Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

Negative Campaign

Negative Campaign

『Negative Campaign』

Release Date : 2019-01-09
Label : Paddy field
¥2,160

本格始動から約4年越しの初リリース作品となるセルフ・タイトル・アルバム。パワー・ポップやオルタナティヴ・ロックの洗礼を受けた、バンド名の如くネガティヴ野郎が長年にわたり書き溜めてきたという、ジレンマや妄想や愛がメロディとなって、時に熱く時に切なく響く。シンバルの残響がノイズのように響きギターと溶け合う「キスミー」、インディー・フリークっぷりが窺えるサウンドと、ドメスティックなポップスの影響を感じさせるサビでの転調から開ける景色のコントラストが楽しい「真夜中の決意」、BILLIE HOLIDAYへのオマージュをタイトルと歌詞に込めた「タバコと君とビリーホリデイ」、オルタナティヴ・ロックの生々しいカオスが炸裂する「環状線」など、サウンドのバリエーションも豊富で、実にエモーショナル且つ深みとコクのある極上の1枚だ。(TAISHI IWAMI)