Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

神様、僕は気づいてしまった

2017年06月号掲載

神様、僕は気づいてしまった

神様、僕は気づいてしまった

Official Site

メンバー:どこのだれか(Vo/Gt) 東野へいと(Gt) 和泉りゅーしん(Ba) 蓮(Dr)

インタビュアー:秦 理絵

ドラマ"あなたのことはそれほど"の主題歌を手掛けるロック・バンドとして話題になっている"神様、僕は気づいてしまった"(通称:神僕)が、初のシングル『CQCQ』をリリースして本格始動。すでにYouTubeにアップされている楽曲も大きな反響を呼んでいるが、テクニカル且つハイブリッドなロック・サウンドに乗せて、絶望や自己嫌悪というネガティヴな感情をありのままに抉り出す歌詞が強烈な印象を残す。ヴォーカルは"どこのだれか"を名乗り、アーティスト写真もない。MVで天使のような被り物をしたメンバーが激しいパフォーマンスを見せることから4人組バンドであることがわかるが、それ以外はすべて謎だ。そんなコンセプチュアルな活動を見せる超大型新人に活動の意図を訊いた。

-まずは結成の経緯から教えてください。

だれか:もともと僕らは各々音楽をやっていますが、僕と東野がお互いの音楽を好きで、やりたいことが近かったんです。それで"何か一緒にやりたいね"っていう漠然とした話はしていました。"恵まれた環境にあぐらをかいてないだろうか?"、"何もないまっさらな状況に再度立ったときにも、自分の音楽は通用するだろうか?"。そういうことを考えていたときに、東野からバンドをやらないかって誘ってもらいました。

-やりたいことが近いと思ったのはどういう部分だったんですか?

だれか:明るいことを書いた音楽はたくさんあると思います。でも生きていると、苦しいこととかつらいことがたくさんあるじゃないですか。そういった日本人が特に蓋をしたがるようなものを、僕は書いていきたいと思うんです。

-現在公開されている楽曲はすべて作詞作曲が東野さんですけど、それを自分で書こうとは思わなかったんですか?

だれか:例えば彼以外の方の曲を自分が歌った場合、他人の言葉に乗っかっただけになってしまうこともあって、シンガーとして悩んでいたんですが、彼の詞は僕の言いたいことが書かれていて。"あ、こういうことを言いたかった"っていうことを、適確な言葉で表してくれる。本当に僕が歌いたい曲を作ってくれるんです。

-東野さんの書く曲だからこそ共感できるし、歌に徹することができる。

だれか:そうですね。完全に任せられますね。

-そこに和泉さんと蓮さんが加わってバンドになっていくわけですよね。

だれか:自分たちの音楽は、僕と東野だけで完結するものだったら意味がないんです。もともと僕らはひとりでも完結している人間たちだったので、それが集まったら掛け算にならないと意味がない。"そこに合うベースとドラムは誰だろう?"って考えて、すぐにふたりに声を掛けたっていう感じですね。

-ふたりは一緒にバンドをやろうって言われてどうでしたか?

和泉:それぞれの音楽性を知ってたので、このふたりが一緒にやったら絶対に合うなって思ってたんです。少しでも力を貸せるならやりたいなと思いましたね。

蓮:もともと僕は性格的に捻くれてるところがあって、学生時代からメインストリームには乗りたくないみたいな感じだったんです。そういうところに刺さる曲をへいとは作るんですよね。サウンドも大好きだったので、一緒にやりたいなと思いました。

-それはいつぐらいのことですか?

東野:僕たちが何かをやりたいねっていう話をしてたのは2年ぐらい前でした。ずっと何かをやりたいねって話だけをしてたから、やるやる詐欺ですよね(笑)。っていうときに、去年の11月にYouTubeにアップした「だから僕は不幸に縋っていました」を作ったんですよ。そこからいまに至るっていう感じですね。

-じゃあ、まだバンドとしては半年ぐらいの活動ということですね?

東野:動き出したのは、それぐらいだと思います。