Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

彼女 IN THE DISPLAY / LOCAL CONNECT

Skream! マガジン 2017年08月号掲載

2017.06.26 @下北沢LIVEHOLIC

岡本 貴之



共に5人組、それぞれ京都と福岡を拠点に活動する2組による初めてのツーマン・ライヴが実現した。最初に登場したのはLOCAL CONNECT。歪んだギターが会場に鳴り響き、幕が上がるとDaiki(Vo/Gt)による"俺たちが京都から来たLOCAL CONNECTだ!"という気合の入った第一声から、「フォルメイカー」でライヴが始まった。交互に歌うセンターのふたりによるツイン・ウ?ォーカルか?絶妙で、強烈なビートと相まってバンドの個性となっており、初めて観るお客さんにも伝わりやすい。"初っ端から気合入ってます! ついてこれるか? お前の声が必要だ!"とISATO(Vo)が叫んでから「Paradise Lost」へ。大きく手を伸ばしたり、マイクを客席に向けてみたりと身体全体でアピールしながら歌うISATO。モニターの上に立ち、フロアの後ろまで届くように見つめながら歌う姿は勇敢にすら感じられる。対照的に、MCでは関西弁で軽妙に笑わせるギャップも魅力的だ。Natsuki(Dr)はもともと彼女 IN THE DISPLAYのファンで、今回の共演にはスペシャルな気持ちを持っているのだという。その熱い思いが演奏に込められているのだろう、圧倒的な演奏による音の塊が観客を巻き込んでいき、「君の右手」では拳を突き上げて一体化。バスドラの連打からキャッチーなメロディが光る最新シングル曲「スターライト」へと進む。楽器隊が過度に主張することなく太い音の塊となり歌を支えている。そんな演奏が際立っていたのが「おやすみ」だ。ミディアム・テンポのロッカ・バラードで、まるであとのことなど考えていないかのような全力のシャウトで魅了した。

"自分たちの音楽、可能性をまだまだ広げていきたい"とISATO。割れそうなほどラウド、いや、もはや割れたビリビリ言うようなしゅうま(Ba)のベース・ラインから始まった「ツギノセカイヘ」から一気に後半へ。ポップなサビメロが心地よい「Power Song」を歌うと、"間違いなくひとつになってる!"とISATOは満面の笑み。やっと2組でライヴができた、との熱いMCから「コスモループ」へ。静かな立ち上がりから込み上げる旋律が美しい曲だ。ステージに向かって腕を伸ばす観客たち。感動的な光景はラストの「コトバ と ココロ」へと続き、まさにバンド名そのままに観客全員が繋がったライヴ。終了後は大きな拍手が沸き起こっていた。




暗幕の奥から、サウンド・チェックでバカでかいドラム、ギターの音が聞こえてきた。SEが轟音で流れるなか、幕が上がると"ここからの1時間、俺らに付き合ってもらえますか!?"とフロアを見渡しながらRYOSUKE(Vo)が呼び掛ける。海 THE KID(Dr)が凄まじい鋭さのドラミングで2ビートを叩くと、一気に会場の温度は上昇。「LET IT DIE -Hail 2 U-」でライヴが始まると、ファンたちはサビでRYOSUKEが向けるマイクに目がけて"ウォーウォー!"と全力で歌い返す。"下北ー! かかってこい!"と挑発するRYOSUKEだが、その表情ははち切れんばかりのスマイル。楽しくてたまらないという感じだ。"やっと念願のライヴができました!"とのMCがその気持ちを表していた。「The straight edge dance party」で再び爆音を奏でる超パワフルなリズム隊、疾走しながらも一糸乱れずに突き進むアンサンブル、その上をしなやかに軽やかに、泳ぐようにパフォーマンスしながら歌うRYOSUKE。その突き抜け方はもはや国籍も世代も超えたスケール感すら感じさせるものだ。グッとクールなファンク・ビートの「MAGI」から柔らかくポップなメロディの「COLOR」と、サウンドは激しくも様々な表情を見せる楽曲。そうした曲たちに爽やかなアクセントを与えているのは、逸見豪一(Key)による鍵盤の音だ。現在レコーディング中だという彼らは、その中から新曲を初披露。縦ノリの8ビートの曲で、サビの速射砲のようなビートに合わせて、RYOSUKEが"Let's Go!"と号令をかけると、決して広くないフロアにサークル・ピットができるほどの盛り上がり。シンセの音色が異空間に誘うダンス・チューン「Paradise Lost」へと続き、"音楽が好きな者同士、わかり合えると俺は信じてます!"とのMCからラストの「Crazy Diamond」でさらにフロアがもみくちゃに。"楽しかった!? それならよかった。また会いましょうー!"、しかしすかさずアンコールの声。爆音のフィードバックでその声に応えると、最後に歌われたのはイントロのシンセが気分を高揚させる「Unlimited」だった。緩やかなグルーヴによるダンサブルな曲ながら、己と向き合った心情を描いた熱いメッセージ・ソングに心を重ねるように会場が一体となって、1時間あまりのライヴは終了した。彼女 IN THE DISPLAY、LOCAL CONNECT共に"音楽を届けられることが嬉しくてしょうがない"といった気持ちがビシビシ伝わってくる、最高に熱い夜だった。


[Setlist]
■LOCAL CONNECT
1. フォルメイカー
2. Gold
3. Paradise Lost
4. 君の右手
5. スターライト
6. おやすみ
7. ツギノセカイヘ
8. Power Song
9. コスモループ
10. コトバ と ココロ

■彼女 IN THE DISPLAY
1. LET IT DIE -Hail 2 U-
2. Black Hawk Down act.3
3. The straight edge dance party
4. MAGI
5. COLOR
6. ECHOES
7. 新曲
8. Paradise Lost
9. Crazy Diamond
en. Unlimited