Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

空きっ腹に酒

2016年07月号掲載

空きっ腹に酒

メンバー:田中 幸輝(Vo) 西田 竜大(Gt) いのまた(Dr)

インタビュアー:松井 恵梨菜

-最近はセッションされていないんですか?

西田:最近はしてないな。セッションって、膨大な時間がないとやらないんですよね。"あー、暇や"ってときじゃないと。"曲も作ったし、セトリの練習もしたし、もうなんもやることないわ......セッションしよか"ってならないと(笑)。最近はバンバン曲を作ってたからできなかったんです。

-意外です。よくセッションしてます、というくらいの音の絡み方をしてると思うので。

西田:でも、「宇宙で独り」はセッションからできたようなもんやったよな? シンディがいきなりベースを弾きだして、"じゃあセッションしてみよか"ってやったらあいつが気に入って。"この間セッションしたやつ曲にしたいんやけど"って。

-「宇宙で独り」は空きっ腹に酒にしては尺の長い曲ですし、新鮮でした。今作のリード曲は「夢の裾」ですよね。この曲は他の曲と違ってサビがキャッチーですが、どのように作られたんですか?

幸輝:結構追い込まれている制作状況で作った曲だったと思いますね。他の曲は揃ってて、「夢の裾」だけがない状態やったと思うんですよ。

西田:キャッチーな曲がなくて、作りたいなと思ってたら、ある日――

幸輝:西田がひとりでギターを持って、"ひとりにさせてくれ"って言いながら部屋の隅っこでギターをガーッと弾いてたんです。そしたら"できた!"って言ってメロディ・ラインを歌ってきて、その場でサビの歌詞まで完成しました。そのメロディを聴いた瞬間に、スッと言葉が乗ったんです。

西田:最初、歌を披露するときは面白かったけどな。サビのメロディを、弾き語りみたいな形でメンバーに聴かせるんですよ。それ、もうバンドを9年もやってるのに未だに慣れなくて。

幸輝:ちょっと恥ずかしがってやるんですよ(笑)。

西田:だって、シーンとしてる中で、3人がじっと聴いてて......。

いのまた:そら聴くわ(笑)!

-(笑)歌詞はすぐに出てきたということですが、"夢の裾"という表現がユニークですよね。

幸輝:これは女の子が服の裾を掴んでいるイメージですね。"行っちゃヤダー!"って(笑)。うまくいかん感じというか、スネてる感じというか。歌っている内容には、夢見がちな自分に対する嫌悪感とかも含まれているんですけど、なんとなく自分のバンドに対するスタンスとか、苦しい状況に対して自分なりに肯定してみつつ、結局現実からも逃げられないっていう、曲の中で矛盾してる感じを出したかったというか。"夢の裾"にしがみついている若者の歌です。

-最後は破れてしまいますが、先ほどのお話にもあったとおり、希望が残っている感じがありますね。個人的に、"僕の生き方は二択しかないの かっこいいかかっこ悪い"というリリックが好きなんですが、幸輝さん自身がそういうスタンスなんですか?

幸輝:最近インターネットを見てても思うんですけど、ロック・バンドに対しての見方がみんなズレてきてるというか。"こういう売り方をしてるからかっこいい"とか、"メジャー・デビューしてすごいな"とかお客さんが言ってて。僕は正直、どのバンドがメジャーでインディーズなのかとかほとんど知らなくて、ただ単純に音楽がかっこいいかかっこ悪いかで判断してきたんですね。その音楽が好きか嫌いかっていうよりも、バンドに対する印象や、端的に言うと売れてるか売れてないかとかだけが物差しになっているのはどうなんやろうって思うことが多かったんで、そう歌ったんだと思います。でも、昔からずっと言ってたんですよね。"かっこ悪かったらかっこ悪いし、かっこよかったらかっこいい"って。だからもっと歌にして言っていこうかなと。

-たしかに、最近は情報に流されている人は多い気がしますね。自分で"今の自分はどっちか知らないけど かっこいいかな?(笑)"って歌っちゃうのも面白いなと思いました。

幸輝:だってやっぱり気になりますもんね。僕、めっちゃエゴサーチしますから(笑)。空きっ腹に酒って売れてんのかな!?って。自分でそんだけ気になるからこそ他人のことも気になるというか。"なんでみんなそんな見方しかできへんのや! だからこんな時代になってもうたやんか!"ってなすりつけるようなことを僕はよくするので(笑)、そういうダメな部分も出てると思うんですけど。

-その次の「ブス」という曲もまずタイトルがすごいですけど、歌っている内容も"つまり愛してるって言ったんだブス"って、すごい破壊力ですよね(笑)。どんな相手に対するどんな思いを歌ったんでしょうか?

幸輝:自分たちに対してっていうのもあると思うんですけど、なんかうまくやれない、不器用なミュージシャンたちを総称して"ブス"と呼ばせていただきました。味があるブスのことを歌ってるんですけど(笑)、"売れたいねん!"って言いつつ、何もできていないような奴らとか、さっき言ってたみたいに、かっこいいかかっこ悪いかで言ったらかっこいいのに音楽を辞めていく奴とかに対する、僕にとっての応援歌なんですよね。あと、単純に"ブス"っていう言葉が好きなんですよ(笑)。めっちゃ傷つく言葉やけど、それをあえて歌ってしまった方が僕の気が楽になるかなと。

-「ALC」は資料に推し曲とありますが。

幸輝:リード曲と推し曲の違いってなんやろう?

西田:たぶん、リード曲は"売りまーす!"、推し曲は"好きでーす!"かな?

幸輝&西田:"1曲目!!"、リード曲"売りまーす!"、推し曲"好きでーす!"(笑)。

いのまた:アホや(笑)。

-ちなみにみなさんの推し曲はなんですか(笑)?

幸輝:僕は「ブス」ですね。

西田:「音楽と才能」と「ALC」ですかね。

いのまた:僕は自分が作曲した「ゼロ」もですけど、「グルーヴ問題」も好きですね。