Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

AIRFLIP

Skream! マガジン 2022年01月号掲載

2021.12.18 @下北沢LIVEHOLIC

Reported by 山口 哲生 Photo by watanabe"KOOL"syo

現在、約3ヶ月にわたる全国ツアー"RED Tour 2021-2022"を開催中のAIRFLIP。ツアー初日の下北沢LIVEHOLIC公演には、ゲストとしてFOUR GET ME A NOTSが出演した。AIRFLIPのメンバーいわく"大好きな先輩"からの熱い激励を受けとった彼らは、最新アルバム『RED』の1曲目でもある「Mayday」でライヴをスタート。Satoshiがギターをかき鳴らしながら歌い始めると、フロアから拳が上がり、高揚感を強烈に上げていくポップ・パンクに、場内の熱が一気に高まっていく。新曲の手応えをバッチリと感じたようで、ワンコーラスを終えたあと"シモキタいい感じ!"とSatoshiが叫び、その勢いを加速させるように「New Coaster」へ。Fujimon(Ba/Cho)がオイコールでオーディエンスを焚きつければ、Gucciもエモーショナルにギター・ソロを弾き倒し、矢継ぎ早に曲を繰り出していく。

今回のツアーは、アルバム『RED』のリリース・ツアーなのだが、初日の段階ではまだ発売前という状況。しかし、陽性なサウンドを走らせていく「The Fighter」にしろ、Satoshiの伸びやかなハイトーンに、GucciとFujimonのコーラスが寄り添って楽曲をより鮮やかにした「Water Mirror」にしろ、この日披露された新曲はどれも好反応だ。ツアーを通して、ここから楽曲がしっかりと育っていく確信を、メンバーもフロアも感じていただろう。

そこからも"ポップ・パンクは好きか!?"というアジテーションから突入した「Butter Kids」や、「Call Me David」ではフロアを激しく揺らし、「Lost Wave」ではハードでアグレッシヴなサウンドで駆け抜けていたのだが、サポート・ドラムのMasunori含めて、メンバー全員が終始笑顔。そんな彼らの姿であり、音がオーディエンスに伝播し、盛り上がった熱によってメンバーのテンションが上がるという、(この数年どうしても体感しにくかった)なんともライヴ然とした空気が場内いっぱいに広がっていた。もちろん感染対策のため守らなければならないルールもあり、"俺らが本当にやりたいライヴができるのは、もうちょっと先になりそう"とSatoshiも言う。しかし、"少しずつもとのライヴハウスになってきて嬉しい"と話し、新型コロナウイルスの影響で活動が思うようにできなかった時期を振り返りながら、その期間で"改めて自分たちが活動を続けていく意味を学べた"と、フロアに語り掛けた。

"もし、ここで音を止めてしまったら、今までの思い出がすべて消え去ってしまうような気がして。これからも、続けていく限りはみんなにも出会えると思うし、人生が豊かになると俺は信じているので、俺は歌っていきます。大変な時期やし、みんなもそれぞれの場所で戦ってると思うけど、もし今日のライヴで元気を得られたら、それを落ち込んでいる人たちに分けてほしいし、もし自分の元気が足りなかったら、俺らのライヴに来てくれたら、いくらでもちょっとだけ背中を押すから。またライヴハウスで会いましょう!"(Satoshi)

音を止めずに続けていく。急遽ダブル・アンコールとして届けられた「We Promise」まで、徹頭徹尾、そんな彼らの意志が強く漲るツアー初日だった。今回のリリース・ツアーは3月まで続くので、ぜひとも今の彼らが作り上げるライヴを体感してもらいたい。また、最新アルバム『RED』は、彼ららしいポップ・パンクを磨き上げつつ、新たな挑戦を試みた作品でもあるのだが、後者にあたる楽曲は、発売前ということもあり披露されていなかった。それがここからどんな影響を与えていくのか。それも含めて、このツアーで彼らが得るものを楽しみにしたい。

  • 1