Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

LAID BACK OCEAN

2019年07月号掲載

LAID BACK OCEAN

LAID BACK OCEAN

Official Site

メンバー:YAFUMI(Vo) KAZUKI(Gt) SHOUYA(Ba) SEIJI(Dr) SYUTO(Pf)

インタビュアー:杉江 由紀

これからもこいつらと音楽やりてぇなって改めて思いました


-なるほど、そういうことでしたか。それから、話は少し前後しますが、今作『DEFY』の楽曲制作の段階では、バンド内でどのようなやりとりがあったのかということもぜひ教えてください。

YAFUMI:曲作り自体を始めたのは去年の秋くらいで、そこからはスイッチが入ってめちゃくちゃ作りまくりましたね。そして、今年の頭から春先にかけてだったかな。"そろそろLBOとしての結果を出さないとヤバいんじゃないの"っていう話し合いを、メンバー内や事務所の人たちとよくするようになって、"こういう感じの曲があるといいんじゃないか"となって、さらに曲作りを重ねていった感じでしたね。

-その"こういう感じの曲"とは、具体的にどのような系統もしくは雰囲気の曲のことを指していたのかが気になります。

YAFUMI:多くの人たちに届くもの、人の心に強く訴え掛けるものっていうことです。ポピュラリティのあるものをやらなければならないんじゃないかっていう話も出ましたよね。ところが、いざ"よし、やろう!"ってなったら、みんなそれとは全っ然違うものを作ってきちゃったんですよ。で、"あー、LBOってこういうバンドだよね"と再確認することになっちゃいました(笑)。

-なるほど。いわゆるベタで売れ線なものは作るに作れなかったと。

YAFUMI:ステレオタイプな考え方からいけばいいメロディ、共感を呼びやすい歌詞みたいな言葉が会議なんかでは出やすいけれども、俺たち自身はあんまりそう思っていないんじゃないかな。音楽を欲している人たちにとって、それが本当に必要なものだとも感じていないんだろうし、聴き手の心の奥まで刺すものを作るうえで重視するのはそれだけじゃないって考えてるんだと思います。

-もちろんLBOの生み出すメロディの秀逸さは折り紙つきですし、歌詞に至っては聴き手の心を抉るようなインパクトを持ったものも多いわけで、このバンドが志しているのが"無難で売れそうなもの"ではないことは、重々承知しておりますよ。

YAFUMI:やっぱり、新しい作品を発表するからにはそこに驚きを感じてほしいですしね。それに、聴き手に対して本当の意味で与えたいのは生きていくうえでの新しい視点なんですよ。音楽を通してそれを表現したい。そういう意味で、今回レコーディング前の話し合いをしているときSEIJI君に言われて、嬉しかったし、悲しくもあった言葉がひとつありまして。"YAFUMIの作る曲や歌詞って、発明品としては最高に面白い。ただ、それをどうやって使っていいのかはわかんないものばっかりだよね"って(笑)。

SEIJI:確かに言いました(苦笑)。

YAFUMI:だからね、今回はちゃんと誰もが使い道のわかる発明品を作ろうと思ったんです。思ったはずなんだけど、結局は俺もそうだし、みんなが作ったものも、どれもこれも使い道がよくわかんないものばっかり集まっちゃった(笑)。なんだかんだ言ってもみんなこういうものが好きだし、使い道は明確じゃないにしても、"面白いものができたよね"ってなることが嬉しいんでしょうね。そして、聴いてくれる側にもそこの面白さを楽しんでほしいなと願っている人間が揃っているのが、LBOなんですよ。

-やや極端な喩えではありますが、そうした発想はドクター中松に近いのかもしれませんね。あの方の発明した有名なジャンピングシューズも跳べるのは楽しくていいけれど、それを何にどう活用すればいいのですか!? というような遊び心の強い商品ですし。

YAFUMI:そうそうそう! 跳べるのはわかった。で、それで? っていう(笑)。

SEIJI:だけど、実際に数として売れるのはジャンピングシューズではなく、100円ショップにあるような、主婦が発明した使い道の限定された生活雑貨なわけじゃないですか。それでも、僕らは"ワクワクするし面白いからいいじゃん!"って盛り上がれるものの方を発明したいんですよ。

YAFUMI:そのへんの感覚は、例えば今回の4曲目に入ってる「7Up」にもすごくよく出てるよね。これはKAZUKIと共作をしていて、前半を自分が作ってサビをKAZUKIがつけたんですけど、"この流れでサビがそんな意表をつく展開になるの!?"っていう曲に仕上がっちゃいましたから。

KAZUKI:まずは、メンバーをびっくりさせたくて。この展開は、"ぜってービビるだろ!"って自信あった。

YAFUMI:ビビったし、"やってくれたなぁ"って呆れたよ(笑)。それで、スタジオでみんなに"KAZUKIがこんなことやってくれちゃってるんだけどどう思う?"って聞いたら、SEIJI君が"これヤベぇ。めちゃめちゃカッコいい!"ってすごく感激してんの(笑)。

SEIJI:"KAZUKIがそうくるなら、俺も負けないようにやったろ!"ってなるしね。

-センスが合う仲間と音楽が作れているというのはとても素晴らしいことです。

YAFUMI:いやほんと。これからもこいつらと音楽やりてぇなって改めて思いましたよ。そういうちょっと変な相乗効果がこのアルバムにはいっぱい入ってます。そう考えると、俺らの死に場所は決まっちゃったとも言えるよね。誰もいない荒野に住み着いて、開拓して、そこを有名な土地にしていくしかない。