Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ANABANTFULLS

2016年10月号掲載

ANABANTFULLS

メンバー:安田 コウヘイ(Vo/Gt) 松村 卓己(Gt) 小林 卓矢(Ba) 鯉沼 遼(Dr)

インタビュアー:山口 智男

ライヴハウス・シーンで注目を集め始めている北浦和の4人組 ANABANTFULLSが、満を持して初の全国流通盤となる1stアルバム『BAKAMANIA』を10月26日にリリースする。ファンから"アナバン"と呼ばれている彼らの結成は2013年。不世出のヴォーカリスト 安田コウヘイのもと、高校時代の同級生やバンド仲間が集まった。そして全7曲を収録した今回の作品。そこには自ら"グルーヴィ・ロック"を掲げる彼ららしいダンサブルなグルーヴに加え、汗と涙、センス・オブ・ユーモア、そしてロック・バンドに不可欠のワイルドな魅力が詰まっている。

-ANABANTFULLSはどんなふうに始まったんでしょうか?

安田:バンドを始めようと思って高校の同級生だった小林を誘って、そのとき周りにいたメンバーで始めました。それが22歳のときです。そのあとドラムが抜けたので、当時使っていたスタジオの店員だった鯉沼を誘ったんですけど、その1年後にギターが抜けたので、よく対バンをしていたバンドのヴォーカル・ギターだった松村を引き抜きました。それでこのメンバーに固まったのが2014年です。

-小林さんを誘ったときは、どんなバンド、あるいは音楽をやりたいと考えていたんですか?

安田:昔からOASIS、FOO FIGHTERS、GREEN DAYといった90年代のスタジアム・バンドに憧れていたので、でかいところでやれるようなバンド......簡単に言えば、音楽で飯を食えるようなバンドをやりたいと思って。小林を地元のマクドナルドに呼び出して、当時自分が作っていた音源を聴かせて、"こういうのやっていきたいんだけど"って言ったら"一緒にやっていこうか"って言ってくれたんですよ。

曲はもう作っていたんですね。

安田:曲はもう、17、18歳ぐらいからMTRを使ってひとりで作っていたのでたくさんあったんですけど、メンバーが見つからなくてずっとバンドがやれなかったんです。たまたま小林がやっていたバンドが解散したんで、これはチャンスだと思いました。

-メンバーが見つからなかったのはなぜ?

安田:今でこそ、メンバーにはそんなに強くあたらないですけど、10代のころは自分が一番だと思っていたし、そう思いながら自信がなかったのか、虚勢を張ってたんでしょうね。そういうところで強くあたっちゃっていたので、バンドを始めてもメンバーが抜けちゃうんですよ。そこで痛い目を見てから小林を誘っているんで。

-小林さんは誘われたとき、どんなふうに思ったんですか?

小林:高校生のとき、一瞬だけ一緒にバンドをやったことがあって。そのタイミングで僕はベースを始めたんですけど、そのときもうオリジナルを持ってきてたので、安田がどういう曲を作るのかは知ってたんです。それで、いつかはちゃんと一緒にやりたいと思ってたんですよ。ちょうど僕も自分がやっていたバンドがなくなったときだったので、改めて曲を聴かせてもらって、やっぱり一緒にやりたいなと思いました。

-それは安田さんが作る曲が良かったってことですよね?

安田:そうですね(笑)。

小林:それと人間性ですね。

-好きな音楽は似ていたんですか?

小林:僕は正直、そこまで音楽を聴いて育ってないぶん、影響を受けたバンドってほとんどが安田から教えてもらったものなんです。だから好きな音楽はだいたい一緒です。

安田:僕がハマッたものを聴かせると、だいたい好きになってくれるんですよ。

-その中で一番ハマッたのは?

小林:BIFFY CLYROです。

安田:BIFFY CLYROはお互いに超ファンで。

-さっきOASIS、FOO FIGHTERS、GREEN DAYの名前が出てきたときは、今回のアルバムの音とちょっと違うかなって感じましたけど、BIFFY CLYROって言われると、"あぁ、そうなんだ"と納得でした。そして、その次に加わった鯉沼さんは、なぜ一緒にやりたいと思ったんでしょうか?

鯉沼:とにかく最高のヴォーカルと一緒にやりたいと思ってたんですよ。

安田:そうだよね(笑)。

鯉沼:だから、誘われたときも"やる! やる!"って即答でしたね。

-最後に加わった松村さんはもともとフロントマンだったわけですが、いちギタリストになることについてはなんとも思わなかったんですか?

松村:引き抜いてくれるほど自分を評価してくれてるんだと思ったので、じゃあ、やってみようかなって。歌なんていつでも歌えますしね。(この答え)かっこよくね(笑)?

安田:いやいやいや、今のは俺のことを褒めるとこだから。別にいいじゃん、3人がそれやっても(笑)。

-鯉沼さんと松村さんは音楽的にはどんなバックグラウンドがあるんでしょうか?

鯉沼:昔一緒にバンドをやってたんですよ。そのバンドはロックンロールな感じでした。

安田:ロックンロールなバンドマンはこんなに日焼けしてないよ。健康的に焼けすぎだろ(笑)。

-ロックンロールって、例えばBLANKEY JET CITYみたいな?

鯉沼:そうですね。ガレージ・ロックというか。

-松村さんも?

松村:そうですね。きっかけは完全にTHE YELLOW MONKEY、BLANKEY JET CITY、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、ROSSOでした。