Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ORESAMA

2017年11月号掲載

ORESAMA

メンバー:ぽん(Vo) 小島 英也(Prog/Gt)

インタビュアー:沖 さやこ

-「流星ダンスフロア」は"魔法陣グルグル"のエンディングを手掛けるTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDも編曲に参加しているとのことですが。

小島:"この音をアナログ・シンセの音に差し替えたい"という話をしていたときに、"それなら今回はアナログ・シンセのエキスパートでもあるTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDと共同編曲をしてみよう?"と提案をいただきました。僕が楽曲のアレンジをひととおり済ませて、それを聴いたTECHNOBOYS(PULCRAFT GREEN-FUND)さんがシンセの音を入れ替えてくれたり、フレーズを付け足してくれたり、ストリングスのリアレンジをしてくださったり。

ぽん:ORESAMAのプロデューサーの佐藤さんがTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのプロデューサーでもあって、もともと遠くない存在ではあったんですけど、"魔法陣グルグル"をきっかけにして距離が近くなったんですよね。

小島:初めて他の方と編曲をやって、音にしてもアレンジにしても、僕の発想にないものや僕の手駒にないものが、がんがん入ってくるんですよね。それが僕の苦手なものだったら成り立たないと思うんですけど、TECHNOBOYSさんは僕の曲を本当にかっこよくしてくださって。シモンズのシンセ・ドラムも実機を持ってきてくださって、実際その場でレコーディングしてくださったりもして......。

-自分たちの原点とも言える音楽性の楽曲でそんなことが実現するなんて、感無量ですね。

小島:僕が憧れていたもの、目指していたものを目の前でやってくださって、すごくテンションが上がって(笑)。ますますアナログ・シンセが欲しいという熱が高まりました。本当に早く欲しいですね......。現状借りている感じなので、所有するというところへ......。

ぽん:TECHNOBOYSさんに"沼へようこそ"って言われてたよね、小島くん(笑)。

小島:沼にハマりかけてます(笑)。TECHNOBOYSさんと今回制作ができたので、手元にあればいろんなことが聞けるなと思うんですよ。アナログ・シンセに関する熱や音作りはかなり影響されました。

ぽん:間奏にそれが生きてるよね。

-そうですね。楽器の掛け合いにライヴ感があって。

小島:この曲の間奏は楽器同士でコミュニケーションというか、会話をするようなイメージで作っていって。ベースとギターがユニゾンをしたり、ギター、シンセ、ベースがワンフレーズずつでソロを取っていく場面もあって。楽器隊がメインになって曲を構築していく場面を作りたくて、そこにTECHNOBOYSさんがいっぱい楽器を入れてくださったり、僕が打ち込みで入れたものを生に差し替えてくださったり......どんどん人間味が生まれていって、本当に会話のような場面ができていって。

ぽん:この楽器同士の掛け合い、ライヴがすごく楽しいんですよ。1回演奏したときに"こんなにステージの上も楽しくなっちゃうんだ!"と思うくらいステージの上に動きがあって。インストで聴いてもらっても楽しいと思います。

小島:「流星ダンスフロア」は1回ですべての音を聴きとるのは無理だと思うので(笑)、何回も聴いて楽しんでいただきたいですね。1個1個にこだわりがある音なので。

-ORESAMAは活動初期からポップなダンス・ミュージックを発信していますが、その意味や理由に変化はありますか?

ぽん:私は普段人前に出ていくタイプの人間ではないんですけど、楽しいことが大好きで。私がみんなの前でORESAMAのフロントとして歌ったり踊ったり楽しんだりすることで、私と似た感覚を持っている人とも一緒に楽しい時間を過ごしていきたいんです。その気持ちは変わってないと思います。いま一番やりたいことは、その輪をどんどん広げていくことですね。

小島:根本的には変わってないんですけど、アニメのフェスやライヴ・イベントに出させてもらうようになって、"自分が好きで作った曲でみんなと盛り上がれるのが一番幸せなことなんじゃないか"と思うようになって。制作のときも常にライヴを意識しているし、ライヴが大事だし幸せだなー......と思います。

ぽん:ライヴはやっぱり音源だけでは伝えきれないエモーショナルな部分が伝えられるし。五感すべてで体感して、一緒に楽しめたらと思いますね。


限られたこの時間、この空間を楽しもうという想いが強くなってきた


-「流星ダンスフロア」の歌詞も"魔法陣グルグル"の登場人物やストーリーに重なると同時に、おふたりのそういう想いが強く反映されているのかなと思いました。

ぽん:もう、まさにそうですね。歌詞は作品の中と現実世界のダンス・フロアを舞台にして。いろんな可能性や選択肢があるなかで、昨日でも明日でもない、いまこの場所で、同じ時間、同じ目的を過ごせる奇跡――自分がライヴをするときも観に行くときでもそれを強く感じるんです。知らない人同士でも、同じ時間を過ごすときだけは仲間でありパーティー......そういう想いを込めています。"魔法陣グルグル"の作品の中に"星屑"や"月"などが出てくるので、それをモチーフにしたいなと思って。

-パーティーを描きつつも、やっぱり根っこにあるのは"孤独"だなと。

ぽん:そうですね(笑)。私を含め、みんなひとりだと小さい光かもしれないけれど、それが集まることで熱を持ったうねりが生まれていく――それってすごいことだと思うんです。歌詞にある"満ちては欠け 夢は醒め"とか......。この時間が終わることをわかったうえで過ごす方が、大切な時間を過ごせると思うんです。だからこそ限られたこの時間、この空間を楽しもうという想いが強くなってきたんですよね。