Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

HY

2017年04月号掲載

HY

メンバー:名嘉 俊(Dr) 仲宗根 泉(Key/Vo)

インタビュアー:荒金 良介


「DEBUと言われて」は名曲感が半端ない


-わかりました。そして、"RIZAP"CMソング用に書き下ろした「DEBUと言われて」が今作の初回限定盤に特典CDとして付きますけど、これまた強烈な曲でなんと言っていいやら......。

名嘉:これは名曲感が半端ないですよ!

仲宗根:ははは(笑)。遊びの延長で作った曲ですからね。うまく痩せられないこととかを自分のキャラで面白おかしく励ましたくて。そしたら1曲丸々降りてきたから、Instagramにアップしたんですよ。それから1分の曲だったものを、ちゃんと形にしようと。これは自分の言いたいことを書いたから、すっごく楽しかった。デブデブ言いすぎて、大丈夫かな? と思ったけど、みなさんから"いいね!"という言葉をたくさんもらって。書きたいことだけを書いただけだから、アーティスト冥利に尽きますね。

名嘉:泉ワールド全開ですもんね。

仲宗根:ふふふふ。

-これは本当に泉さんしか歌えない曲ですよ。

仲宗根:自分に対して歌ってるから、これだけデブって言えるんですよ。さらに痩せてもブスになるって、自分のことも理解しているからね。

名嘉:ははははは(笑)。

-誰も傷つけない曲ですもんね。

仲宗根:うん、誰も傷つけたくない(笑)。自分を切り刻んでるだけだからね。

-将来的にこういう曲がアルバムの本編に入っても、違和感がなくなる日が来るかもしれないですね。

仲宗根:とはいえ、真面目に歌ってるから。ふざけてるつもりは一切なくて。

-コーラス・ワークは絶対笑わせようとしてますよね?

仲宗根:いやいや、そのつもりは微塵もなくて(笑)。メロディも素敵でしょ? ただ、聴いてる人は笑えるみたいで。私が一生懸命に音楽をやってるだけで。"肉は食べていいよ アイスはダメだけど"の歌詞も気に入ってるし、"RIZAP"の教えを守ってるだけだから。

-ははははは。

仲宗根:それを真剣に歌うことでシュールな感じが出てるから。

名嘉:あの歌詞を真面目に歌い上げているところがミソですよね。最後まで飽きない。

-それで実際のダイエットにも挑戦したわけですよね?

仲宗根:沖縄のテレビでも流れていたから、投げ出すことは絶対できないなと。でもダイエットをやるうちに自分の人格も変わって、物事に対して自分がどう捉えるかが一番大事だなと。考え方で人は変われるんだな、という大きな結論に辿り着いたわけ。

-"RIZAP"の映像の中でも"太ってることが一番の武器だと思ってた"と泉さんが言ってたじゃないですか。あれはどういう意味なんですか?

仲宗根:私はデブを活かして、プラスプラスに行く方だったから。

-プラスプラスに行く(笑)?

仲宗根:だから、痩せるのが恐かったの。芸人さんではないけど、自分の面白さがなくなるんじゃないかと思って。歌も真剣に歌うけど、その反面で仲宗根 泉は面白いところもあるから成り立つと、自分で思っていたんですよ。まぁまぁ痩せて、まぁまぁキレイになったら、ライヴの寸劇コーナーも面白くないでしょ?

-泉さんはそこまで考えていたんですか! お客さんはそこまで考えてないと思いますけど(笑)。

仲宗根:いやいや、私はそこを求められてると思ってたから、痩せるのが恐怖だったんですよ。このバンドのためにもデブでいるべきだなと。

-そこまでのプロ意識で!

仲宗根:そう。でも、痩せても面白いと思ってもらえればいいと思えたから、この曲が書けたんですよ。太ってないと愛されないと思っていたけど、歌で自分の中身が変わらないことを伝えようと思って、曲に面白さを託したんです。だから、自分の考え方次第だなって。

-実は深いメッセージが込められているんですね。

仲宗根:そうなんですよ。だから、太っている人だけに向けているわけではなく、自分の中で葛藤してる人や夢を追いかけている人にも聴いてほしいですね。