Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Overseas

JONSI

2010.08.08 @千葉マリンスタジアム&幕張メッセ

Reported by 道明 利友

固唾を呑んで見守る―。そんな表現がまさにふさわしい、静寂に包まれたサマソニのステージを体験したのは、個人的には初めてだった。その素晴らしき静寂を生み出した主は、アイスランドの至宝・SIGUR ROSのフロントマンJONSIだ。  ギター、ベース、鍵盤、そして弦を使ったインストゥルメンタルサウンドと、JONSIのささやくような歌声。ライヴの幕開けは、初のソロアルバム『GO』のエンディングを飾った『Hengilas』だ。5人が紡ぐ荘厳なハーモニーに包まれながら、メンバーの背の巨大なスクリーンが炎に包まれ、その炎が蝶に変わり、空に舞い上がる……。サウンドとヴィジュアルがお互いの世界観を引き立て合いながら、ライヴは独特なムードを演出していく。JONSIが息を吸う音も生々しく伝わってくるほどの静けさから、ファルセット・ヴォイスが儚く、かつ雄大に空間を埋め尽くしたのは『Icicle Sleeves』。かと思えば、JONSIがオルガンにスイッチ、稲光のような激しい光とともに音色が変幻! スクリーンを彩る、空へ羽ばたく鳥、野を駆ける動物たちとともに、『Kolnidur』の激しく歪んだ音色が大迫力で迫る。その後も、鍵盤、鉄琴、弦楽の重奏など、メンバーが楽器を頻繁にスイッチさせて色とりどりの音色を奏でていく。

Sigur Rósと違った世界感で、ハッピーでカラフルで解放的なアレンジ―。初のソロアルバムをそう語った以前のSkream! のインタビューのとおり、JONSIがこの日描いたのは、スタイルの枠を取り払ったより解放的な世界観。SONIC STAGEを厳かに染める音色が多かった序盤から、『Go Do』はアッパーに一転! 力強いリズム、ループする鍵盤に手拍子が重なり、フロアが揺れた、JONSIならではのあまりにも美しいダンスチューンだ。かと思えば、光が再び沈み、JONSIの歌声が賛美歌のごとくの厳かさで響く。スクリーンでは、葉が風に舞い、ほのかに色づき、雨に変わる。そして、瞬く光とともに音色が大きく広がり、その中でJONSIは拳を掲げる。『Grow Till Tall』で、力強く、これ以上ないほどのドラマティックさに締めくくったステージを、万雷の歓声が包み込む。
技術が進化し、ジャンルが細分化した今の時代は、新たな手法はもうこれ以上出てこないなどとも言われがちだが……。世界にはまだこんなに自由で、解放的で、感動できる音楽が存在する。素晴らしいものを見せてくれたJONSIに、心から感謝したい。

  • 1