Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

LONGMAN

2016年11月号掲載

LONGMAN

メンバー:さわ(Vo/Ba) ひらい(Gt/Vo) ほりほり(Dr/Cho)

インタビュアー:吉羽 さおり

男女ツイン・ヴォーカルによる爽快なハーモニーが、瞬時に聴き手の心を虜にするパワーを持つ愛媛発のメロディック・バンド、LONGMAN。大型野外フェス出演も果たして、音楽はもちろん、ナイスなMCでも会場を沸かせてファンの裾野を広げているなか、さらなる起爆剤となる2ndアルバム『SO YOUNG』が完成した。パワー・ポップのエヴァーグリーンな甘酸っぱさも封じ込めたメロディと、エネルギッシュなサウンド、フレンドリーで無邪気で、でも頼れるパンク・ロックのタフさもある。そのすべてをスケールアップした内容には、いい波に乗っている3人の今が詰まっている。

-今年の夏は"ROCK IN JAPAN FESTIVAL""MONSTER baSH"といった大きなフェスにも出て、しっかりと爪痕も残して。さらに注目も高まったなかでのニュー・アルバム『SO YOUNG』ですが、今回はどういったことをテーマに作っていったんでしょうか。

ひらい:もともとはほりほりが胸に"SO YOUNG"って書かれた謎のTシャツをよく着てて──

ほりほり:ちゃんとしたやつだよ(笑)。

ひらい:今作のタイトルはそこからもらったワードなんです。バンドをがっつりやれているのは、若いからこそできている部分が間違いなくあると思っていて。若いときに頑張ったら、このままずっとバンドができるかもしれないっていう。そのための1枚になればいいなと思って、"SO YOUNG"というタイトルのアルバムにしたんです。

-気合の1枚ということで、曲作りの面など何か変化はありますか。

ひらい:最初に全国流通したアルバムが『Neverland』(2014年リリース)で、そこでバンドの状況がちょっといい感じになって。でも今度はプレッシャーが生まれたから、次のミニ・アルバム『tick』(2015年リリース)は絞り出したというか、しんどいなかで作り上げたんです。でも今回、そういう思いは吹っ切れましたね。

さわ:だいぶ余裕が持てるようになりました。

ほりほり:自由に作れたってことやんな?

ひらい:はい、楽しく作れました(笑)。

-今回は、今までの作品の中でも日本語詞が多めになっていますね?

ひらい:そうですね。前作の『tick』では基本的に、メロディの雰囲気で英語詞がいいか日本語詞がいいかを決めていたんですけど。『tick』はちょっと英語詞が多すぎたなと思って。もっと、日本語の方が伝えられることが多かったかもしれないなという反省のもと、今回は今までやったら英語にしていたメロディの曲にも、日本語詞を入れてみたりしたんです。そこは大変でしたね。日本語だとどうしても単語ひとつで、いきなりダサくなったりもするので。そういう意味では、曲のイメージを壊さず、且ついい歌詞をというのに苦労しました。

-さわさんは歌ううえで、日本語詞と英語詞の違いはありますか。

さわ:違いますね。日本語ならまず意味が入ってくるから、歌うときにも感情を込めやすいし、その歌の世界に入れるんですけど。英語詞だと、歌っている言葉と意味がすぐに結びつくわけではないから、難しいところはありますね。

-日本語詞の曲と英語詞の曲とのギャップがないというか、聴いていても違和感がなくすごく自然だなと思いました。

ひらい:よかったです。その違和感のないようにすることに、苦労しましたね。

ほりほり:歌詞、めっちゃ考えてたもんね。

さわ:LINEで"これどう?"っていうのがきていました。

ひらい:他にもっといい言い回しがないかとか。英語だといろいろ訳せるので、曖昧でいいところもあるんですけど。日本語は言い方ひとつでイメージが変わってしまうから、"これどう思う?"っていうのは、その都度ふたりに聞いてました。

-内容的には、よりシリアスで、心情をまっすぐに綴った曲が多いですね。こうした内容的なところもより意識的になっていますか?

ひらい:わりとネガティヴなところが多いんですけど、"ネガティヴやけど頑張ろう"という思いも含まれているんです。表立って"元気出せよ"とかは言えなくて。例えば自分がつらかったとしても、他にも同じようにつらい人や悩んでいる人がいると思えるだけで頑張れることもあるじゃないですか。それでちょっと、弱音も吐いてみたり。"僕もそうやし、頑張ろうや"っていうイメージでは書いてますね。でもそのネガティヴさは音にしないようにしてるんです。悲しいことを悲しく歌ってもあまりよくないかもしれんなと思って。

-ライヴを観ていると、自分のちょっとダメなところもMCでうまいこと笑いに持っていきつつ、曲はエネルギッシュに観客みんなを乗っけていくパワーがあるバンドだなと思っているんですけど。

ひらい:そういうものでありたいなって思うんです、音楽は。あくまで楽しいものでありたい。

-あのMCで見られるダメっぷりやユーモアを、歌詞の中にはそこまで入れないですよね。歌詞にすることとは、またちょっと違うんですかね。

ひらい:ダメなところも出して......ますね。でも笑いみたいなものはライヴでいいかなと思うんです。アルバムはあくまで音楽っていうところなんです。伝わってますかね?

ほりほり:心配性か!