Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

DROP DOLL

2018年05月号掲載

DROP DOLL

メンバー:U(Ba/ Vo) J(Dr/ Vo) I(Gt/Vo)

インタビュアー:杉江 由紀

-それにしても、みなさんがバンドを組むこと自体は制作予定の映画ありきというところから始まったとのことですが......過去に公開されたバンド映画の中には、演奏シーンのみ代役が担当するというケースも多かったように思います。いくらでもそれが可能であるにもかかわらず、バンド経験ゼロだったみなさんがよく"せっかくなら本当に自分たちでロック・バンドを始めてしまおう!"と思い切れたな、と感心してしまいますよ。いったい何がみなさんをそこまで突き動かしたのでしょうか。

U:そこは映画の制作スタッフの方々とお話をさせていただいているうちに、"これは絶対に自分たちですべてやりたい!"という気持ちに私たち全員がなっていったんです。"弾いているフリだけをして、誰かにやっていただくというのは違うよね"というふうに。一生に一度の最高に貴重なチャンスだと思ったんですよ。

I:だよね。私もおんなじ気持ちでした!

U:何しろ、映画のオーディションに受かるっていうこと自体がすごいことですしね。これまで、いっぱい(オーディションに)落ちてきただけに、よりそう思ったんです(笑)。幸いにもこうして自分に与えられた機会ですし、せっかくならすべてを自分でやりきりたいと思ったんですよ。しかも、楽器に触れ始めて少しずつ弾けるようになってくるとこれが本当に楽しくて、"自分のやりたかったことはこれだったのかもしれない"という気持ちにもなっていったんです。3人ともその気持ちは同じように強かったので、私たちから制作の方に"自分たちでちゃんとやれるようになってから、クランクインさせてください!"とお願いしました。

J:だから、当時は細かなクランクイン時期が決まっていなかったんですよ(笑)。今は、早く映画の撮影を始められるようにみんなで全力を振り絞りながら頑張っています!

-つまり、現状でのみなさんのバンド歴は......。

I:結成したのは2016年の11月末だったんですが、ライヴを始めたのは去年の3月からだったので、その意味では1年ちょっとですね。

U:昨年末には、メジャー・デビューもさせていただくことができました。

-さすがは育ち盛りですね。それぞれ楽器に初めて触れ出したところから、わずか数ヶ月で初ライヴ(2017年3月23日に青山RizMで開催された"SHIBUYA GIRLS EMOTION~シャレおつ青山編~")をされたとは驚きです。

I:初ライヴといっても、そのときは2曲やるのが精一杯でしたけど(笑)。

J:今、そのときに撮った映像を観ると面白くて笑っちゃいます。叩き方とか、まだ全然ぎこちなかったです(笑)。

U:というか、今になって観るとあれは笑えないくらいです(笑)。

-それだけ、短期間のうちにみなさんが急成長してきたということですね。

J:はい。楽器を始めてから約3ヶ月でもライヴをやることができた、ということは自分たちにとってだいぶ大きな自信になりました。

U:やっぱり、ライヴをやるってバンドにとってすごく大きいよね。ちょっと無理をしてでも、あの早い段階から始めておいて良かったなと思います。

I:ライヴをやって感じることや、わかることっていっぱいあるもんね! ライヴを経験することで、バンドに対しての姿勢や考え方もいろいろと変わりました。

-それから、これも実に初歩的な質問にはなりますが。みなさんのパートがそもそもどのようにして決まったのかも知りたいです。

U:それぞれのパートは、映画の役柄によって決まったものです。3人がそれぞれ楽器+ヴォーカルというスタイルをとることになったのも、映画の設定なんです。

J:私は、"ドラムが似合うね"と言われてドラムを始めました(笑)。

I:ギターをやることになって、最初は何から始めたらいいか全然わからなかったんですけど、私の場合まずはSCANDALさんの「OVER DRIVE」のコピーから必死に始めていきましたね。

-見たところ、みなさん女優さんだけあって非常に華奢でいらっしゃいますし、手も決して大きくは見えないのですが、ギタリストであるIさんはいわゆる"Fの壁"を超えるのが大変だったりしませんでしたか。

I:手はちっちゃいんですけどね。なぜか以外とそこは大丈夫でした。