Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

空きっ腹に酒

2014年05月号掲載

空きっ腹に酒

メンバー:田中 幸輝 (Vo) いのまた (Dr) 西田 竜大 (Gt) 間宮 知晴 (Ba)

インタビュアー:奥村 小雪

-Track.2の「F・T・K」っていうのは何かの略なんですか?

西田:サビの"不快・辛い・臭い"からですね。THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの「G.W.D」的な(笑)。"がなる われる だれる"に習ってみようかなと。俺が提案したんですけど。

-意味が分かってすっきりしました(笑)。Track.3「はなうた」のサビを歌っているのは?

西田:私です。メロディが結構好きで、"メロディを際立たせたいな"とか"メロウにしたいな"って思うとコーラスをする習性があって(笑)。でも、メイン・ヴォーカルとしてサビを歌うのは今回が初のチャレンジです。"西田に歌わせてみよう企画"みたいな(笑)。

-アルバムの中で「はなうた」だけ、作詞が西田さんと幸輝さんお2人ですよね?

西田:そうですね。僕が空きっ腹に酒より前にやってたバンドがあって、そこで自分で唄ってデモ音源を作っていたんです。それを何となく久しぶりにやってみようと思ってできた曲が「はなうた」なんです。もともと全部1回自分で歌ってみた音源をメンバーに聴かせてみて、自分で作った歌詞を渡して。そこからラップの部分とかを幸輝が書き換えて、でもサビの歌詞は僕が書いた部分が残ってるみたいな。だから自分が歌ってるところは自分の歌詞になってますね。

幸輝:ラップはね、僕じゃないとダメですよ(笑)。

西田:そうっすね。最初のデモには一応俺のラップも入ってたんですけど、それをアルバムに入れるのは俺も反対ですわ(笑)。

-「はなうた」以外は幸輝さんが作詞をされてますが、曲は皆さんそれぞれが作ってらっしゃいますよね?

知晴:そうですね。今回のアルバムは特にそんな感じです。

-曲と歌詞はどちらを先に作るんですか?

幸輝:両方ありますね。歌詞だけ先に書いてメンバーの演奏に無理矢理合わせたりとか、曲ができてそれに合わせて歌詞を書いたりとか。

-お互いに楽曲を持ちよってみて、いかがでしたか?

西田:僕はずっと1人で作ってる感じやったから、メンバーが持ってくること自体が新鮮で、面白いなって思いますね。

-これまでは皆さんで作曲していたわけではなかったんですね。

知晴:そうですね。僕は今回のアルバムが初めてですね。

いのまた:アレンジとかはもともと全員でやってるんですけど、元を持っていくってことはあんまりなかったですね。

-そうなんですね。知晴さんは初めて作ってみてどうでしたか?

知晴:やっぱり自分の持っていったフレーズを、セッションとかでメンバーが形にしていくのが快感ですね(笑)。