Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

魔法少女になり隊

2017年09月号掲載

魔法少女になり隊

魔法少女になり隊

Official Site

メンバー:火寺 バジル(Vo) gari(VJ/Vo) ウイ・ビトン(Gt) 明治(Gt/Vo)

インタビュアー:秦 理絵

-バジルさんのヴォーカルでのチャレンジと言えば、「完全無敵のぶっとバスターX」でラップに挑戦してるところですかね。

バジル:そうですね。ラップは苦戦しました(笑)。

ウイ:僕らはそういうバックボーンは全然なかったから、架空の人物になりきって歌ってもらいました。

gari:EMINEMだっけ?

-架空じゃないじゃないですか。

ウイ:バジルの中では架空なんですよ。まったく知らなかったから。

バジル:"EMINEMさんっぽく歌って"って言われても、わからなくて......。"EMINEM"っていうワードとウイさんの説明だけで妄想して、きっとこうだろうっていう感じで(笑)。「完全無敵のぶっとバスターX」に関しては、バジネムが降臨してるなっていう感じです。

一同:あはははは!

明治:でもそれって、すごいことじゃない? 何でもできるってことじゃん。

バジル:ウイさんはそういう注文が多いんですよ。急に"ここでバカになって"とか。「first star」だと、"泣きそうな感じ、でも空元気な感じ"って言われたんです。それで"ありがとう"のところだけで7回ぐらい録り直したんですよ。"これだと元気すぎる"、"これだと元気がなさすぎる"、みたいな感じで。

-そういうウイさんの歌のディレクションが曲ごとのカラーを左右してたと。

バジル:それは大きかったと思います。

-あと、「my!show!time!」に関しては、キラキラしたシンセから始まって、バジルさんとgariさんの掛け合いがあって、これぞ魔法少女になり隊みたいな曲です。

バジル:これは"ましょ隊"って読ませたくて作った曲ですね。

gari:サビで思いっきり、"ましょ隊"って歌ってます。

明治:粋だよね。

gari:バジルさんに"「ましょ隊」って入れたい"って言われたんですよ。じゃあ入れてみるかっていうので、ふたりでファミレスで歌詞を書いてみて、"ちょっとふざけすぎたかな?"と思ったんですけど、そのまま採用されましたね。

明治:勝ったと思ったでしょ? これがきたとき。

バジル:もう! "きた!"と思った(笑)。で、この"my!show!time!"は、最後に"your show time!"になって、それは"優勝だ"に聞こえるように歌ってるんです。最後にみんなが優勝するっていう曲になってるから、いろいろな遊び心がありますね。

gari:こういうふざけた曲が、ましょ隊のテーマ・ソングになったらいいかなと思います。

-わかりました。いまアルバムを作り終えて、どんな手応えを感じてますか?

ウイ:1曲目から最後まで聴いたときに感動したんですよ。すげぇいいものができてるなと思いました。メッセージがあるし、遊びもあるし。このぐらい面白いアルバムを、俺は聴いたことがない。自分が好きなものを作れて嬉しかったです。

gari:どちらかと言うと、シングルでは世界観を打ち出してわかりやすくやってたんですよね。特に「ヒメサマスピリッツ」とか、単体では完全に和っぽいバンドになってたりしたけど、アルバムでいろいろなジャンルの曲を入れられたことによって、またバンドとしての謎が増すというか。それが魔法少女になり隊の面白さじゃないかなと思います。

-アルバムを完成させたことで、まだまだ魔法少女になり隊には大きな可能性があることもわかったと思いますけど、いま思い描くバンドの未来とは?

gari:僕は、あんまりそれを見すぎなくていいと思ってます。ヴィジョンを見ないで進めたら、幸せだなっていうか。それこそRPGで攻略サイトを見ながらやるよりも、行き当たりばったりで、"やべ、死んだ。けど、お金払って教会で生き返って、また洞窟でレベルアップして、ダンジョンに挑む"。そういうのが面白いと思ってるので。

ウイ:途中で気が変わっていいと思ってるんですよ、そのときそのときの自分たちのいいものを出したいし、自分が好きなものをもっとみんなで共有したいです。

-ちなみに、最初にましょ隊が登場したときって、"アイドルなの? バンドなの?"みたいな異物感があったと思いますけど、そのあたり何か変化は感じてますか?

バジル:最近はバンドっていう印象が増えてるみたいですね。でもTwitterとかで、アイドルが好きな方から"バンドのヴォーカルだってわかってるんですけど、すいません、推させてください"っていうのがあって。いまはそれがちょっと面白いなと思ってます。