Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

SpecialThanks

Skream! マガジン 2017年08月号掲載

2017.07.14 @新宿LOFT

沖 さやこ

SpecialThanksのソングライターであるMisaki(Vo/Gt)の心境の変化がそのまま素直に楽曲制作にも反映された最新作『Anthem』。それを引っ提げて開催された全国ツアーのファイナル公演は、メンバー4人のナチュラルな姿が見られるステージだった。まったく異なる個性を持つ4人のそれぞれの人間性が反映された演奏は、鮮やかに様々な色を放ち続けた。

ドラムの音が鳴るとステージ前のスクリーンがゆっくりと上がり、ステージにはHiromu(Ba/Cho)、Chikai(Gt/Cho)、yoshi(Dr/Cho)の3人が。彼らが「singing」のイントロを奏でていくと、センターにMisakiが現れた。フロアからゆったりクラップが沸き、Misakiはゆっくり観客を見渡し、堂々とメロディに歌を乗せていった。そこから間髪いれずにファスト・ナンバー「午走-umahashiru-」へ繋ぎ、ステージ付近はすぐさまモッシュ・ピットへと変貌を遂げる。Misakiが"手を叩けますか? 歌うのは好きですか?"と呼び掛けた「DOUNARUNO!?」では大きなシンガロングが。序盤3曲で会場の空気もあたたまったようだ。

yoshiが"新宿LOFT、調子はどないでっか? まだまだ行けますか!?"とノリのいい関西弁で煽るとバンドも観客もさらにヒート・アップ。Misakiは落ち着きながらも熱いハートを込めた歌を歌い、凛とした佇まいを見せる。ムードメーカーのyoshiは笑顔を見せて爆発力のあるリズムを叩き出し、コーラス以外にも口ずさみながらプレイすることもしばしば。HiromuとChikaiはひたむきに音を繰り出し、Misakiのヴォーカルを支えていく。メンバー全員の人となりが見える演奏とステージングだ。「You don't care about me」ではMisakiがハンドマイクで歌唱。彼女のナチュラルな笑顔がこの日の充実を物語っていた。

「heavenly」後のドラム・ソロの最中に突如Hiromuがステージ袖にはけると、そこに鳴るの藤原美咲(Ba/Vo)が登場。このツアー中にHiromuが体調不良で4公演を欠席し、その代役として招かれたのが彼女だった。"どうせならファイナルも出てほしい言うて、美咲ちゃんを呼んじゃいました!"とyoshiが言い、最新作から「summer drive & summer dive」、1stミニ・アルバム『SEVEN COLORS』収録の「I don't know」など4曲を彼女とともに届ける。そのときHiromuはステージの上手側でその様子を眺めており、さりげなくChikaiのマイクを借りてコーラスを入れたりしながらサポートしていた。 Hiromuが帰還するとライヴも折り返し地点へ突入。ラストに向けて加速する。「SECRET GIRL」では前のめりに荒ぶる音像で観客を惹きつけ、長い髪を振り乱しながらギターをかき鳴らすMisakiの姿も非常に頼もしい。"私にできることは歌うことしかないから、しっかり全力で心を込めて歌います"と語った彼女が"みんなのおかげでできた曲を歌います"と言い演奏された「心を震わせて」は全員の出す音が聴き手に語り掛けるようなあたたかい音色で、Misakiの歌を包み込みながらスケールを広げていった。サークルとスカ・ダンスとジャンプが巻き起こる「Mr.DONUT」のあとは「tokyoサンセット」でクールダウン。バリエーション豊かな『Anthem』の楽曲たちは、ワンマンのセットリストでもいいギミックになっている。生き生きと感情豊かに響くMisakiの歌声からも、彼女の伝えたい想いがメロディと歌詞へと形を変えたものが『Anthem』の楽曲たちであることを痛感した。

"今日も(聴き手の)目の前で歌えてよかった"と語るMisakiは、『Anthem』の楽曲を作り始めたころに生まれた意味について深く考えたという。"バンドで作った音楽であなたの人生に彩りを与えられたら、それが自分の生まれてきた意味だとしたらすごく幸せで。本当にそうだったらいいな......と思ったら歌うことがもっと好きになった"と話す彼女の声は涙で震えていた。そのあとに披露された「happy」はこの日最も勇敢な音色だった。彼女の気持ちが彼女のメロディと言葉によって彩られ、そのメロディと歌がバンド・メンバーによって彩られ、そうしてできあがった音楽がこのライヴハウスに、そして我々のハートに彩りを与える。音楽のピュアな気持ちの尊さに胸を打たれた。

アンコールはまずMisakiとChikaiのアコースティック編成で「LIFE to go」を届け、メンバー全員で「HELLO COLORFUL」を演奏。だが観客のダブル・アンコールを求める声はやまない。再びステージに登場した彼女たちは、初期の代表曲である「You say GOOD BYE」で全国ツアーを締めくくった。これからMisakiはどんな気持ちを音楽にしていくのか、異なる個性を持つ4人が生み出す団結力がこの先どんな強さを見せていくのか。今後も注目したい。