Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

101A

2015年09月号掲載

101A

メンバー:noah(Vo/Gt) the k(Ba/Prog) Sally(Dr)

インタビュアー:山口 智男

グランジ、シューゲイザー、インダストリアルなどの影響を昇華した唯一無二のダーク&ファンタジックなサウンドが密かに人気を集めているロック・バンド、101AがSkream!に初登場。表現としてのアンダーグラウンドにこだわりながら、世界を股にかけ、ライヴ活動を行ってきた3人にこれまでの活動を振り返ってもらった。10月1日には、渋谷WWWでワンマン・ライヴ"flood floor 白の遠景"を開催。ワンマン・ライヴに込めた想いと、そこで先行リリースするトリプルAサイド・シングルについても話を訊いた。

-今回、はじめまして、という読者も少なくないと思いますので、結成の経緯や、その後どんなふうに活動してきたかを、まず教えてもらってもいいですか?

the k:僕が雑誌に載せたメンバー募集にnoahが応募してきて、101Aの前身の"decay"ってバンドが始まるんですけど、ライヴ活動やりながらなんとなくオーディションを受けてみたら、YMOの高橋幸宏さんが気に入ってくれて、インディー・レーベルからデビューしたんですよ。それからいろいろあって(笑)。最初は僕がギターで、noahがヴォーカルで、他にベースとドラムがいたんですけど、その2人が抜けてしまったんで、代わりを探さずに僕がベースをやるから、ギターを弾きなよって2人でずっとやってました。たまに僕がドラムを叩いて、ドラム&ギターだったり、打ち込みにギターとヴォーカルだったり、いろいろ形を変えながらやってきたんですけど、いろいろご縁があって、5人ぐらいサポートの方にドラムを叩いてもらいながら活動を続けて、ロンドンに行ったんです。日本じゃそんなに売れねえなって(笑)。そしたらロンドンでテロに遭っちゃったんですよ。ホテルを出たらドーンって爆発して、そのあたりが封鎖されちゃったんですけど、ライヴの予定が決まってたんで、とりあえず行かなきゃって(笑)。カムデンの先にケンティッシュ・タウンって街があるんですけど、そこにあるBull & Gateってライヴハウスまで、なんとか辿りついたら、結構動員もあって。

-ライヴは中止にならなかったんですか?

the k:出演をキャンセルしたバンドもいたんですけどね。僕ら含め2バンドしか来なかったけど、ちゃんとライヴをやったら、評価してくれて、"また来いよ"って言われたから3ヶ月後ぐらいに、また行ったんですよ(笑)。そしたら動員も増えて、"おまえら根性あるな"って。

noah:ホームページのマンスリー・スケジュールの表紙アーティストにしてもらえて。

the k:それがきっかけだったのかな。ベルギーからライヴをやってくれって話が来たんですよ。そのときはSallyも行ったんだよね。ベルギーとフランス。

Sally:うん、行きました。ロンドンも表紙アーティストにしてもらったときは行ってるんですよ。

noah:あ、でも、2回表紙にしてもらってるからSallyが行ったのは3回目なんですよ。

the k:そんなに行ったの(笑)!?

-最初、ロンドンに行ったのはきっかけがあったんですか?

noah:Bull & Gateは私が直接、メールでやりとりしてブッキングしました。

the k:1年ぐらいかけてね。僕らホント、インディーズもインディーズだったからノウハウもコネクションもなかったんですよ。そのあと、たまたま日本の若いアーティストの作品を海外に紹介したいっていう人に出会って、その人が"Rough Trade Records"に僕らのCDを持っていってくれて、直接、社長に聴いてもらったら、"頑張ってるね。うちの名前を使っていいからライヴハウスをブッキングしてこいよ"って。それから段々、話が増えていって、そのときはまだSallyはサポートだったんですけど、彼のドラムは僕らふたりとも好きだったから、"メンバーになりませんか?"って正式に入ってもらって、それから中国を回ろうって話になったんですよ。あ、その前に韓国に行ったんだ。渋谷CYCLONEでワンマンをやったとき、韓国人のお客さんがCDをたくさん買っていったんですよ。そしたら次の日、連絡があって、"韓国のテレビ局でディレクターをやってて、音楽番組を持ってるんだけど、出演してください"って言うから、韓国に行ったら、1時間の特集番組を組んでくれて。そこで出会った韓国のバンドが日本に来たとき、面倒を見てあげたら、"一緒に中国を回りませんか"って。で、まず台湾でCDをリリースして、何回ぐらい行ったかな、台湾。3回?

Sally:いや、2回じゃない?

the k:ワンマンもやったよね。最初はTHE STAR CLUBと矢沢洋子さんとKEYTALKとフェスに出たんですよ。それから中国に乗り込んでいったんですけど、休みなしに1週間ぐらいツアーしたんだよね。

Sally:香港、マカオ、深圳、珠海。

the k:そういうところを回っていうるちに、今度は中国で働いているセルビア人が僕らのライヴを見て、"セルビアでライヴやってくれ"って言うから、ウソかホントかわからないけど、いいよって答えたら、帰国後、連絡が来て、"今度日本に行くからMVを撮らせてくれ"って。

noah:映像のプロジェクトをやってる人だったんですよ。

the k:で、MVを撮ってもらって、彼のブッキングでセルビアに行って、2週間、毎日、ライヴやりました。すごいのが当日、会場に行かないと、その日、何バンド出るかわからない。あるときなんて、会場に着いて、持ち時間を聞いたら、"今日はワンマンです"って(笑)。

noah:"だから好きなだけやってください"って(笑)。

the k:そのツアーの最後が"Exit Festival"っていう25万人ぐらい集まるフェスで、僕らが出た日のトリがNick Caveで、僕らは3番目ぐらいのステージだったんですけど、僕らの前がPRONGで。

Sally:PRONGのドラマーの汗が尋常じゃなかった。ドラム・セットとセット周りがびちょびちょで、誰も拭いてくれない。"このままやるのか、うへぇ"って(笑)。

the k:PRONGのメンバー、楽屋にクシを借りにきたよね(笑)。使い古したクシだったんだけど、貸してあげたらすごい喜んでもらえた。

Sally:Thom YorkeのATOMS FOR PEACEとかTHE PRODIGYも出てましたね。

the k:あまりに巨大すぎて、会場内を回る気にならなかった。

noah:無理無理。昔の城跡をそのまま会場にしてるんですよ。

Sally:しかも島が丸ごと会場っていうね。

noah:大砲なんかが残ってて、みんなそこの上でライヴを観てる(笑)。