Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

sleepy.ab

2013年02月号掲載

sleepy.ab

メンバー:成山剛 (Vo/Gt)

インタビュアー:石角 友香


-sleepy.abって、音楽も活動に関しても、誰も批判しないし。

うん。だからなんとなくあり続ける。そこが怖いですよね、逆に。

-“もっと新しい曲調ないのかなぁ”とは思ってましたけど。ただ新作が出るたびにクオリティが高いからそういうふうには言わないんだけど。

そうなんですよね。

-“もっと面白いことやってもいいんじゃないの?”っていう。

そういうところに……戻ろうって意志みたいのはありましたね。「undo」なんかは、ホントにそういうところが強く出てる曲かなと思うし。

-そういうところにメンバーの中で1番意識的なのって、誰なんですか?

……山内なんかはそうでしょうね。

-山内さんはハタから見ると、ひとりで不思議なことやってる人みたいに見えるけど実はそうじゃないと。

けっこう毒があるタイプというか、音とか。なので、お互いのあり方というか、やりながら研究してきたところがありますね。

-ふたりになるとどういう話になるんですか?

う~ん、例えば山内のライヴ見てて“最近面白くないかもね”とか(笑)。エフェクターのさばき方が面白くなかったり……特にギター・山内憲介として“こうやってほしいな”みたいな話はしました。

-十分面白いんだけど、それが型にはまっちゃうと?

うん。うまくなってきてる感じがしたから(笑)、もうちょっと不思議な感覚で、と。

-(笑)。逆に山内さんにはなんて言われるんですか?

山内はあんまり言わないんですけど、今回は山内が歌のメロディをつけた曲が3曲あって。もう、デモの時点で自分で歌ってたんですよ。

-言葉では言わずに実行したと。

はじめ、「Lost」の1回目のレコーディングの時、山内がメロディをつけて持ってきて、“あ、つけてきたんだ”と思って、俺もつけて。Aメロは山内のほうがいいな、Bメロは俺のほうがいな、サビは俺だ、ってくっつけてやったんですけど、山内的には気に入らなかったのか、そのあと自分で全部つけてきたんですよ。そういうところでメロディのマンネリ化みたいなものを感じてるんだなっていうのはわかって。

-ほっとくと成山さんが歌いやすいメロディになる?

そうそう。そこで、“こうやったほうが面白いんじゃないか?”ってことを山内は自分で実行していったんですけど、それはあんまり口で言わないんですよね。そう思ってるのはわかってる(笑)。「euphoria」も「undo」もメロディは山内なんです。

-へー。それはかなりの意思表示ですね。そして「Lost」が面白いのは、今までと違う歌メロディというだけじゃなくて、これ小田和正さんが歌ってもいいんじゃないかっていう(笑)。

ハハハ。けっこういい曲ですよね?

-すごくいいメロディ。だし、他の人が歌うのを想像できるのが新しいなと思って。しかもそういうメロディもあれば「undo」のように聴く楽しみのある体験型の曲もあるし。

うん。

-この曲はいつ頃できたんですか?

これは去年の春から夏にかけてかな? 津波が脱退するって言ってたのが一昨年の12月頃なんですけど、その後、3人ともけっこう“どうしようか?”ってなってて。レコーディングの第2クールが吹っ飛んで、4月ぐらいまでなんだかんだ制作ストップして。“ドラムどうしようか?”も含めて、なんか手につかないっていうか。落ち込むっていうより“どうしよ?”って感じでしたね。