Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

FOUR GET ME A NOTS

2013年03月号掲載

FOUR GET ME A NOTS

メンバー:石坪 泰知 (Vo/Ba) 高橋 智恵 (Vo/Gt) 阿部 貴之 (Dr/Vo)

インタビュアー:吉羽 さおり


-もっと頑張れよという意味も込めての。

石坪:うん、それもあるし。あとは、全然別のことなんですけど、去年、僕の身内が亡くなって。身内の葬式に出るっていうことが初めてだったんです。こんな元気だった人が、こんな簡単に死んじゃうんだっていうのを感じた年でもあった。自分はその人が残してくれたからいるんだっていうのをすごく感じて、せっかく生きるんだから何か残さないと絶対にだめだし、その人が残してくれたものを僕は受け継いでいるので、それをさらに繋がないと何も意味がなくなっちゃうなと強く思ったのもありますね。

-そうだったんですね。一方で、「Rivals」や「Independence」もそうですが、直接的な表現ではないですが、同年代のバンドが解散したりとかお休みしちゃったりという状況、同じ道、同じ志で歩んできたものが別の道へという状況が描かれていますね。

石坪:そうですね、めっちゃ入ってます(笑)。

-なんでやめちゃうんだっていう思いも強いんですか。

石坪:なんでっていうのは思わないかなあ。寂しいけど、俺らは俺らでやるよみたいな。また飲もうようみたいな、そういう感じですよね(笑)。そいつはそいつの人生だし、なにやってもいいと思うし。たまにでも会って酒でも飲めたらって言う感じなので。しょうがないと思うしね。自分たちでしかそういうのって、まわりが言ったとしても決まっちゃってると思うんですよね。まわりがいって気持ちが変わるくらいだったら、なんだよっていう話ですからね。

-そうですね。自分たちもそういう局面を乗り越えてきたことはありましたか。

石坪:うーん、1stアルバムの『DOWN TO EARTH』('08年)のときくらい?

高橋:続けるかとかというよりも、つらいって思っていた時期かもしれない。ツアーも組み方がむちゃくちゃだったしね。

石坪:32日間、出っぱなしとか。やってみないとわからないからやってみようっていう感じで、それこそやみくもにやっていた時期だったんですよね。そのときくらいかな。それを経て、今はすごく楽しいと思えているので。経験としてはよかったかなと思いますけどね。

-それを経て、やるべきことがわかった、というのにも繋がるわけですね。アルバムには12曲収録されていて、11曲目の「Lifework」という曲で1回、ドラマティックに作品が終わる感じがありますよね? ミドルテンポのスケールの大きな曲でドラムの余韻がアルバムのエンディングを匂わせているんですが、その次に「Sunflower」というまたちがったタイプの曲がくる。こういう曲の流れっていうのは考えていたんですか。

阿部:ほんとは「Lifework」で終わりたかったんですけど、でも「Sunflower」をどこに入れるかで、置きどころに迷っちゃって。「Lifework」を最後に持っていく体で考えていたんですけど、でもできて聴いていると「Sunflower」が最後の曲っぽいなと。このアルバム自体明るいというか、前作、前々作に比べると"陽"な雰囲気があるので。だったら、そういうふうに終わって、また1曲目に戻ってというほうがいいなっていうので、「Sunflower」を最後に持ってきました。

-この曲があるのとないのでは、印象もちがいますからね。

阿部:そうですね。前向きなアルバムだと思うので、前向きに終わろうと(笑)。しっぽりというよりは。

-すごくほのぼのしてる、ポップな曲ですね。

石坪:「Sunflower」はもともと高橋に歌ってもらおうと思って僕が考えていたメロディなんですけど、それに高橋が書いた歌詞をのっけて、そんな感じっていう(笑)。

高橋:日常にありえるストーリーを書けたなと。曲自体も雰囲気があるし、歌詞を見た時に聴いた人のなかで映像が流れたら楽しいなって思って。そういう歌詞を書いてみました。あとはちょっとこういうシチュエーションに自分が出会ったら素敵だなと(笑)。

-では最後に、アルバム・タイトル『BLINKS』の所以とは。

石坪:BLINKSっていうのはもともとは下北沢SHELTERでやっている自分たち企画のイベント名なんですよ。それはそれぞれのバンドが持つ輝きみたいな意味で、BLINKSだったんですけど、それは今回作った曲にも当てはまるんじゃないかなと思うので。

高橋:そう。1個1個が瞬いてる感じがあって、もうこれ以上の言葉は出てこなかった。

石坪:なので今回、題名に使っちゃいました(笑)。