Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

爆弾ジョニー

2014年12月号掲載

爆弾ジョニー

メンバー:キョウスケ (Gt/Cho) 小堀ファイヤー (Ba/Cho) タイチサンダー (Dr/Cho) ロマンチック☆安田 (Key/Cho) 

インタビュアー:沖 さやこ

-かなり充実していたようで良かったです(笑)。アルバムのテーマなどは特に設けずに?

安田:そうですね。明確なテーマはなくて。作って録っていくうちに流れができ始めたかな。

キョウスケ:明確なテーマがあったらこんなに曲のバリエーション増えてないと思う(笑)。"結局自分たちのやりたいことを最大限やる"というのが、何も変わってないことなのかな。

タイチ:それが俺のさっき言った核の部分のところですね。

キョウスケ:全員柔軟性があるバンドだから"俺は今これがやりてえからこうしたいんだけど?"と誰かが言って、それに"やだ!"って言う人いないし。とりあえずやりたいことはやってみて、これはないわーと思ったらやめて。

安田:好みに合わないものはね。

キョウスケ:でもそれもメンバーによって違ったりするから、最終的に悩んだときは多数決だね。

-私がみなさんにインタビューさせていただくのは今回で3回目で、その空気感から受ける印象ですが、爆弾ジョニーはそういう話し合いでもすごく平和そうですね。

安田:そうですね、音に関しては。

キョウスケ:というかそもそもケンカないんじゃない?

小堀:意見が割れても"じゃあそっちにしてみようか"って。

タイチ:自分の意見を最後までメンバー内で通しきるというわけでもなく。でもとりあえず("こうしたいんだけど"と要望は)言ってみて、それに対して"それはやらなくてもいいんじゃない?"と言われても、他のメンバーを信頼しているから、そこは"うん、わかった"と折れることもよくあるし。

安田:キョウスケがレスポールでレコーディングしてたときに俺が"竿(※ギター)変えたら? 多分ストラトの方が合うよ"と提案したりね。

タイチ:それに対してキョウスケも"わかった"って普通にストラトで試していく。だからすごくスムーズですね。

-いろんな音楽にトライできる理由はメンバーひとりひとりの柔軟性も大きな理由のひとつかもしれないですね。Track.13「みんなの幸せ」ができてから、アルバム・タイトルが決まったのでしょうか?

安田:そうです。「みんなの幸せ」は去年から結構ライヴでちらちらやってましてね。

キョウスケ:アルバムのタイトルを決めるにあたって何個か案が出たんだけど、最終的にはこの曲が持ってるパワーと、このアルバムを通して聴いたときにこの曲から発せられる力とか......はっきりとした理由はわかんないけど、全員一致で"タイトルは『みんなの幸せ』が1番しっくりくる"って。それは全員一致だった。

タイチ:"世界平和"がこのバンドのコンセプトじゃないですか。「みんなの幸せ」は特にバンドが伝えたいこととかがわかりやすく出てるんじゃないかなと思います。

-そうですね。この曲は徐々にスケールを増していく展開がドラマチックで。

安田:この曲はすごく激しいことをやった記憶があります。ずっと叫んでたり、ギターを3本くらい重ねたり......。ギター3本重ねたのこの曲くらいじゃないかな。

キョウスケ:うん。でも3本重なってるの一瞬だけどね(笑)。でもね、この曲では今までやったことがないような面白いことをたくさんしてた。それでもみんながそれを"いいね"って言えるから、良かったなーと。

-いろんなこと詰め込んでるのに散漫としないところもさすがだなあと。

キョウスケ:それはいろんな人が頑張ってるんじゃない(笑)?

-(笑)ミックスやマスタリングの効果もあるかもしれないけど、やっぱり根本は5人がちゃんと音楽に向き合っているからこそでしょう。

キョウスケ:うん......でも、僕らは好きなことやってるだけだからね。

-「みんなの幸せ」の詞は同じ言葉が繰り返し用いられているけれど、音が移り変わるごとに、りょーめーさんの歌いかたのニュアンスが変わるごとに、言葉の印象も切なさから力強さへ変わっていくので、それも趣があります。

キョウスケ:この曲は歌詞もメロも構成もりょーめーが全部持ってきたんだけど、その段階からすごくよかったんだよね。だからこの歌のパワーをもっと出せるように、くらいしか俺は考えなかった。

安田:この曲はアレンジに関してなんにも考えないパターンかなあ。あるんです、パターンが。考えるパターンと考えないパターンが。「柑橘サンバ」はタイチ君が全部考えてますね。あと(ジャズ・テイストの)「冷奴」みたいにジャンル的にロックからそれているものは考えるパターンかな。だから「みんなの幸せ」とか「ぼくらの」はなんも考えないですね。フレーズも速攻で出てくる。ギター・ソロはどうかわかんないけど。

キョウスケ:んー、なんも考えてない(笑)。でも「みんなの幸せ」は考えたね。ギター・ソロ(が入る間奏)は、ヴォーカルがなくなっちゃうじゃん。聴くものがそれしかないから、そこでただ通りすぎていくフレーズだけは弾きたくない。せっかくオイシイところもらってるしね(笑)。

タイチ:かっこよかったよ! 俺、あのギター・ソロ好き!

安田:でも俺たち(の音)も聴いてね!

小堀:頑張ってるよ!

-ははは、キョウスケさんからの"間奏は俺しかいない"的な発言が(笑)。

安田:でも、ギター・ソロはそれくらい(の気持ち)でやった方がいいですから。

キョウスケ:ギター・ソロとか、イントロのフレーズとかは"俺これやる!"って感じ。でも他は違うよ(笑)?