Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

LONGMAN

2015年08月号掲載

LONGMAN

メンバー:さわ (Vo/Ba) ひらい (Gt/Vo) ほりほり (Dr/Cho)

インタビュアー:山本 真由

-昨年リリースした1stフル・アルバム『Neverland』が、ノン・プロモーションながらオリコン・インディーズ・チャートで11位を獲得するなど注目を浴びて、出世作となりましたね。今回、新作を制作するにあたってプレッシャーはありましたか?

さわ:だいぶありました。最後の最後まで怖かったです。

ひらい:『Neverland』のときは、失うモノがないじゃないですけど、まあまったく無名だったんで、あまりとやかく考えずにやってたなと思います。それが、今回はLONGMANを知ってくれてる人がちょっと増えてきてハードルも上がってる中での制作だったので、かなりプレッシャーはありました。やっぱりCD出すごとに進化はしていかないといけないですし。でもそういう意味では今回前作から1年経ってみて、できることやストックも増えたし、それらをうまいことLONGMANらしさに乗せられたかなと思います。『Neverland』の良さを引き継ぎつつ、それとはまたひと味違うLONGMANが見られるアルバムになったと思います。

-また、フェスなどの大きなステージにも立って、知名度が全国区になったことで、ライヴでのパフォーマンスや心境には変化がありましたか?

さわ:お客さんと目を合わせてライヴを楽しむ余裕が出てきました。でもライヴが始まる前はものすごく緊張するようになりました。"いいライヴにしなきゃ!"って。

ひらい:僕も一緒です。LONGMAN目当てで来てくれるお客さんが増えてきて、ものすごく嬉しいんですけど、やっぱりその分プレッシャーもあったりして、ライヴへのいろんな準備とか臨み方とかは1年前と比べて随分変わったなと思います。そこの追求はずっと続くと思うんで、頑張らないとなと思います。

ほりほり:あと、フェスだとステージが大きいので自分たちも大きく表現できるように心がけてます。

-今作『tick』も、ライヴやフェスで盛り上がりそうな、清々しいナンバーが揃っていますが、作品のコンセプトやテーマのようなものはあるのでしょうか?

さわ:時計の針のように、私たちも止まることなく進んでいきたいという思いを込めて"tick"というタイトルをつけたんですが、自分たちだけじゃなくて、これを聴いてくれる人たちもそう思えるようなアルバムになったんじゃないかと思います。

ひらい:歌詞だけを見ると結構後ろ向きな表現もあったりするんですけど、それをあえて明るく歌ってみたり、自分のことを歌ってはいるんですけど、誰にでもあるようなことを歌ってみたり。自分と似たような人がいると、何かそれだけで元気が出たり励まされたりすることってあるじゃないですか。元気な人はより元気に、でもそうじゃない人にも寄り添えるようなバンドになりたいっていうのはずっと思っていて、それは常にテーマとして持っています。

-リスナーのテンションが上がるような、作品の冒頭を飾る「Opening」があることで、全部のトラックを一気に聴きたくなる流れができていると思いました。こういった収録曲の構成はメンバー全員で考えられているのでしょうか?

さわ:ありがとうございます。ひらいさんがまず"これでどうだ!"って案を出してきて、そこからみんなで考えますね。

ひらい:前作の「Opening」がかなり好評だっただけに、逆に今回入れるかどうかかなり迷ったんですが、みんなで結構話し合って結果的に入りましたね。15秒くらいしかないんですけど、作るのに3日かかりました(笑)。

-ミュージック・ビデオにもなっているTrack.2「Better days」は、とてもLONGMANらしいキャッチーでキュートな元気いっぱいの楽曲で、まさにリード・トラックという感じですが、メンバーそれぞれのお気に入りの楽曲はどのトラックでしょうか?

さわ:Track.4「Needless」です。LONGMANには珍しい、がっつりメロコアって感じで、かっこ良くて気に入ってます。

ほりほり:Track.7「Looking back」です。さわやかな曲調と疾走感が気持ちよくて、楽しくなれるからです。

ひらい:Track.5「It's no good」です。LONGMAN史上、初めてのミディアム・テンポに挑んでみたんですけど、いつかはこういうのやってみたいと思っていました。でも慣れてないからか全然作れなくて難産だったんですけど、メロディを洋楽っぽいイメージでってやってみたら、うまいことはまって個人的にすごく気に入っています。