Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

超能力戦士ドリアン

2020年06月号掲載

超能力戦士ドリアン

超能力戦士ドリアン

Official Site

メンバー:やっさん(Gt/Vo) おーちくん(Dance/Vo) けつぷり(Gt/Cho)

インタビュアー:稲垣 遥

-「人見知RIVER」は先ほども話したメタル・テイストの曲ですが、どうしてこの歌詞にこのテイストでいこうと?

やっさん:僕が歌詞を考えた時点ではこの曲調になると思ってなかったんですけど、全曲アンセム的な感じで作っていくとどうしても曲調が寄っていくんで、思いっきりけつぷりに突き放してもらいました。レコーディングに来たら、すごくドラムがドコドコ鳴ってたんで、"あ、ここまでいくんや"っていう感じはあったんですけど(笑)、メロのキャッチーさと演奏の重さや激しさがちょうどいい感じになったんで、なんかメタルの入門編の1曲みたいな。

一同:はははは(笑)。

-メタルを聴いたことがない人もここからなら入りやすいという(笑)。

けつぷり:そうそう。僕らのお客さんって基本的にメタルとか、ああいう激しいのを聴く客層じゃないと思うんですよね。そこに対してあえてああいう曲調を当てていって、でも、好きになってもらえる曲って言うのを目指してやりました。

-これまでになかったテイストなぶん、ライヴでもガラッと雰囲気を変える曲になりますね。

けつぷり:どうしようかなぁってまさに考えているところです。

やっさん:まぁでも、結果として考える期間たくさんできたんで良かったです。

けつぷり:(笑)ライヴがないんでね。

やっさん:あと流れよりも、おーちくんがライヴで歌えるんかなっていうのはあるよね。最後の"アァーッ!(※高音シャウト)"みたいなところは自信あるん?

おーちくん:この曲こそほんまに音程高いですね。

やっさん&けつぷり:はははは(笑)。

おーちくん:この曲はライヴでする想像がまったくつかないんで、なんとか固めとかんと。怖いですね。この曲怖いです!

-まさにそこが楽しみだなと思ってました。

やっさん:あれ、自分でわかってても聴いたら笑っちゃうんで、初見でCD買って、聴いてて急に"アァーッ!"って言い出したらおもろいやろなと思うし、ワクワクしてます。

-反応が楽しみですね。

おーちくん:あれはエンジニアさんが録っていくなかで"ちょっとさぁ、これ最後シャウトできん?"みたいなことを言って、謎の悪ふざけから生まれたものなんで、あの人にお願いして良かったなと。

-速弾きのギター・ソロもありますしね。

けつぷり:そうですね。僕のルーツというか、高校生のときにそういう曲をやってました。

-この曲は、ライヴで試すには練習がいりそうですね。

やっさん:少なくとも僕は弾けないと思います。

一同:(笑)

おーちくん:現時点ではね。

けつぷり:ちょっと、頑張って教えます。

-そして、ラストの曲「満足バロメーター」は、すごくいい曲ですね。序盤から"娯楽が山ほどある中で僕らを見つけてくれてありがとう/後悔は絶対させたくないよ"と、まっすぐなリスナーへのメッセージですが。

けつぷり:改めて読まれたらちょっと恥ずかしいですね。

やっさん:比喩とかが恥ずかしくなるタイプなんで、こうなりました(笑)。前作の「二番煎じって感じ」もそうだったんですけど、たくさん曲を入れられるときは1曲真面目な曲も入れたいなっていうのがあって、その流れで今回も入れました。さっきと同じにはなっちゃうんですけど、お金払って買って聴いてくれた人をがっかりさせないように頑張りますっていう曲にしようと作りました。

-特に、"お金"という部分にも触れているのがキーになっていると思います。払ってくれた大切なお金を上回る満足を与えたいという言葉は、すごく誠実で、想像やきれいごとではないなって。

けつぷり:深いなぁ。

やっさん:本当にライヴも音源も、がっかりされたら2回目はないんで。それを自分で言うのはハードル上がっちゃうんですけど、それでも大丈夫なアルバムになったんで、最後の曲にしました。

-他の曲も含めて、今作の制作で難航したところはありましたか? わりと時間はかけたようですが。

やっさん:結構すんなりいったかなぁ......でも、「尊み秀吉天下統一」っていう曲が滑り込みで入った曲なんで。

けつぷり:あぁ、ぎりぎりやったな。

やっさん:「口から炎を吐けたら強い」や「パンケーキ量多い」は前からアイディアとしてはあって、それを形にしていったんですけど、「尊み秀吉天下統一」は急に思いついて、作ってすぐにGOやったんです。そのスピード感やったけど、クオリティ高く作ってくれたんで、けつぷりは頑張ってくれたんちゃうかなぁっていう。

