Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Chara

2015年03月号掲載

Chara

インタビュアー:石角 友香

-年齢を重ねると自分の身体や心に向きあえますしね。だからか"ありがとう"って感じなんですよね、このアルバムの存在は。

まじですか? 良かったぁ。意外となんでも続けるのって意外と大変だと思うんですよね。1個ずつ丁寧に仕事をやってるつもりだし、誰か才能のある人とやるとやっぱその人の才能も引き出したいから。でも自分も譲れない部分もあるんだけど、人とやることの相乗効果というか、お互いに学びあえないと意味がないから。"ひとりでやってる方がかっこいい"みたいになっちゃってもね。そこが、ま、いくら周りの友達のミュージシャンでもそこはあって。なんか緊張感がないように思われて、意外と知らないところで"友達じゃなくなっちゃうかもしれない......"ぐらいのやりとりがあったりするんだけど。

-モノ作るってそういう緊張感はもちろんありますよね。今回の組み合わせは初めてな方もいるんですか?

名越由貴夫はおなじみだけど、ベーシストのキタダマキさんはSalyuバンドでナゴちゃん(名越由貴夫)とやったりしてるから繋がりはあるけど。でもキタダさんとキリンジのドラムになられた楠(均)さんは初めてかな。

-大本のセッションみたいなことはCharaさんのお宅でやったんですか?

デモテープ作りは大体Charaんちでいつもやるので。まぁいろんなデモ・テイクのネタがあるから。PCでひとりで立ち上げて演奏して、ひとりで仮歌入れて。次の段階でマニピュレーター呼んで、もうちょっと整理したりとかもあるし。なんかでも、そのまんまみたいのも今回入ってる。

-どの曲ですか?

えっと、「不器用」は家でそのままやったのを。トラック・ダウンをしてないから。

-タイトル・トラックには韻シストのふたりが参加してますね。

大阪に住んでるから、ま、データ渡すよりはこっち来てもらいたくて。タイミングが合うときがあったんで。ライヴ、去年結構やったんでいい感じなので、この曲の感じがわかってくれるグルーヴィーな......こういうギター、TAKUちゃん得意だし。この曲に関してはベース・レスだったんだけど、最初、私のデモは。ギター・フレーズもベース・フレーズも指定なし。他のは結構指定がある、私。キタダさんに弾いてもらったのも、私がデモで弾いたベースを"これをもとに......"とか言ったから、だからちょっとヘンテコなベース(笑)。ちょっとギター・リフみたいなフレーズをキタダ氏は弾かされたりしてるわけ。

-でもキタダさんは結構メロディアスなベース弾きだし。

そう。それプラス、ちゃんとベーシストなのでいろいろやってもらえるし。けど、韻シストのふたりはもう......これ、なんにも言わない方がいいだろうと。何も言わないのを聴いてみたいと思って。そしたら全然、2回ぐらいでOKだった。でも、大体どの人も素晴らしいのは一発目。多くても3回ぐらいしかやんないんで。それよりやる人はスタジオ・ミュージシャンでやっていけないじゃん?

--「Secret Garden」ができてから"タイトル・トラックだな"と思ったんですか?

今回、アルバム・タイトル決めて、制作入ってないから。この曲は入れたいけど、その時点で曲のタイトル決まってないというのも多くて。「スーパーセンチメンタル」とか「せつなくてごめんね」とかはタイトル決まってたんだけど。「スーパーセンチメンタル」もものすごく好きで、テーマにも合ってるし可愛いし、カタカナ表記もすごく好きなんだけど。アナログのジャケットは"スーパーセンチメンタルちゃん"っていう雪男のキャラになったのね。その中で女の子がオルガン弾いて、切ないコードとかメロディで進むっていう設定で。