Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

DROP DOLL

2018年05月号掲載

DROP DOLL

メンバー:U(Ba/ Vo) J(Dr/ Vo) I(Gt/Vo)

インタビュアー:杉江 由紀

-表題曲はもちろんのこと、このシングル『Little deep love song』に収録されている楽曲たちは、いずれもライヴではエモーショナルで熱いパフォーマンスが期待できそうなものばかりですね。

U:単にガールズ・バンドとしてカッコいいライヴがしたいというだけではなくて、観に来てくださっている方々もノリやすいパフォーマンスをしたいんですよね。今後のライヴについても、そこの部分はもっと磨いていきたいと思っています。

J:ライヴは、やっぱり魂でぶつかっていかないとね! 飾ったものではなくて、心から湧き出るものをみなさんにそのまま感じてもらえるようなパフォーマンスをこれからもしていきたいです。なぜなら、私たちはロックなので!

I:わー、Jかっこいい(笑)! そして、わかるなぁ。私もライヴではそれぞれの曲が持っているものを最大限に引き出しながら、自分たちの気持ちを思い切りぶつけてパフォーマンスしたいし、それによってお客さんたちにも盛り上がってもらいながら、楽しい空間を作っていきたいです。

-なんでも、近々では6月3日に渋谷RUIDO K2にてDROP DOLLによる初主催イベント"JK☆ROCK FES VOL.1"が決定しているそうですね。

I:これはタイトルどおり、JKのバンドだけが出られるロック・フェスです!

U:高校生って頑張って練習をしていても、その成果を発揮できる場所がなかなかなかったりすると思うんですよ。でも、私たちがフェスをやることでそういうJKたちもライヴという場で、同じ夢を追い掛けることができるんじゃないかな? と思って企画しました。

I:ライヴに出る、という目標があるとより頑張れるだろうしね。私たち自身も、まだまだ未完成で夢を追い掛けている真っ只中なので、JK同士で一緒に盛り上がれたら嬉しいなと思うんですよ。というわけで、JKバンドのみなさん、ここはぜひ出演応募をしてください。詳しくは私たちのHPで!

J:応募条件はメンバー全員がJKのバンドである、ということだけです(笑)。

-JKにして自らの意志でフェスを開催とは、みなさんさすがですね。そういえば、Iさんが先ほど"みんな、人一倍負けん気も強い方"との発言をされていましたが、3人とも負けん気が強くて強い意欲を持っている、となるとぶつかり合いになることはありませんか。

I:ならないよねー。

J:ガチガチなケンカにはならないけど(笑)、でも言いたいことは全部言ってるんですよ。

U:もちろん、もともとはガールズ・バンドの映画を撮るという前提で集まったメンバーではあるんですけど、私は今このふたりとだからこうして一緒にやれているんだろうな、と心から思うんですよね。言いたいことはちゃんと言い合えるし、同じ目標を持って頑張れる仲間がいるっていうのは本当に心強いです。

I:これだけ大切な仲間と出会うことができて、お互いに理解し合いながら今こうして本物のガールズ・バンドとして楽しく毎日を過ごせているなんて、ちょっと運命を感じちゃいます(笑)。始めたからには武道館でライヴできるような日本一のガールズ・バンドになりたいし、DROP DOLLでは世界も目指したいです。

J:有言実行でやるしかない!

U:だね!