Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

プピリットパロ

2017年09月号掲載

プピリットパロ

プピリットパロ

Official Site

メンバー:福(Gt/Vo) アマノカオリ(Ba/Vo) まもぽーる(Dr/Cho)

インタビュアー:岡本 貴之

-そこに行き着くまでに、ご自分たちの中で子供みたいにバンドで遊ぶ無邪気さみたいなものがなくなっていたところがあったということなんでしょうか。

福:う~ん、あったかもしれないですね。結構、バンドの運営のこととか、すごく頑なに物事を考えていたなって。バンドのことだけの話ではないんですけど。1回、バンドを始めたころの衝動みたいなものを忘れてみようと思ったんです。もっともっと小さいころから覚えていること、ファミコンの8bitの音みたいにずっと覚えているものというか。だからすごくポップなものにしたかったし、でも大人って言えば大人なので、そういうクソガキ精神を大事に持って作ろうと思った結果、こういうアルバムになっちゃいました(笑)。

-バンドの初期衝動どころか、楽器を始める前の自分たちにまで遡っているんですね。そうすることで「ばあば」のような曲が生まれた?

福:僕の母親が去年のツアー中に亡くなりまして。この曲は、そのときに僕の甥っ子とか姪っ子たちの感覚で作りました。僕にとっては母親で、姪や甥から見るとおばあちゃん、という感覚で作った曲です。唯一まともな曲なのかなくらいの......。

アマノ&まもぽーる:あははははは!

-そんなことないと思いますけど(笑)。じゃあ「サバイバルエリート」なんかは、"自分たちはまともじゃない"と思ってやっているわけですか。

福:そうですね。もう、まともじゃないというか"とにかく超カッコいいことをやりたい!"というだけでやってますから。

-3人のテンションが合っていないとなかなかできないですよね。福さんの書く世界というのは、アマノさん、まもぽーるさんからするとすべて受け入れている感じですか。

アマノ:改名してから、ここ最近はそうなってますね。

まもぽーる:はじめはぶつかることもあったけどね。

アマノ:ぶつかると進まないんですよ。何か、感覚的に違う部分があったりとか。極端な話、曲はカッコいいロックなんだけど、うちらからすると歌モノに聴こえる、とか。じゃあどうアレンジしていこうかっていうところでずーっと行ったり来たりして。

福:着地しなくなっちゃうよね。

アマノ:じゃあもう、任せよう、受け入れようと。

まもぽーる:進まないしイライラするし喧嘩もするし、それだとやってられないから、だったらいいや、くらいにやってたら、だんだん良い方向に来てるもんね、実際に(笑)。

福:こっちが言うことを、ふたりが寛大に"あぁ、OK、OK"っていう感じでやってくれるみたいな(笑)。

まもぽーる:はじめは、むかついてワーッて言って喧嘩とかしてたけど、それ自体が面倒くさいからもう喧嘩するのは止めよう、と。

アマノ:そうそう。

福:喧嘩しなくなりましたね。特に改名してからは。

-「ドランクモンキー」がカッコいいなと思ったんですけど、これは何について歌った曲ですか?

福:これは、僕が小学校時代に好きだった女の子に対する、愛情表現の伝わらなさ、求愛方法失敗曲というか(笑)。全然伝わらないな、という。本当によく、女の子を泣かせていたんですよ、好きな子ほど意地悪をしてしまうみたいな感じで。それをそのまま書いてます。時系列はグチャグチャなところがありますけど、当時流行ってたワードを入れたりしていますね。消しゴムの"まとまるくん"とか。それと"バッドばつ丸"をかけたりしているんですけど。昭和から平成元年くらいの生まれの人ならわかると思います。

-ラウドロックっぽさから、ファンク、フォーク、カントリーと、いろんな音楽が入ったアルバムですけど、"これがプピリットパロだ"っていう曲を挙げるとするとどの曲になるんでしょう。

福:ちゃんと3人が主役になっていけるバンドがいいなと思っているので、ドラムも含めて全員歌ったりして、あえて仕事量が多いことを3人でやってるんですけど、それがあからさまにわかるのが「サバイバルエリート」だと思います。ライヴは大変だなっていう感じで、今黙々と練習してますね。とにかくレコーディングから始めちゃう場合が多いので、ライヴでまだやってない曲もあるんですよ。「B」、「ろくでなしボク部ルース」、「キッズリターンマーチ」はライヴでは最近よくやるようになったんですけど。どちらかというと、頭の中で鳴っているものを全部作品として作ったあとに、じゃあ3人でやるときはどうしようかって、やり方を考える感じです。

-これライヴでできるのか!? という曲はありますか。

アマノ:やっぱり「サバイバルエリート」ですね。演奏は難しいし言葉数も多いので。

まもぽーる:これは難しすぎる。

福:これはお客さんの力が本当に必要です。なんとか"ファイナルフラッシュ"はお客さんに言わせようみたいな(笑)。それを言ってくれれば大丈夫です。

-福さんとアマノさんはどういう分担でヴォーカルを分けているんですか。

福:歌詞とかは置いといて、作ったメロディの中で"このメロディ感ならカオリさんが歌った方が気持ちいいかもな"っていう感じですね。