Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

DROP DOLL

2019年04月号掲載

DROP DOLL

メンバー:チヒロ(Dr/Vo) ユイナ(Gt/Vo) ユキノ(Ba/Vo)

インタビュアー:杉江 由紀

瑞々しいバンド・サウンドと、キラキラと輝く笑顔。現役の女子高生=JKだけで編成された3人組ガールズ・バンド DROP DOLLは、それらを武器に今ここからより大きな夢の舞台へとその歩を進めていくことになるだろう。4月6日から全国ロードショーとなる青春ストーリー映画"JK☆ROCK"の中で劇中バンド DROP DOLLとしても存在感のある演技を見せている彼女たちは、主題歌「シークレットボイス」も担当しており、映画公開に先駆けて4月3日にシングルがリリースされることも決定している。気鋭のガールズ・バンドとしてはもちろんのこと、女優としての顔、そしてリアルなJKとしての一面も持つ彼女たちの姿はとても眩しい。

-もともと、DROP DOLLは映画"JK☆ROCK"のオーディションで出会ったことをきっかけに始動した現役JKガールズ・バンドであることを以前にもうかがったのですけれど、いよいよその映画が4月6日から全国ロードショーとなるそうですね。しかも、みなさんは映画の中で演技をされているだけでなく、DROP DOLLとして主題歌「シークレットボイス」も担当しており、4月3日にシングルとしてリリースすることになったのだとか。二重の意味で、このたびは本当におめでとうございます。

ユイナ:ありがとうございます! 私たちも本当に嬉しいです。

-ちなみに、この映画主題歌「シークレットボイス」はクランクイン後に制作されたものだったのでしょうか?

ユキノ:映画の中には実際にこの曲を演奏するシーンもあるので、曲はクランクイン前からありました。

-では、当初「シークレットボイス」という楽曲と出会ったときに、みなさんはどのようなことを感じられたのでしょうか。

ユキノ:その時点では映画の台本もいただいていたので、曲の世界観と映画のストーリーがとてもピッタリだなと思いました。"JK☆ROCK"という映画は夢を追いかけることや、仲間がいることの大切さを描いている物語なんです。だから、まさにこの映画そのものみたいな内容の曲だなと感じたんです。

チヒロ:私は最初、まさか自分たちの曲が映画の主題歌になるなんて正直信じられなかったです。普段映画を観るときは"これが主題歌なんだー"って受け取る側だったので、自分たちのDROP DOLLというバンド名がエンドロールでスクリーンに映し出されることに対して実感が湧かなかったし、まるで夢のようだなと感じてしまったんですよ(笑)。でも、現実に曲ができあがったときには、本当にこの映画に合っているなぁ、と私も強く思いました。DROP DOLLの場合、この3人だからこそできることっていうのがたくさんあって。メンバーがひとりでも欠けると成り立たないんですよね。私は歌詞の中にある"ヒトリじゃ 見れない景色があるから"っていうフレーズが好きなんですけど、とにかくこの曲はこの映画に最高に似合っているし、とても素敵な曲になっています! って、大きな声で宣伝したいです(笑)。

ユイナ:私はこの「シークレットボイス」を初めて聴いたとき、自分だけじゃなくいろんな人の背中を押してくれるような曲だなと思いました。"ずっと ずっと キミを探して歩いてる"というところから始まって、この歌詞は最後に"ずっと ずっと キミと一緒に歩いてゆく"というふうに繋がっていくんですよ。その最初から最後に至るまでの中で気持ちが大きく変化していって、聴き終わったときには大きな勇気を貰える曲になっているなと感じたんです。

-では、レコーディングの際にみなさんそれぞれが意識したり心掛けたりしたのはどのようなことでしたか。

ユイナ:実はこの「シークレットボイス」は、シングルとして出るものと映画の中で歌っているものが別なんですよ。

-どういうことでしょう?

ユキノ:映画の中のバンド DROP DOLLとしてその役になって歌っているものと、アーティストのDROP DOLLとして出すもので、歌い方や表現の仕方がまったく違うんです。

ユイナ:3人で歌い分けている場所も違うし、感情の入れ方も全然違いました。

-そういうことでしたか。おそらく、映画"JK☆ROCK"を観ればなぜそうなっているのかはすぐにわかると思うのですけれど、まだ映画公開前でもありますので、ここは少しどこがどのように違ったのか、ということを解説していただけると嬉しいです。

ユキノ:一番大きかったのは役の性格というか、キャラクターが実際の自分とは違ったというところでしょうね。

チヒロ:例えば、私だったら役としてはヤンキーなんですよ(笑)。

ユイナ:わかりやすくひと言で言うと、チヒロがヤンキー、ユキノが根暗、私が貧乏なんです(笑)。

-その3人が組んだDROP DOLLと、現実のDROP DOLLは似て非なるバンドになるわけですね。

ユキノ:"JK☆ROCK"という映画の中でバンドを組んだばかりの登場人物たちが演奏する「シークレットボイス」に、実際のDROP DOLLを当てはめるのはちょっと違うかな? という違和感があったんですよね。映画では、初心者の女子高生バンドが成長していく物語という設定があるので、それぞれのキャラクターをより打ち出していく必要があったんです。

ユイナ:3人ともキャラクターやその背景がまったく違うので、映画の方の「シークレットボイス」はその役のそのときの感情を想像しながら表現しているんですよ。それぞれで、抱えている悩みなんかも違ったりするんです。

-ちなみに、映画の中でのみなさんは桜(チヒロ)、真緒(ユイナ)、リナ(ユキノ)という役名にてそれぞれ出演されています。キャラクター設定については先ほどうかがいましたが、抱えている悩みの違いとはどんなものだったのですか?

チヒロ:私はヤンキーなので、歌い方もヤンキーっぽく勢いがある感じでワーッと歌ってます。あらゆることと衝突してぶつかる感じの子ですね。不器用なんですよ。

ユキノ:でも、そこがかわいいんだよねぇ。

ユイナ:私は先生に恋をするJK役なので、映画の中ではその先生のことを想いながら歌っていく感じでした。

ユキノ:私の演じている役は母親にバンド活動を反対されて、自分のやりたいことが思うようにできないという状況だったりするので、映画の中では"母にわかってほしい"という感情を詰め込んで歌っています。劇中歌としての「シークレットボイス」は、私たちが女優として演じきったうえで歌っているんです。

チヒロ:劇中歌のあとにエンドロールで主題歌としての「シークレットボイス」を聴くと、きっと"これがさっきとおんなじ子たち?"ってなると思います。

ユキノ:最初に役としての「シークレットボイス」を録って、そのあと主題歌の方を録ったので、最初はそこがちょっと混じっちゃって難しかったりもしましたけど、最終的にははっきりと違いを出すことができました。