Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

魔法少女になり隊

2017年09月号掲載

魔法少女になり隊

魔法少女になり隊

Official Site

メンバー:火寺 バジル(Vo) gari(VJ/Vo) ウイ・ビトン(Gt) 明治(Gt/Vo)

インタビュアー:秦 理絵

-本当に1曲1曲が振り切ったアルバムになったと思います。ポップな方向で言うと、「first star」とか「ハッピーエンドの魔法」ではバジルさんしか歌ってなかったり。

ウイ:バンドとしてはgariのシャウトとバジルのヴォーカルが両立してるイメージが強いと思うんですけどね。なんといっても、バジルの声がすごくポップじゃないですか。雰囲気的で言ったら、かわいいって言われるような。だからこそ、単純にいい曲として勝負できると思ったんです。歌はポップですけど、サウンド的には意外とソリッドだったりするので、僕の中では違和感なくスルッとできちゃった曲ですね。

バジル:こういう曲が好きな人もいると思うから、いいアクセントになりました。

gari:gariがめっちゃ嫌いな人には喜んでもらえるかと(笑)。

一同:あはははは!

明治:これなら聴けるって?

ウイ:まぁ、シャウトが苦手っていう人はいますからね。

バジル:逆に、シャウトがゴリゴリに入ってるgariさんだけの曲もあります。

-「Call me From Hell」ですね。この曲から「アルテ魔ダンテ」への流れが最高です。

gari:もともとはそれぞれが独立してあった曲なんですけどね。「Call me From Hell」は初期のライヴでは登場曲だったんですよ。

-え? こんなヘヴィな曲で登場してたんですか? "地獄から呼ばれて"みたいな......。

バジル:初っ端から頭振らせてたよね。

gari:この当時は何もわかってないから、タイトルで"地獄から呼べ"って言ってるのに、"地獄に行け!"って歌っていて、意味がわからないんです(笑)。でも、これがいいトリガーになって、さらに「アルテ魔ダンテ」に繋がるっていう感じですね。

-「アルテ魔ダンテ」は悪魔が主人公なんですか?

gari:これは説明するとアレなんですけど、アルテマっていう呪文があって......。

-それ、ドラクエでしたっけ?

ウイ:いや、ファイナルファンタジーですね。究極の呪文なんですよ。

gari:それと、マダンテっていうドラクエの呪文があって。両方とも"究極"なんです。強い呪文と強い呪文を混ぜたら、超強い呪文になるっていう曲。しかも、両方とも犠牲を伴うんですよね。マダンテだったらMPを全部消費してしまうとか、アルテマだったら仲間ひとりを生贄に捧げる......っていう設定だったと思うんですけど。

-たしかシリーズによって設定が違った気がする。

gari:あ、そうかも。だからシャウトの歌詞は"生贄が欲しい"っていうことだけをずっと歌ってる。呪文を唱えるために、コストが欲しいって言ってる曲です。

ウイ:なので、この曲にはメッセージ性はないはずです(笑)。

-なるほど(笑)。バジルさん曲、gariさん曲があって、今回は明治さんが作詞、作曲とヴォーカルも担当した「ヒトリ サク ラジオ」も入ってますね。

バジル:まさかの今までの私たちを知っている人たちもビックリだよね。

-どういう経緯で明治さんの曲が入ることになったんですか?

明治:もともと私はヴォーカルをやりたかった時期があって、コピー・バンドでヴォーカルをやってたりしたんですよ。で、いまは運良く何をやってもいいバンドにいるので(笑)。

一同:あはははは!

明治:いつかアルバムを出すタイミングでやりたいって思ってて。

バジル:もともと一緒にやってたバンドでは、私がギターで、明治さんがヴォーカルだったときもあったから、歌がいいのは知ってたんです。

明治:ありがたい話です(笑)。

ウイ:最初、明治から違う人が作ったデモが送られてきて、"あ、明治、歌いいじゃん"って思ったんですよね。で、"どうせなら明治が作ってみれば?"っていう話になって。

明治:作るのは初めてだったし、結構ギリギリのタイミングでゼロから作りましょうっていうことになったから大変だったけど、最終的にアレンジをやってくれるウイさんが"伸び伸びやっていいよ"って言ってくれたんです。それに助けられながら、やりたいフレーズを渡して、アレンジをしてもらった感じですね。

バジル:このタイミングで、"あ、明治さんって歌えるんだ"っていうのを、みんなに知ってもらえたから、今度はふたりで歌うのとかもやってみたいんですよ。

ウイ:掛け合いってこと?

バジル:うん。

ウイ:オッケー、わかった。

-次、そういう曲ができるかもしれないですね(笑)。

バジル:この曲が入ることで、"魔法少女になり隊はこれだけじゃないんだぞ"、"まだまだ見せられるんだぞ"っていう可能性を見せられたと思います。