Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

HY

2017年04月号掲載

HY

メンバー:名嘉 俊(Dr) 仲宗根 泉(Key/Vo)

インタビュアー:荒金 良介

-いい話ですねぇ。泉さんが書いた曲(Track.7「ありがとう」)にも"幸せ"という言葉が入ってますよね。

仲宗根:そうですね。今回、私は曲がどんどん降りてくる感じでした。「ロックスター」(Track.4)は昔の曲で、1~2年ぐらい前かな。曲を練習してるときに、イントロが降りてきたんですよ。今回は自分たちと同年代というより、中高生に向けて曲を書きたいと思って。それは加藤ミリヤちゃんと一緒に「YOU...」(2014年リリースの29thシングル表題曲)を書いたときに、ラジオで若い人から恋愛相談みたいなものをもらって、それを参考にして曲を作ったんですよ。当時はHYにそれが還元されるとは思わなかったけど......今、自分は若い人に向けた恋愛をリアルに書きたいのかなと。それで、自分が中学生のころに好きだった人のことを思い出して書こうと。

-そういう意味では俊さんが書いた「BLUE」と曲のテーマは似てますよね?

名嘉:そうなんですよ。だから、「ロックスター」に助けられた部分もあって。映画のワンシーンみたいに曲を書きたいと思っていたから、泉が作った曲を聴いたら、自分よりもさらにフォーカスを当てた曲を書いていたので。しかも"ロックスター"という曲名なのに、最初は打ち込みの曲だったんですよ(笑)。結果的にバンドでやることになったんですけど。

仲宗根:「ロックスター」で初めてほかのメンバーにバラードを託したんですよ。いままでは自分の世界観が明確にありましたからね。でも「ロックスター」を打ち込みで聴かせたときに、スタッフに"R&Bじゃん"と指摘されて(笑)。ウチのメンバーはロックが得意だから、丸投げして好きにやってもらおうと。そしたらロックになりすぎちゃったから、女性のロック・スターみたいなイメージに変えてほしいと。

-そういう過程でできた曲なんですね。

名嘉:今作に辿り着くまでにいろんな人との巡り会いがあったから、自分が"CHANCE"というアルバム名を提案したんですよ。

仲宗根:人との出会いや、対人についての曲が多かったからね。"CHANCE"という言葉を調べたときに、"巡り会い"、"出会い"という言葉もあったから、これだなって。

名嘉:『CHANCE』にはこんな素敵な言葉が詰まってるんだよ、ということも伝えたくて。

-なるほど。それで「バタフライ」(Track.3)はいままでのHYになかった曲調ですね。シンセとアコギを組み合わせつつ、激しさもある曲調に仕上がってます。

名嘉:この曲には進化の最中という感じですね。作ったあとにもっと削ぎ落とせたなと思って。バンド・サウンドだけど、シンセが前に来ているし、そこにアコギを入れることでHYらしさを出そうと。次はそのアコギがなくなるんじゃないかな。どんどん変わっていくと思います。いま作ってる曲はさらにデジタルチックなものもありますからね。

-あと、三線を取り入れた「三月の陽炎」(Track.9)もすごくいい曲だなと。

名嘉:泉が書いた曲だけど、最初のアレンジからほとんど変えてなくて。

-俊さんのエモーショナルな歌声もいままでにないアプローチじゃないですか?

名嘉:それは泉の指導なんですよ。

仲宗根:俊の声の良さを知っていたから。友達から"英之の声もいいけど、俊もいいよね"って言われることもあったし。歌の音域や語尾の癖が俊と私は似てて、こういう歌い回しを俊が歌ったら、どうなるかなと思って。案の定、良かったですね。

名嘉:なぜ語尾が泉と似てると思います? 僕はカラオケで泉が書いた曲ばかり歌ってるんですよ。

-えっ、そうなんですか? 「366日」(2008年リリースの5thアルバム『HeartY』収録曲)とかを歌うんですか?

名嘉:もう、十八番ですよ! 泉よりも僕の方が十八番ですから。

-ははははは。

名嘉:Charaさん、MISIAさんの曲も歌いますけど、泉の曲が一番気持ちいいんですよ!

仲宗根:それ押しといてね? ちゃんと書いてよ(笑)。

-その成果がこの曲に表れたと。

仲宗根:俊の声の良さをもっとみんなに聴かせたくて、それが「三月の陽炎」という曲に当てはまったから良かったですね。

名嘉:こういうスロー・バラードを3人で歌うことも珍しいですからね。この曲もそうだけど、今回はアコースティックでも映える曲が多いかなと。

仲宗根:うん、メロディに力を入れたから。それがまた次作に活かされると思う。

名嘉:洋楽でもヒットしてる曲は音数が少なくて、声が前に出てるものも多いじゃないですか。それも参考にしました。

仲宗根:いいものを重ねなくても、評価されるから。尾崎豊の「I LOVE YOU」(1983年リリースの1stアルバム『十七歳の地図』収録曲)もそうじゃないですか。だから、自分たちの中にあるいい部分を突き詰めようと。