Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

Have a Nice Day!、5/6ニュー・シングル「トンネルを抜けると」配信リリース。2回目となる"インターネットスカムパーク"も曽我部恵一ら迎え開催決定

2020.04.30 13:00

Have a Nice Day!、5/6ニュー・シングル「トンネルを抜けると」配信リリース。2回目となる"インターネットスカムパーク"も曽我部恵一ら迎え開催決定

Have a Nice Day!

Official Site

Have a Nice Day!(通称ハバナイ!)が、5月6日にニュー・シングル「トンネルを抜けると」を配信することが決定した。
 
同曲は、4月7日の緊急事態宣言発表を受けて制作を開始し、5月6日より1ヶ月間毎週リリース予定の第1弾シングルとなる。楽曲制作の様子はインスタライブで配信し、楽曲が更新されていくたびにSound Cloudにアップデート版を公開し続けた。緊急非常事態宣言が発令され、その期間に楽曲を制作し、5月6日という日本人の記憶に残る日に新曲「トンネルを抜けると」がリリースされることになった。2020年最初のリリースから非常に意味合いの強いエモーショナルな楽曲となった今作を要チェック。
 
また「トンネルを抜けると」のリリースに伴いリリース・パーティーとして2回目となる"インターネットスカムパーク"をオンラインにて5月8日24時より開催。
 
"zaiko"にて販売されるチケットを購入して参加しよう。
 
"インターネットスカムパーク"開催に寄せて浅見北斗(Vo)より以下のコメントが到着している。
 

春先の冷たい雨に打たれながら通りを歩き、人もまばらな地下鉄に乗り込む。マスクをしていない人間をほとんど見かけなくなった。誰もがスマホを片手に人との距離をとっている。ついにディストピアがその姿を現した。ずいぶんと陰湿なカタチでやってきたのだ、FUCK BABYLON。

長年ドラムを叩いてくれたチャンシマを送り出した2月27日のリキッドワンマンがもう何ヶ月も前に感じてしまうくらい状況の変貌が目まぐるしい。オレたちはいま感染リスクというフィジカルな危険以上に、メンタルな脅威に日々晒されていることは間違いないね。この禍いは人々の社会正義や倫理観を巻き込みながら回避できない方法でわれわれの断絶を促しているようだ。

世界はその意味を大きく変えてしまった。だが日常は歩みを止めてくれることもなくハードかつ淡々と過ぎてゆく。だからこそオレたちはパーティーを止めるわけにはいかない。皆それぞれが異なる状況でこの瞬間を迎えているが、共通している気持ちはそれぞれがいまやるべきことをやるってことだろう。オレがハバナイを続けてるのはそういうことにあるだろうしね。

本来ライブハウスでやるはずだった4/11(土)のスカムパークを初めてインターネットに場所を移して開催した。5/8(金)はその続きってことだね。

メンツはCOM.Aくん、曽我部さん、ケイトくんにわれわれHave a Nice Day!。せっかく場所をライブフロアからインターネットに移したのだからその自由を謳歌してみようかなあと思って、いまどんな風に過ごしているのかを知りたい相手に電話して誘った感じだね。フィジカルはないけど、インターネットのフラットなフィールドはそもそものスカムパークの理想により近い。

今回は5/6(水)に新曲「トンネルを抜けると」を配信リリースすることになったので、そいつのレコ発も兼ねてる。インターネットでオレたちのニューシットの誕生を祝ってくれ。
 
―― Have a Nice Day! 浅見北斗(Vo)

 

▼リリース情報
Have a Nice Day!
ニュー・シングル
「トンネルを抜けると」
havanai_jaket_tonnel.jpg
2020.5.6 ON SALE
 


▼イベント情報
"Have a Nice Day! presents インターネットスカムパーク"
5月8日(金)
OPEN 24:00 / START 24:30
出演者:Have a Nice Day! / 曽我部恵一 / COM.A / KΣITO
[チケット]
¥1,000
https://habanai.zaiko.io/_item/325864

関連アーティスト

Have a Nice Day!, 曽我部恵一