-和のテイストを取り入れたロック・サウンドですよね。

やっさん:リフは僕の鼻歌の時点であったんですけど、何も考えずに降ってきたものでした。

けつぷり:たぶん"秀吉"に引っ張られたんやろなぁとは思います。

やっさん:(笑)無意識にな。

-"尊み秀吉天下統一"って言葉は言いたくなるフレーズですね。

やっさん:ほんとにドラマの"恋つづ(恋はつづくよどこまでも)"観ながらみんな言ってくれたらいいなぁって。

-みなさん自身、今作を振り返ってみてどんな作品になったと感じていますか?

おーちくん:初めに言うてたんですけど、タイトル通り"ハンパねぇ名盤"って言ってもいいくらいのクオリティの曲たちになって、それをお客さんに届けられるんじゃないかなぁって思うんで、お客さんのもとに届くのが楽しみな1枚ですね。

けつぷり:今までのCDだったりリリースした曲だったりは、出してから後悔はないんですけど、もっとああできたなというのが次々と浮かんでくるような状態やったんです。今回、現時点で心配なことはないし、早く聴いてほしい、早く世に出したいっていうことしか思い浮かばないくらい自信作で、ワクワク感ばっかりの1枚にできましたね。

やっさん:このアルバム以前と以降みたいな分け方ができるアルバムになったと思うんで、これを発売以降セットリストに大きな影響与えるんちゃうかなみたいな作品になりました。

-初回盤には昨年の心斎橋BIGCAT公演("スペシャルな公演")の映像が収められていますが、ご覧になられてみていかがでしたか?

やっさん:おーちくんがすごく汗をかいてましたね。あと、おーちくんが空飛んだり、恐竜をいっぱい出したり、改めて外から作品として初めて観て、いろんな演出してたなと思いました。周りの環境がありがたいなというのがあったのと、逆に次はもうちょっとこうしたいというのも出てきましたね。

-以前のインタビュー(※2018年7月号掲載)で、そのときの会場の規模感でしかできないことをやっていきたいとおっしゃっていて、このBIGCAT公演もそうですし、今回の作品を引っ提げてのツアー"満足バロメーター限界突破ツアー2020"も公演数が増えて、会場の規模も順調に大きくなってきていますが、見せ方だったり意識の部分だったりで変わってきたなというところはありますか?

やっさん:来てくれてる人全員が楽しいっていう根本的なところは変えずに――例えば、今回前半が対バン・ツアーなんですけど、規模としては東名阪のワンマン公演よりも大きかったり小さかったりばらつきはあって。それを平等にみんな楽しめる工夫をしたいなっていう意識は出てきましたね。1公演に来てくれている人全員だけじゃなくて、ツアー全体を通して平等に楽しめるようにみたいな。映像を映したいなとかいう話はしてたんですけど、ここのハコやったら観づらいからこうしてとか、より視野を広げられるようになったと思います。シンプルに手伝ってくれる人が増えてきて、今までやったら絶対そんなん無理やろみたいなことを意外と実現させてくれるようになってきたんで、ミーティングとかでもおっきめのことばっか言っていこうかなというのは意識として変わってきましたね(笑)。

-いつか本当に火とか出せるかもしれないですよね。

けつぷり:はははは(笑)。

やっさん:いやでも、ほんとポルノグラフィティさんみたいに下からボンボン火を出したりしたいし、ポップアップも早くしたいなっていうのは言ってます。

-いろいろ調整中だとは思いますが、今回のツアーはどういうツアーにしたいですか?

やっさん:今回"満足バロメーター限界突破ツアー2020"っていうタイトルで、"満足バロメーター"っていうのは僕たちで勝手に作った言葉なんですけど、チケット代が2,800円で、2,800円っていうメーターがあって、満足度合がそれを超えられるかどうか、超えてみせるよっていうツアーなんです。チケットを買って来てくれたからにはみなさんのバロメーターを突破してみせますよっていう約束なんで、実際に今の状況からやれるようになったからには、そういう責任感を持ってやりたいと思ってます。

-今この期間があるぶん、爆発的なことができるかもしれないですしね。

おーちくん:そうですね。

けつぷり:準備します!

やっさん:バロメーターも身体も爆発させていこうと思います!