Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

sympathy

2018年12月号掲載

sympathy

メンバー:柴田 ゆう(Vo/Gt) 田口 かやな(Gt)

インタビュアー:吉羽 さおり

高校の部活で結成した"高知県産、超絶無名バンド"sympathy。卒業後は進学をして、互いに遠距離で活動をしてきた4人はこの夏に全員上京し、満を持しての4thミニ・アルバム『泣きっ面に煙』をリリース。ポップなメロディと、これぞsympathyのサウンドと言えるビター&スウィートなギター・サウンドに磨きをかけて、10代で無鉄砲に放出していたエネルギーや、愛してほしいという熱に、一滴、クールでクレバーな大人の雰囲気を交えて、ファンタジックに紡ぎあげた曲が揃った。年齢とともに、また様々な経験とともに変わりゆく心の機微を、余すことなく注ぎ込んだ作品であり、バンドとしての決意も窺える。メンバーふたりに、今のsympathyについて話を訊いた。

-みなさん今は全員、高知から上京しているんですよね。

柴田:はい、今年の夏には全員が上京しました。私だけ、短大に上がるときに上京していたので、こっちで待っていた感じでした。

-みなさん大学などを卒業して、バンドに専念できるようになったわけですが、変化はありますか。

田口:学生で、学校のことをやりながらバンド活動をするというのを2~3年やっていたんですけど、そこの切り替えは全然違うなと思いますね。あとは、今はみんなの距離がすごく近いので。

-集まって制作できる機会が増えている?

柴田:そうですね。以前とは全然曲の作り方が変わってきました。前は、遠距離だったから、デモをもとにメンバー各々が作ったものを会ったときに初めて合わせて、そこで発見があったり、化学反応があったりという感じなんですけど、今回のアルバムの曲は、スタジオに入って作り上げるという今までにはない感じでした。細かいところまでイメージを共有して、ひとつの曲をみんなで作ったので、また印象が違うんじゃないかなって思っています。

田口:基本的に私が作詞作曲する曲と、ゆうが作詞作曲する曲があって、それをみんなにLINEで投げて、各々それを聴いて自分のパートを考えるっていうのをやってきていたんです。今回の『泣きっ面に煙』の曲は、同じように各々が作る曲があるんですけど、それをスタジオで直に話し合って、"ここはもっとこうした方がいい"とかができたので。前回の『海鳴りと絶景』(2017月リリースのメジャー・デビュー・アルバム)の、ちょっと無機質な感じっていうのは今回ないなって思います。

柴田:うん、人間っぽいね。

田口:自分たちでも、濃いなって思ってます。

-曲の幅も広がって、ポップ度が濃厚になったのもそうなんですが、ちょっと大人っぽい音、サウンドになったなって感じたんです。

田口:おっ。

柴田:たしかに。昔の音は、今鳴らそうと思っても鳴らせないしというのもあるんですけど。聴く音楽についても、私は特にそうなんですけど、それまで自分の作っている音楽が好きだから自分の作ったものばかり聴いちゃったり、偏った音楽ばかり聴いたりしてたんです。でも今はいろんな音楽──流行っているものだったり、メンバーが好きな音楽だったり、ルーツ・ミュージックと言われている音楽を聴いたりもしていて。そういうところも変わってきたのかな。勘で作っていた部分が、ちょっとずつ減っていったのかなって思います。

-一曲一曲の完成度にしてもすごく突き詰められていると思うし、やりたいことも明確にあるのがわかりますね。

柴田:今回もアレンジャーさんに入ってもらっているんですけど、また仕上がり方も違うし、前とはお願いの仕方も変わってきていますね。今回は、もっとその場で密にやりとりをしながら、変えていったりして。レコーディング当日に、"ここはこうしたいんです"とか、"こういうのをやってみたいです"、"こういうイメージに近づけるにはどうしたらいいですか?"とかを話しながら、学びながらやっていきました。

田口:自分たちの理想に一番近い方向に持っていく手助けをしてくれるみたいな感じでした。

akkinさんと新井弘毅(ex-serial TV drama/Gt)さんがアレンジャーで入っていて、「スクールガール・コンプレックス」が新井さんアレンジですね。これは、なぜ新井さんでとお願いしたんですか。

田口:私の中では、サウンド的にナンバーガールみたいなイメージで作っていたんです。そういうギター・ロックの感じをわかってくれる人とやりたいなと思っていて。そこで新井先生に......あ、メンバー全員、新井先生って呼んでいるんですけど(笑)。

柴田:『トランス状態』(2015年リリースの2ndミニ・アルバム)をリリースしたあとに知り合って。そのときから、先生って呼んでいるんです(笑)。

田口:それが今、ナチュラルに出ちゃいました。

-(笑)新井先生のおかげでサウンドもバッチリとイメージどおりですか。

田口:バッチリです。

-この曲は、録り方もかなり勢いのある感じじゃないですか。

田口:ベーシックの部分はみんなでガッと勢いのあるものを何テイクか録って。そこからいい方に絞っていきました。かっちりしたものと、だいぶ荒いけどノリは最高っていうのがあって、どっちをベースにするかという話になったときに、私的にはこの曲は勢いでいきたいっていうのがあったので、逆にそこが盤に残るのがいいなと思ったんです。

柴田:ギリギリまで悩みました。音源としてどう残していきたいかっていうときに、最初はやっぱり、音源らしくかっちりとしたものがいいんじゃないかというのもあったんですけど、でもやっぱり勢いがあるものがいいよねってなって。

田口:この曲はねっていう。