Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

FOUR GET ME A NOTS

2013年03月号掲載

FOUR GET ME A NOTS

メンバー:石坪 泰知 (Vo/Ba) 高橋 智恵 (Vo/Gt) 阿部 貴之 (Dr/Vo)

インタビュアー:吉羽 さおり


-それがいいエッセンスになっていますよね。「Independence」は、背中を押す曲だけど、歌詞も曲もその押し方が結構激しい曲で(笑)。ポジティヴさ、力強さが出てる。合宿のときには、なにかしらアルバムのテーマや匂いは持っていたんですか。

石坪:3人のなかで共通していたのは、より伝わりやすい曲とか、共有しやすい曲とか、そういうところを意識していて。メロディも、ライヴでお客さんが口ずさみやすいとか、歌詞のフレーズひとつとっても歌いやすさとか、心に残るものというところは意識をしましたね。アルバムの軸としてはそのくらいで、それ以外は自由にやっていました。

-"ライヴ"っていうのは曲を作る際に頭に大きくあった?

石坪:そうですね。昨年1年間で、自分たちのいる畑とはちがうバンドとライヴをやらせてもらう機会が多くあって。そのなかで、こういうやり方もあるんだなとか、こんなにみんなで楽しい気持ちになれるんだなっていうのを肌で感じたことがあって。自分たちのライヴでももっとにいろんな気持ちになれて、一緒に歌ったりとか、もっと共有できるような曲を作って、そういういいライヴができるんじゃないかって思っていたので。それが作品のきっかけにもなったと思います。

-なるほど。歌詞の面でも端的に言いたいことが凝縮されましたね。以前の切なさとはちがったところに踏み込んでいますよね。

石坪:腹が据わってきたというか。自分が言いたいことも決まってきたというのは出ているのかなと思います。

-自分自身に向けた言葉っていうのもあるんですか。

高橋;自分に関しては、自分の目の前で考えていたことを投げかけて手を差し伸べるというか、そういう感じが今回はあるかもしれないです。

-引っ張っていくんだという気持ち、立ち止まっている人、考え込んでいる人を後押していくという思いは強いですが、ここには進んで行かなくてはという自分たち状況を反映してもいるんですか。

石坪:やっぱりネガティヴでいるよりはポジティヴでいるほうが絶対に進めるし。どんだけ自分をポジティヴな状態にできるか、で、その上で前に進めるかっていうのはつね常に考えていますね。

-常にポジティヴでいるって難しいこともありますが、今は余分な重りを落とした身軽さがあると思います?

石坪:そうですね、楽しいですね今は(笑)。

-続けていることに対して"楽しい"言えるってすごくいいですよね(笑)。

石坪:やるべきことがはっきりしてこれているんですよね。自分がやるべきこと、このバンドでやるべきことっていうのが、はっきりと見えてるのがその所以だと思います。自分たちが進みたいところとか、それに対して自分たちはなにをしなきゃいけないのかとか、そういうのもちゃんと話しあえているんですよね。みんながちゃんとその方向を見れているのが、楽しい理由だと思うんです。

-では、今このバンドでやりたいこと、やるべきことは具体的にどういうことでしょう。

石坪:アルバムができて、今は曲の練習とかもめっちゃしていて、それでツアーをまわるっていう――まあ、すごく単純なことなんですけど、その単純なことに意味を感じてやれているんですよね。今までとはまったくちがうツアーがまわれるんだろうなっていう期待感があって。それに対してよりよいツアーにするために練習をがんばるっていうのが、今やるべきことかなっていう。単純なことでも自分たちでちゃんと理解をしてやりたいこととしてやれているっていうのが、大きい。ただやみくもに練習をして、これ何のためにやってるんだろう?みたいな感じになりたくはないじゃないですか。そこはちゃんと3人がそう思ってやらなきゃいけないことだし、徐々にそれができているのかなと思います。

-伝えたい気持ちがあって、それを込めた音楽があって、どういうモードでやっているのかがライヴで伝わればすごくいい形ですよね。それがはっきりしたみたいな。

石坪:そうですね。いざライヴで、さっきも言ったようなみんなが共有できるようなライヴができるんじゃないかな、それがしたいというのが今いちばんやりたいことではありますね。

-それぞれの曲についてもお伺いします、各曲3人の気迫が音になっていますが、リード曲の「Left behind」などはすごく硬質で、アグレッシヴなサウンドで、歌詞には"生きた証を残す"という強く、重みのある思いがのっていますね。

石坪:今の年齢になってきて、自分たちは自分たちで進んでいくのはもちろん必要なんですけど、自分たちの後輩とか自分たちの子どもとか――まあ、子どもなんかいないですけどね(笑)。後ろに残していく、繋げることっていうか、自分たちがポンと進んでそれで終わってしまっては何の意味もないっていうことをすごく最近感じているんです。自分たちがやっていることを、後輩が見て影響を受けてくれて自分たちを超える存在になってくれたり、そういうふうになったらもっと良くなると思うし。そういう役割もちゃんとやらなきゃなっていうのも、最近は思っていて。横の繋がりとかは結構できたと思うんですけど、縦の繋がりももっと太くしていかないとなと感じて書いた歌詞ですね。

-自分たちの背中を見てきてくれているんだなって感じるバンドもいます?

石坪:地元にはいるんですけど、全然まだまだですね(笑)。