Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Chara

2015年03月号掲載

Chara

インタビュアー:石角 友香

-設定が切ない......。具体的にまた曲のことをお聞きすると、個人的なオール・スターが集まってるのは「ラッキーガール」なんですけど。

(笑)

--これ面白いですよね。高桑(圭/Curly Giraffe)さん、名越さん、吉木(諒祐/THE NOVEMBERS)くんが集まってるわ〜っていう(笑)。

そう。高桑圭はミュージシャンの中でホント、背が高い。2番が吉木くんかな(笑)。なんかふたりの会話が面白くて、圭くんが"デカイね!""いやいや圭さんに言われたくないっすよ"(笑)。まぁふたりともいい感じだったと思う。まぁまだ諒祐はセッションの経験が圭に比べたら少ないけど、すごいね、急ピッチで成長してると思う。最近、トクマルシューゴくんのGellersとかもサポートしてて、なんかどんどん良くなるんじゃないかな。

-この3人で集まってこういう可愛い曲っていうのがいいなぁと思って。

そうそう。圭とかはもうホント、同い年でバンマスなんだけど、女版Charaじゃないですけど、結構ハーモニーも好きだし、メロディも好きだし、まぁマルチ・プレーヤーだし。今回久々にツアー回るの楽しみなんだけど。こういう指パッチンの音、圭の音を入れたんだけど、めっちゃいい音で。で、試しにノリノリでやってみたら音が良かったね、ってことで、そういう気持ちの面は"やっぱり大事だねぇ"とか(笑)。

-高桑さん意外と1日1曲作るみたいな人ですもんね。

そうそう。そういうとこは似てるっていうか。別に煮詰まることないし、自分と音楽の関係で。そんなに鍵盤いっぱい弾けるわけじゃない、私がそんなにギター弾けるわけじゃないのと一緒で、そんな感じだけど全部できるし。なんかすごく気が合いますね。

-これは嬉しかったですね。そしてTHE NOVEMBERS(以下:ノベンバ)が演奏している「恋は危険さ」では小林(祐介)くんが自分のカラーのギター弾いてますね(笑)。

そう。もうそういうギター弾いて欲しかったから。別にどういうのっていうか、カオスな。曲の雰囲気がもうそういうの弾く感じになってたので。今回、エレキはあんまり入れたくないと思ってたんだけど、1曲だけ、"じゃノベンバかな"と思って。彼らとは結構もうライヴもやってて大体わかるんで。

-自分たちのバンドでは轟音出してるけど、静かにやってもエッジをどうやったら出せるかわかってる人たちですね。

そうそう。他に若手でいろんな人いるかもしれないけど、たまたま知り合って私は知ってるけど。ま、祐介は曲書く才能もあるし。まぁかっこいいしね、バンドの雰囲気も。それについていくのって結構大変じゃん? みんな。祐介の考えてることに(笑)。大体バンドってそういうキーマンがいて、まぁ、大体がヴォーカル&ギターだけど。なかなか他のバンドよりもみんな洋楽すごい聴く、かと思いきや邦楽のいいのも聴くしね。

-ユーミン大好きだし、小林くん。

ま、L'Arc〜en〜Cielも大好きだけど(笑)。

-そうそう。ちなみにノベンバのメンバーとUSインディーの話とかしますか?

そんなに音楽の話しない、しないっていうか、今日もほんとは仕事なかったらHostess(Club Weekender)行くつもりだった。ま、彼らは行ってるけどね。去年はそれこそ高桑圭と行ったりしてたけど。うーん? そんなに意識して音楽の話してないよね。まぁなんかいいのあったら車でさっとかけたりとかそういうのはあるけど。小林くんロジカルな人だから、あんまりそこにはついていかないの。