Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

Dr.DOWNER / CRYAMY / しんきろうのまち / Hue's

Skream! マガジン 2019年07月号掲載

しんきろうのまち

Official Site

2019.06.11 @下北沢LIVEHOLIC

Reported by 沖 さやこ

LIVEHOLIC 4周年イベントの第3回目にはジャパニーズ・オルタナティヴ/パンク/インディー・ロック・バンドが集結。初手、大阪の4ピース Hue'sはロマンチックな青さ、泥くささと清涼感があるサウンドで会場を満たしていく。少々シニカルな空気感から覗く無邪気な感性が眩しい。落ち着いたトーンの歌声と伸びやかなメロディは、じっくりと痕をつけるように染み込んでくる。緩急とギミックの効いたアンサンブルや曲展開など、隅々までバンドのポリシーが通っていた。ミディアム・ナンバー「You say hello」では地に足のついた演奏を響かせ、まどろみのなかにいるようなサウンドスケープが心地よかった。


サポート・ドラムとサポート・ベースを入れて活動中のしんきろうのまちは、バンド名のような夢心地感と吐息を感じるような生々しさを内包したサウンドで魅了する。甘くほの暗いポップネスに混じる激情はとても堅実だ。ミディアム・テンポの新曲のあとに披露された「足りない」は、イントロの透明感のあるギターが眩しく、瑞々しい8分の6拍子のリズムに乗せてエモーショナルに響いた。ラストの「bokura」は渾身の演奏。澄み渡りながらも血なまぐささもある催涙性の高い楽曲とプレイ、感情が溢れるヴォーカルは、観客を強く引きつけ離さない。アウトロが鳴り止むまで、その気魄が途絶えることはなかった。


JOY DIVISIONの「Disorder」をSEに登場したのはCRYAMY。クレイジーに暴れまくるフロントマン&ギタリストと、人格者的佇まいのリズム隊が繰り出す、荒々しくはみ出し続ける衝動的且つセンチメンタルな音像は、たちまちこちらの心臓をかきむしり焚きつける。カワノ(Gt/Vo)がsyrup16gの話題を出し同バンドの楽曲「生活」のサビを歌うと「物臭」になだれ込み、"独りよがりで始まったけど、人にしてもらったことを返したいと思ってバンドをやっている"と語り、「月面旅行(仮)」に真摯な想いを込めた。気怠くひりつきながらも、ピュアで茶目っ気もある音色は今後さらに勢力を増すだろう。


トリのDr.DOWNERは繊細なタッチも鋭い轟音も、終始フレッシュ。殴りかかるような衝撃も歓喜の興奮も嘘偽りなく存在するそれは、隅々まで壮絶でドラマチックだ。「1999」の"どうやったって感情は正しいほうにしか行かないぜ"を体現する、スピード感のあるステージに息をのむ。縁日の風景を描く「冥土 September」、猪股ヨウスケ(Vo/Gt)が喉を枯らすように叫んだ「kurage」あと、"人間は悲しみとか悩みとかを背負って生きていかなきゃいけないんです、そういうふうに決まっています"と言い演奏された「ライジング」はその覚悟を決めた人間にしか出せない、強い意志とユーモアが効いた痛快なアクトだった。 爆音で鳴り響く四者四様の美学。ライヴハウスでしか味わえない誇り高き一夜であった。

  • 1