈夫! みんな絶対にいろいろあるから、本当に大丈夫だよ"というのを伝えたい。ベイビーレイズのころだったら聴いてすぐ泣いてたかもしれないけど(笑)。

大矢:「何度でも」は"大人に なりたくないよ"という歌詞があるけれど、"説得力のある歌でないと伝わってこぉへんやろな"という不安が襲ってきて。だからちゃんと歌わなきゃと思って、届けることに徹しました。

高見:前は"一緒に走っていこう"とか、"泥臭く進んでいくぜ!"という感じの曲もいっぱいあったんですけど、この曲は聴いてくれる人を引っ張ってあげるようなところがあるから......そういう精神で歌うのは大事ですよね。10代の子に聴いてほしいです。

林:さっき高見さんが言ってたとおり、これは試されてる曲だよね。

大矢:勢いではなく立ち止まって歌う感じやな。いままでのベイビーレイズJAPANは"迷っても進むしかない"って感じやったけど、「何度でも」は"迷ってもいいんじゃない"なんですよね。そうやって一度立ち止まるのは、5周年に必要なことやと思うし。

高見:うん。これが1曲目で良かったよね。

-なるほど。この1年でベイビーレイズJAPANがワンランク上のフィールドに行けたことがよくわかりました。みなさんの楽曲タイトルをお借りするとしたら、いまのベイビーレイズJAPANは"バキバキ"ですね。

大矢:あははは! ありがとうございます。これから『THE BRJ』の楽曲を引っ提げてライヴができることにすごくわくわくしています。