Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ゑんら

2019年05月号掲載

ゑんら

メンバー:木乃伊 みさと 滝口 ひかり 滝口 きらら

インタビュアー:宮﨑 大樹

元dropの木乃伊みさと(三嵜みさと)と滝口ひかり、そして滝口ひかりの妹であり元KAGUYAの滝口きららによって結成され"煙のように変幻自在、枠にとらわれない"をコンセプトに完全セルフ・プロデュースで活動する3人組ユニット、ゑんら。彼女たちが初の全国流通シングル『妖怪ディスコ』をリリースする。重要なのは、成功すれば単独ツアー開催、失敗したら解散という"売上枚数1万枚チャレンジ"が本作で発表されているということ。本誌初登場となる彼女たちに、リスクと覚悟が伴う本作と、そのチャレンジに向けた想いについて訊いた。

-Skream!初登場となりますので、まずはゑんらについてご紹介お願いします。

みさと:ゑんらは、楽曲、衣装、コンセプトから運営まで行っている完全セルフ・プロデュース・ユニットです。"ゑんら"という名前は、煙々羅という煙の妖怪から取っていて、煙の妖怪のようにいろんな形になれる、変幻自在に、枠にとらわれないことをコンセプトに活動しています。

-"煙のように変幻自在、枠にとらわれない"というコンセプトに至った経緯はなんですか?

みさと:いろんなことをやりたかったというのが一番なんです。ライヴ活動ももちろんですけど、これまでも主催で舞台をやったりとか、2次元になりたいって言ってパチンコのキャラクターになったりとかしていて。

-音楽性にもそういうコンセプトを感じますよね。軸としての"和"はあって、でもそこにとらわれないというか。

ひかり:そのとおりですね。いろんなジャンルの曲がありますし。

みさと:和テイストな曲は多いんですけど、曲の違いはそれぞれありますよね。そういう面では、いろんな私たちを見せられるんじゃないかなと思っています。

-ゑんらの結成前にはみなさん別のアイドル・グループで活動していましたが、そこからセルフ・プロデュースのグループを始動した経緯はなんだったんでしょう?

みさと:私が楽曲制作とかに興味を持ちだしたっていうのが一番です。自分たちで決めた、作りたいものを作りたいなというのがきっかけでした。

-ということは、みさとさんが発起人ですか。

みさと:ふんわりと"やってみたいなぁ"と思っていたのを、ひかりちゃんに話していたので......そうなるのかな。

ひかり:私は、誰かから言われたことをやりたいタイプではなく"自分がやりたいことは自分でやりたい"っていう性格なんです。その部分でみさとと考えが合ったのか"自分たちで自分たちのことをやろう"ってなって。きららも前のグループのKAGUYAをやめたあとだったんですけど、歌が上手だったので誘って3人で活動を始めました。

-きららさん自身はセルフ・プロデュースで始めることに関してどう思っていました?

きらら:私は"絶対にセルフ・プロデュースでやりたい"っていう感じではなかったんです。だけど、セルフ・プロデュースだと自分のやりたいことが叶えやすいので、3人で頑張ってみようかなと思いました。

-それぞれ"こういうことがやりたい"という具体的なものはあったんですか?

ひかり:ゑんらを結成すると決まってからのみんなの意欲はすごかったですね。デビューのときにいきなりツアー("ゑんら怪奇談")を発表して地方に行ったりとか、みさとは4曲くらい作詞してくれたりとか、MVも3~4ヶ月で2本作ったりして。

みさと:あのときは怒濤でしたね。

-実際、セルフ・プロデュースで1年やってみて、手応えはどうですか?

みさと:満足しているというよりは、常に試行錯誤している感じですね。良かった部分は良かった部分で残しながら、改善点は考えていかないといけないんですけど、最近は自分たちのことだけを考えるというよりも、聴いてくれる人の気持ちになって曲を作っていこうと思っています。例えばそれぞれで作詞をするみたいに、メンバーみんなで曲を作っていった方がファンの人も応援したいと思ってくれるのかなと。

-今回リリースする初の全国流通シングル『妖怪ディスコ』には、まさにそういう意志が反映されているような感じがしますよね。3月2日に行われたワンマン・ライヴ"ゑんら1周年記念単独ライブ-縁-"では、このシングルの"売上枚数1万枚チャレンジ"が発表されました。成功すれば単独ツアー開催、失敗したら解散ということで、何もそこまでしなくてもって思っている人もいると思うんですよ。かなり強い覚悟を持っての挑戦になりますが、なぜこのチャレンジをしようと思ったんですか?

ひかり:この活動を30歳手前までダラダラやるつもりはなくて、"Zeppワンマン"という最終的な目標を見て、"ここまでに何をしたい"っていうのを逆算しているんです。そのひとつとして、アニメのタイアップとかを取りたいってなると、今この課題をクリアできないんだったら、私たちはこの先、別の道を歩むしかないんだろうなと。じゃあ、この"売上枚数1万枚チャレンジ"に向けて頑張ろうって話し合って決めました。

-ちなみに全会一致でした?

みさと:全国流通にあたって"何かはしないといけない"という話にはなっていて......結構話したよね?

ひかり:みんなが納得するまでに時間はかかりましたね。

きらら:1万枚いかなかったら解散っていうのがパワー・ワードっていうか、ファンの人を不安にさせちゃうのかなって考えて......。

みさと:"やっぱりやめようか"とか話していたんですけど、結局これを言わなくても解散しちゃうグループは解散しちゃうというか。私たちは自分たち自身で目標を決めるんですけど、事務所から言われるのと私たち自身が言うのってだいぶ違うと思うんですよ。言ったからには"やるしかない"って今は思っています。

-たしかに"〇〇できなかったら解散"とかっていうチャレンジ企画はときどきありますけど、セルフ・プロデュースでそれをやるっていうのは、また違う印象ですね。

みさと:"お金儲けのためだろ"って言う人もいるんですけど、"いや、儲からないから"みたいな話でもあって(笑)。いろんな捉え方をされるので面白いなと思いますね。

きらら:3月2日の発表後にエゴサしてみたんですよ。そうしたら"そういう商法嫌いだ"とか書いている人もいて。だけど、見てくれている人もわりと多いんだなっていうのが正直な感想でした。知らない人とかもそういうことを言っていたので、ゑんらという名前は知られたのかなと。

-知ってもらえるきっかけのひとつになったと。

きらら:それで1回でもライヴやイベントに来てもらえれば、勝ちじゃないですけど、いいことなのかなと思います。"1万枚売れなかったら解散しちゃうの?"って、1枚でもCDを予約してくれる人もいますし、そういう方が増えていってくれたら嬉しいですね。