Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

爆弾ジョニー

2014年12月号掲載

爆弾ジョニー

メンバー:キョウスケ (Gt/Cho) 小堀ファイヤー (Ba/Cho) タイチサンダー (Dr/Cho) ロマンチック☆安田 (Key/Cho) 

インタビュアー:沖 さやこ

-メンバー全員歌詞を書くなら、りょーめーさんも歌うの楽しいでしょうね。

安田:そうですね。アルバム1枚ヴォーカルの歌詞というよりは、それぞれが書いている方が重みもあるし、つらくないし。いいバランスでやれてると思います。

タイチ:音に関しても詞に関しても、それを主にジャッジをするのがりょーめーで、たまに安田君だね。

安田:「冷奴」は5人とも歌詞を書いて、小堀君のが採用されたんです。「いたいけBOY♂イケナイGIRL♀」は5人で書いたものの組み合わせですね。

-語弊があったら申し訳ないんですけど、2010年代のJ-ROCKの定番とも言える四つ打ち曲のTrack.7「いたいけBOY♂イケナイGIRL♀」は爆弾ジョニーにしては意味のない歌詞ですよね。

安田:そうですね。「いたいけBOY♂イケナイGIRL♀」は曲調的に、完全に流行に乗りたくて作ったんですよ。で、歌詞も"かっこいい歌詞にしよう""世の中の多くの人がかっこいいと思う、みんながかっこいいと思う歌詞にしよう"と思ったんですけど......なんかできなくて。そしたらふざけ始めて(笑)。

タイチ:だんだんおかしくなっていったよね。あれ? あれ? って(笑)。

安田:まあ、意味はないですね(笑)。これに意味を見出す人がいるなら、それをぜひ聞きたいね!

タイチ:それはその人にとって絶対に正しいものだからね。

-Twitterで"気持ち悪い曲ができました"と書いてたのはこの曲でしたよね。

安田:あー、言ってたかも。やっぱりあまりにも今までの自分たちにないものだから、作っているときも妙にテンションが上がってて、その状態を比喩的にそう言っただけで。とにかく驚きと楽しみがありました。こういうことやったことなかったから。 キョウスケ:でもまあ、気持ち悪いよね(笑)。 安田:そう言っちゃうと今の俺の説明がどうでもよくなっちゃうよ(笑)!

-たしかに流行ど真ん中だけど......でも爆弾ジョニーなんですよね。

キョウスケ:そこも気持ち悪いんだよね! 真面目っぽい感じを醸しだしつつ、ちゃらい(笑)。どっちなんだよ! って。なんか爆弾ジョニーのことやりつつ爆弾ジョニーじゃないことやってる。でもこの5人で音鳴らしてたら、爆弾ジョニーになっちゃうよね。

-「柑橘サンバ」は完全にタイチサンダーが主導権を?

タイチ:あ、そうっす! 僕ヤマハのエレクトーンを10年くらいやってたから、鍵盤の技術はそこそこあって。ピアノはコードで作って、ベース・ラインも鍵盤で弾いて持っていって。......ギターだけ唯一わかんないんで任せましたけど(笑)。

キョウスケ:安田君はギター弾くからギターが入ってることもあるんだけど、小堀君やタイチ君が持ってくるとコードだけ決まっててアレンジお願いってパターンは多い。

安田:だから僕らはタイチサンダー様の手足となって働きました!っていうくらいのね。

-ドラム・ソロも入ってるし。

安田:でもタイチサンダー自らドラム・ソロを声で消しちゃったっていうね! 「柑橘サンバ」に関してはタイチ君がミックスの権限をすべて委ねられてたから。なんかみんな口に出さないけど、タイチ君に任せた方がラクだなと思ってたから......スタッフやプロデューサー含め、みんなでそこにつけこんだよね(笑)。

タイチ:じゃあやらしてもらいます!と。ドラム・ソロにかぶせてある安田の台詞は本番ぶっつけだったんですけど、それがすごく面白くて! だからすっごい笑いながら、俺もずっと叫んでて。だから声を上げちゃいました。

安田:"ずっと叫んでた"ってかっこいい! それも見出しだね。

キョウスケ:お前が決めんなよ(笑)。

安田:ごめん、俺の心の中のSkream!がそうスクリームしてた。

全員:はははは!

タイチ:なにサラッと名言残してんだよ~(笑)。

-りょーめーさんはフロントマンだし、メインで曲のジャッジをしていることもあってプレッシャーも大きいかもしれないけど、彼がバンドを続けていられるのも、続けたいと思うのも、この5人だからなんだろうなと思います。14曲という曲数ですが、飽きずに何度もリピートできるアルバムで、聴き終わったときに"ああ、早くライヴに行って歌いたいなあ"と純粋にうずうずしました。そのわくわく感は間違いなく『はじめての爆弾ジョニー』よりも上がってる。

キョウスケ:うん。それは歌のパワーだと思うけど。やっぱ俺らはそこに重点を置いてるし。結局歌だなって。うん。それをみんなで支えてる。

安田:結論、結局歌です。

キョウスケ:言いかた悪かったけど(笑)。やっぱりそこが第一だよね。

-あと、バンドもみんなでいい方向に転がしていらっしゃるようですね。

キョウスケ:うん。悩んでてもしょうがないしね。

安田:気付けばもう年末なんで(笑)。

タイチ:洗練しておきます!!

-本当に素晴らしいアルバムですから。これからの活動も楽しみにしています。

キョウスケ:ありがとうございます。これからも頑張ります。