Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

AIRFLIP

Skream! マガジン 2020年04月号掲載

2020.02.24 @渋谷TSUTAYA O-Crest

Reported by 秦 理絵 Photo by @ayumee_gdw

いざ、新天地へ――そんな意味合いを込めたメジャー1stフル・アルバム『NEO-N』を引っ提げた、AIRFLIPの全国ツアー"NEO-N Tour 2019-2020"のファイナル公演が渋谷TSUTAYA O-Crestで行われた。昨年10月の渋谷GARRET udagawa公演を皮切りに、対バン18本を経て、東名阪ファイナル・シリーズまで約4ヶ月半にわたって駆け抜けてきたツアー。その集大成となったこの日は、Track'sとSHADOWSを迎えた3マン形式で開催された。"今年で一番楽しい!"と、生田楊之介(Vo/Gt)が感情を爆発させ、盟友 AIRFLIPのツアー成功を祝ったTrack'sのあと、昨年6月にTOTALFATの主催イベント"ASIAN PUNK FOUNDATION"で共演したことをきっかけに、今回の対バンが実現したSHADOWSが破壊力のあるパフォーマンスを見せつけると、盛大なハンドクラップに迎え入れられ、Satoshi(Gt/Vo)、Gucci(Gt/Cho)、Fujimon(Ba/Cho)、Ritsuya(Dr/Cho)がステージに登場。エネルギッシュなライヴで最高の景色を作り上げた。

最新アルバム『NEO-N』でもオープニングを飾る「Fly Away」からライヴが始まった。Ritsuyaが叩き出す疾走感溢れるビート、躍動感溢れるFujimonのベース・ラインに乗せて、歌に込めた感情を増幅させるようなGucciのギターが伸びやかに駆け抜ける。『NEO-N』の制作では、プロデューサーに元YELLOWCARDのWilliam Ryan Keyを迎えたシビアな音作りを経験したこと、さらに、ここまで20本のライヴも終えて、脂の乗った状態に仕上がったバンド・サウンドを背負い、ステージ中央に立つSatoshiは流暢な英語詞のメロディを紡いでいく。"ええ顔してるなー"と、お客さんの顔をのぞきこんだ「Voice」から、Satoshiの社会人経験が生んだ"待ち遠しい日曜日"をテーマにした晴れやかなナンバー「Sunday」、そして、"みんなのおかげでここまで来れた"という熱いメッセージを添えた「Because Of You」へ。ステージからの一方通行ではなく、お客さんの声を巻き込み、そこにいるひとりひとりの存在を確認しながら進んでいくAIRFLIPのライヴには、とても強い一体感がある。

"みんなに祝ってもらい続けた4ヶ月半だったから、終わってしまうのは寂しい"(Satoshi)と、ツアー・ファイナルを迎えた複雑な心境を明かした中盤。「Days In Avenue」や「Summer Settle」といったサマー・チューンを連発したあと、Satoshiは"みんなの顔を見たら、今までやってきたことは間違いじゃないと思った"と、バンドの歩みについて想いを馳せた。さらに、"俺らはもっとたくさんの人に聴いてほしいし、大きなステージに立ちたい"と、バンドのこれからについて言葉を重ね、届けたのは、その想いを楽曲へと刻んだ「Meaning」だった。AIRFLIPの楽曲は、ほとんどが英語詞だが、この曲は日本語で、暗闇でもがき続けてきた過去と、未来への希望がストレートに綴られる。それは、AIRFLIPが存在する意味そのものの歌だった。バンドに全力を注ぎ、葛藤を乗り越えていく。その生き様が、私たちの勇気になることを彼らは願っているのだ。

ステージを真っ赤に染めたマイナー調のロック・ナンバー「Lost Wave」から、カーニバルのような軽快なリズムが弾んだ「Canvas」へ。ポップ・パンクの文脈の中で語られることが多いAIRFLIPだが、彼らが鳴らすサウンドはその枠だけには留まらない。バラエティ豊かな楽曲で集まったお客さんの心を揺さぶり続けたライヴの終盤、"床が抜けるようなジャンプをお願いします!"と煽った「Butter Kids」からは、いよいよ後半戦に向けて熱狂を加速させていった。"世の中どんどん時間が早く過ぎ去っていくから、一秒一秒を胸に留めようぜ"と熱く伝えた「Lights On」、"俺らも日々頑張っていくから、一緒に生きていきましょう"と鼓舞した「Memory」へ。メンバー全員が持てる力をすべてぶつけ、最高の到達点まで上り詰めたところで投下されたラスト・ソングは「Brand New Day」。"自分のために歌えよ!"というSatoshiの言葉を受け、約250人が埋め尽くした満員のフロアが巻き起こした特大のシンガロングに包まれて、本編は幕を閉じた。

アンコールでは、"懐かしい曲を"と紹介した「Ringing From The West」と、これからも仲間とともに一歩一歩進んでいくという想いを込めた「Dear Friends」の2曲で、ライヴは終演。全17曲を披露した約1時間のステージは、その空間を共有するすべての人たちを"仲間"と呼び、ライヴハウスという場所こそ明日を生きる糧にする、そんなAIRFLIPの信念が強く伝わってくるライヴだった。


  • 1