Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

DROP DOLL

2018年05月号掲載

DROP DOLL

メンバー:U(Ba/ Vo) J(Dr/ Vo) I(Gt/Vo)

インタビュアー:杉江 由紀

みんなでバンドをやってるんだ! っていう感覚はやっぱり楽しい


-それだけの厳しい苦難を、みなさんが乗り越えていくためには何が必要でしたか。

J:気持ち、でしょうね。ちゃんとライヴができるようになりたい、映画を自分たち自身の演奏で撮りたい、っていうそこに尽きます。

U:わかる。気合とか根性とかね。

I:みんな、人一倍負けん気も強い方だしね(笑)。あとは、個人練習がどれだけつらくても、3人でスタジオに入って一緒に音を出せるときは楽しかったんですよ。それが自分にとっては大きな励みになりました。

J:そうだね。みんなでバンドをやってるんだ! っていう感覚はやっぱり楽しいんですよ。

I:スタジオで"あれ? 前より上手くなってるじゃん"ってメンバーに思われたくて、毎回また次の練習に向けて頑張るっていうのもあるよね。

J:そこはきっと、3人ともそうだよね。

-そんな涙ぐましいほどの努力を経て、DROP DOLLは昨年末にメジャー・デビューを果たしました。また、このたびは待望の2ndシングル『Little deep love song』もリリースとなります。いずれの楽曲でも、みなさんはそれぞれの楽器+ヴォーカルというスタイルを貫いていますが、1曲を3人で歌っていく際の割り振りはどのように決めていらっしゃるのでしょうね。

U:そこも自分たちで決めているんですよ。

J:声の質感や、得意としている音域が3人とも違うので、1曲の中で最も歌うのが適したパートをそれぞれに振り分けているんです。

I:3人一緒に歌うところもあるしね。1曲を3人で歌えるというのは、DROP DOLLにとって大きな強みのひとつだと思っています。

-最新シングル『Little deep love song』の内容についても、みなさんからの解説をいただけると嬉しいです。

I:表題曲の「Little deep love song」は、"伝えたいのに伝えられない"っていうもどかしくて切ない気持ちや、それとは裏腹な強い決心の両方が混ざった曲なので、1曲の中で感情が揺れ動いたりだんだんと変化していったりするかたちになっているんですね。だんだん想いが激しくなっていく感じを、自分たちの演奏や歌で表現することを大事にしました。きっと、歌詞も共感してもらえるところが多いんじゃないかと思います。

U:歌詞に関しては、作詞をしてくれた方と何度も話し合いながら私たちの気持ちや経験談を織り込んでもらったんです。

J:この中に詰まっている、諦めない気持ちや片想いの胸がキューッって締めつけられるような感覚を聴いている方たちに感じてもらいたかったので、私はそれが伝わるように人間の鼓動を意識しながらドラムを叩きましたし、歌詞に対して感情移入をしながら歌いました。

U:小さなことで一喜一憂してしまったり、なかなか気持ちを伝えられない自分の弱さと闘ったりする苦しさとか、心の中で渦巻く激しい葛藤とか、片想いならではのリアルな感覚をこの曲から感じていただけると嬉しいです。