Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

後藤まりこ

2013年08月号掲載

後藤まりこ

後藤まりこ

Official Site

インタビュアー:石角 友香


-なるほどなぁ。でも曲の展開も相まって、“泣きながら笑顔”な気持ちになるんですよ。

うん、そう!“泣きながら笑顔”っていうのは結構そうです。

-だから、ポップな曲だけどまたライヴでは修羅場になるかもと想像してるんですけど(笑)。

ははは。

-そして、カップリングはSerphさんのリミックスが2曲と、「sound of me」に特化したシングルで。

うん。リミックスも好き。もともと好きなんですよ、Serphさんが。

-ヴォーカルを切り貼りしたり、原形を留めてないリミックスじゃないから、いろんなジャンルの「sound of me」が入ってる感じになってますね。

それは嬉しい。

-ところで後藤さんはソロになってからアイドルのイベントにも出演してますが、そういうところに出てくのは単純に楽しいですか?

楽しい。うん。

-今まで共演した人で興味深かったのは?

でんぱ組.incは面白かった。なんかこう普通にライヴハウスでやってるバンドマンよりちゃんとしてたし、賢いし、ちゃんとエンターテイメントしてるし、偉い。バンドマンは見習ったほうがいいと思う(笑)。ライヴっていうもののあり方についてもホンマに見習ったほうがいいかも。ももいろクローバーZしかり、全力加減とかが素晴らしいと思う。

-後藤さんの今の立ち位置ってホントにユニークだなと思って。

ドラマに出させてもらったり、ライヴもバンド形態でやらせてもらったりね。ありがたい限りです。振り幅広く誘ってもらって。

-時代もあるのかなと思いますが。

ああ、それは確かに。

-女の子の可愛らしさっていうのが、今は多様でも認められるというか。

うんうん。容姿だけじゃなくて“なんかスゴイ”みたいな子がいっぱいおって、ボクはすごいいいと思う。それがホンマやと思うし。

-そうですね。余談ですけど、後藤さんはTwitterでけっこう無防備にナンパされたことから捨て猫の話の里親募集から、理不尽なことに当然のように怒ってたりすることとか書くじゃないですか。

それはTwitterだけじゃなくて、どんな人が見てるかわからないじゃないですか、普段も。フリー・ペーパーにしろ、ネットにしろ、何かを発信するところって。その見られてる意識を捨てたらもう終わりかなって、ボクは思ってるんですよ。だから無防備でなんぼ、さらけ出してなんぼっていう虚像を作り出してなんぼやと思いますし。だからボクは無防備やとも思ってないし、大丈夫、うん。

-後藤さん、以前より強くなったんじゃないですか?

あー、そうかもしれない。ホンマは全員とお互い正座して喋りたいぐらいの気持ちはあるんですけど(笑)。例えば“後藤さん、昔とちゃうし”って言ってる人おったら、“や、一緒やよ。ま、ちょっと喋ろうや”って、1対1で喋りたいんですよ。でもたぶんそれを書いた人にとってはそんなに大したことやなくて。でもボクは書かれた本人やから気にしてしまってるだけで、でもそう考えたらあんまり気にせんでもええんや、と思って。

-大体、後藤さんの意見のほうが説得力あるし(笑)。さて、ドラマもスタートし、シングルもリリースされ、今年後半の音楽活動はどんな感じになりそうですか?

今年中にはアルバム出せたらなぁと思ってます!

—それは楽しみです!

うん、ボクも楽しみ(笑)。